裸祭り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
裸踊りから転送)
移動先: 案内検索
西大寺会陽

裸祭り(はだかまつり)とは、参加者が褌姿など裸体に近い姿で参加する祭りである。

概要[編集]

裸祭りとは祭りの参加者(氏子)が、生誕した時と同じ裸体となることで清浄無垢の姿で神との交渉を行う神聖な祭事とされている[1]。裸祭りは、としてを落として新たに生まれ変わる神事と、闘争を伴い、その年の五穀豊穣豊作祈願・大漁祈願を占う神事の二つに大別されている[1][2][3]

裸祭りは正月の修正会(しゅじょうえ)の最後[4]か、川祭、夏越し祭りの折に開催されることが多い。正月の裸祭りは物忌を終えた氏子が新しい生命を得て復活した姿を示すものであり、夏の裸祭りは穢を払う禊を起源を持つと言われる[3]

裸祭りは全国的に行われており、正月の裸祭りでは岩手県奥州市水沢区の黒石寺蘇民祭愛知県稲沢市尾張大国霊神社(通称:国府宮神社)の儺追(なおい)神事、岡山市西大寺会陽(えよう)、福岡市東区の筥崎宮の玉せせりなどがあり、夏の裸祭りでは東京都品川区荏原神社天王祭り、京都市賀茂神社の夏越し祭りなどが著名である[3]常陸大宮市祇園祭は毎年2日間開催され、1日目は男児が子供神輿を、2日目は成人男性が大人神輿を担いでいる。

歴史[編集]

毘沙門堂裸押合い祭(新潟県南魚沼市)[編集]

本尊の農業の神・毘沙門天が開帳される初詣の正月3日に、周辺の農民が多数訪れ、早く参拝しようと押し合う中で次第に裸となり、裸押合いが始まったとされる[5][6]。1841(天保12)年発売の『北越雪譜』(鈴木牧之著)でも、当時の参拝者が裸で押し合う様子が描写されている[5][7][8]

西大寺会陽(岡山県岡山市)[編集]

寺伝によれば、室町時代の永正年間に忠阿上人が参拝者に守護札を授与していたが、希望者が増えたため、1510(永正7)年に参拝する群衆の頭上に牛玉(紙製の守護札)を投げ与えた所、奪い合いになったのが会陽の始まりとされる[9][10]。札を奪い合う群衆は当初は着衣だったが、動きやすくなるために次第に裸になっていったと推測されている[9][10]。1661(寛文元)年の年紀を持つ縁起本に会陽初期の様子を表した絵図があり、裸と着衣の人間が入り交じって描かれている[4][11]

全国の裸祭り[編集]

