紀元前14世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紀元前1400年から転送)
Jump to navigation Jump to search
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 前15世紀 - 紀元前14世紀 - 前13世紀

紀元前14世紀(きげんぜんじゅうよんせいき)は、西暦による紀元前1400年から紀元前1301年までの100年間を指す世紀

メムノンの巨像。エジプトはルクソールのナイル川左岸に建造された高さ18メートルのアメンホテプ3世の巨像。ローマ時代にはトロイア戦争の英雄メムノンに比定され、巨像が何らかの物理現象で声を出していたことが、ストラボンパウサニアスによって記録されている。
アマルナ芸術エジプト第18王朝の王アメンホテプ4世アトン神信仰による宗教改革を断行した。都もテーベからテル・エル・アマルナに遷され、この地でエジプトにあっては例外的な写実的な芸術が花開いた。画像は王妃ネフェルティティの胸像ベルリン新美術館(ノイエス・ムゼウム))蔵。
ツタンカーメン王墓。アマルナからテーベに還都した少年王ツタンカーメンはその短い治世も相俟って長らく忘れられた存在であった。しかしイギリス人考古学者カーターによって1922年に発見されたほとんど盗掘されていない王墓と埋葬品の数々は驚きをもって迎え入れられた。画像はツタンカーメン王の黄金のマスク(カイロエジプト考古学博物館蔵)。

出来事[編集]