北海道地方[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「裸祭り」、『世界大百科事典』(平凡社)、22巻、pp.553-554。
  2. ^ 「裸」、『世界大百科事典』(平凡社)、22巻、pp.552-553。
  3. ^ a b c 「裸祭り」『ブリタニカ国際大百科事典』。
  4. ^ a b 岡山県教育庁文化財課(編)、2007、「会陽の歴史」、『岡山県の会陽の習俗』、岡山県教育委員会 p. 16
  5. ^ a b c 裸押合い大祭”. 裸押合い祭り実行委員会. 2015年7月29日閲覧。
  6. ^ a b 裸押合大祭”. 大和観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  7. ^ 鈴木昭英「浦佐毘沙門堂裸押合いの昔と今 ―祭式儀礼を中心として―」、『宗教民族研究』第20号、日本宗教民俗学会、2010年、 47-48頁。
  8. ^ 本田郁子「地域社会における伝承的身体表現に関する研究 ―新潟県南魚沼郡浦佐裸押合い祭りを事例として―」、『山口大学教育学部研究論叢 ―芸術・体育・教育・心理―』第34巻第3号、山口大学、1985年、 159頁。
  9. ^ a b 岡山県教育庁文化財課(編)、2007、「西大寺会陽」、『岡山県の会陽の習俗』、岡山県教育委員会 p. 63
  10. ^ a b c 会陽 裸祭り”. 高野山真言宗別格本山 西大寺. 2015年7月29日閲覧。
  11. ^ 岡山県教育庁文化財課(編)、2007、「巻頭図版」、『岡山県の会陽の習俗』、岡山県教育委員会 p. 1
  12. ^ 寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル”. 木古内町. 2015年7月29日閲覧。
  13. ^ 寒中みそぎ祭り”. 木古内町観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  14. ^ かもめ島祭り”. 江差町. 2015年7月29日閲覧。
  15. ^ 星の降る里・芦別健夏まつり”. 芦別市商工観光課観光振興係. 2015年7月29日閲覧。
  16. ^ あかびら火まつり”. 赤平観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  17. ^ 四季のイベント情報”. 藤崎町. 2015年7月29日閲覧。
  18. ^ 七日堂裸詣り”. 柳津町. 2015年7月29日閲覧。
  19. ^ 七日堂裸詣り”. 柳津観光協会観光案内所. 2015年7月29日閲覧。
  20. ^ 二井山裸参り”. 横手市観光連盟. 2015年7月29日閲覧。
  21. ^ 裸参り”. 盛岡観光コンベンション協会. 2015年7月29日閲覧。
  22. ^ 祭事 松焚祭”. 大崎八幡宮. 2015年7月29日閲覧。
  23. ^ こごたどんと祭”. 美里町. 2015年7月29日閲覧。
  24. ^ 歳時記・イベントカレンダー”. 会津坂下町. 2015年7月29日閲覧。
  25. ^ 東北の奇祭 やや祭り”. 庄内町観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  26. ^ 裸参り”. 新山神社裸まいり. 2015年7月29日閲覧。
  27. ^ 奥州市観光サブサイト 黒石寺蘇民祭”. 奥州市. 2015年7月29日閲覧。
  28. ^ 第50回春を呼ぶ裸たるみこし”. 栗原市観光物産協会. 2015年7月29日閲覧。
  29. ^ 湯之沢裸まつり(長松垢離とり)参加者募集中!”. 西和賀町. 2015年7月29日閲覧。
  30. ^ 小高の裸参り”. 匝瑳市. 2015年7月29日閲覧。
  31. ^ 川原湯温泉湯かけ祭り”. 群馬県教育文化事業団. 2015年7月29日閲覧。
  32. ^ 和良比はだか祭り”. 四街道市. 2015年7月29日閲覧。
  33. ^ 内黒田はだか参り”. 四街道市. 2015年7月29日閲覧。
  34. ^ 江の島を彩る夏の風物詩「江の島天王祭」が今年も開催!”. 湘南新聞販売. 2015年7月29日閲覧。
  35. ^ 大和田氷川神社夏まつり”. 新座市. 2015年7月29日閲覧。
  36. ^ 甘酒祭”. 秩父市. 2015年7月29日閲覧。
  37. ^ 夏祭り(祇園祭)”. 日本観光振興協会. 2015年7月29日閲覧。
  38. ^ 上総十二社祭り”. 一宮町. 2015年7月29日閲覧。
  39. ^ 大原はだか祭り”. いすみ市. 2015年7月29日閲覧。
  40. ^ 有氏神社の盤台祭り”. 神川町. 2015年7月29日閲覧。
  41. ^ 美浜町”. 愛知県. 2015年7月29日閲覧。
  42. ^ 由比のお太鼓祭”. 静岡市. 2015年7月29日閲覧。
  43. ^ ドウ押し”. 佐渡市世界遺産推進課. 2015年7月29日閲覧。
  44. ^ はだか祭”. 尾張大國霊神社 国府宮. 2015年7月29日閲覧。
  45. ^ 藤崎観音堂「裸胴上げ」まつり”. 糸魚川市. 2015年7月29日閲覧。
  46. ^ 波の花・曽々木寒中みそぎフェスティバル”. 輪島市観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  47. ^ 大寒みそぎ”. 和田八幡宮. 2015年7月29日閲覧。
  48. ^ ヤーヤ祭り”. 尾鷲市水産商工食のまち課. 2015年7月29日閲覧。
  49. ^ 伝統の奇祭「おわせヤーヤ祭り」”. 東紀州ITコミュニティ. 2015年7月29日閲覧。
  50. ^ 宝光院はだか祭”. 大垣観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  51. ^ 裸押合大祭”. 長岡市. 2015年7月29日閲覧。
  52. ^ 天下祭”. 松平観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  53. ^ 天下祭”. 愛知県観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  54. ^ 赤谷どんつきまつり”. 新発田市観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  55. ^ 酒とり祭り”. 富山県観光連盟. 2015年7月29日閲覧。
  56. ^ 島立堀米の裸祭り”. 松本市教育委員会. 2015年7月29日閲覧。
  57. ^ 見付天神裸祭”. 見付天神. 2015年7月29日閲覧。
  58. ^ 池ノ上みそぎ祭”. 岐阜市. 2015年7月29日閲覧。
  59. ^ どやどや”. 天王寺区. 2015年7月29日閲覧。
  60. ^ 法界寺裸踊り”. 京都市産業観光局観光MICE推進室. 2015年7月29日閲覧。
  61. ^ おすすめ最新情報”. 東近江市観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  62. ^ “水しぶき上げ斎串を奪い合う 下鴨神社で夏越神事”. 京都新聞. (2014年8月6日). http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140806000129 2015年7月29日閲覧。 
  63. ^ 灘のけんか祭り”. 姫路市. 2015年7月29日閲覧。
  64. ^ 鞍馬の火祭”. 京都新聞. 2015年7月29日閲覧。
  65. ^ 松林寺 子ども会陽”. 岡山市. 2015年7月29日閲覧。
  66. ^ “子供ら「宝木」奪い合う 岡山・松林寺で250人はだかまつり”. 産経ニュース. (2015年5月2日). http://www.sankei.com/region/news/150202/rgn1502020052-n1.html 2015年7月29日閲覧。 
  67. ^ 金山寺会陽”. 岡山市. 2015年7月29日閲覧。
  68. ^ 安養寺会陽”. 美作市経済部商工観光課. 2015年7月29日閲覧。
  69. ^ 岩倉寺会陽”. あわくらグリーンリゾート/西粟倉村観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  70. ^ 久井稲生神社 御福開祭・はだか祭り”. 三原観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  71. ^ 沖田神社 道通宮子供会陽のご案内”. 沖田神社. 2015年7月29日閲覧。
  72. ^ 大原秋まつり”. 美作市経済部商工観光課. 2015年7月29日閲覧。
  73. ^ 防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)”. 防府市おもてなし観光課. 2015年7月29日閲覧。
  74. ^ 総本山善通寺大会陽”. 総本山善通寺大会陽委員会. 2015年7月29日閲覧。
  75. ^ a b 年間イベント”. 太良町観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  76. ^ 玉取祭(玉せせり)”. 福岡県観光連盟. 2015年7月29日閲覧。
  77. ^ 大善寺玉垂宮の鬼夜”. 久留米観光コンベンション国際交流協会. 2015年7月29日閲覧。
  78. ^ 脇之浦はだか祭り”. 北九州市. 2015年7月29日閲覧。
  79. ^ 竹崎円座祭”. 太良町観光協会. 2015年7月29日閲覧。
  80. ^ 青島裸まいり”. 宮崎県商工観光労働部 観光交流推進局 観光推進課. 2015年7月29日閲覧。
  81. ^ 下崎山町のヘトマト”. 五島市ナビ. 2015年7月29日閲覧。
  82. ^ ヘトマト祭りの紹介”. 五島市教育委員会. 2015年7月29日閲覧。
  83. ^ 特集 破魔弓祭(的ばかい) ~無病息災を願って~”. 長洲町. 2015年7月29日閲覧。
  84. ^ 上津深江八坂神社裸まつり”. 苓北町. 2015年7月29日閲覧。
  85. ^ 川渡祭”. 高良大社. 2015年7月29日閲覧。
  86. ^ 博多祇園山笠”. 博多祇園山笠振興会. 2015年7月29日閲覧。
  87. ^ 南薩摩の十五夜行事・知覧の十五夜ソラヨイ”. 南九州市. 2015年7月29日閲覧。
  88. ^ 炎と魂の饗宴― 若宮八幡秋季大祭・裸祭り”. 豊後高田市. 2015年7月29日閲覧。
  89. ^ さいすくい”. 中津市. 2015年7月29日閲覧。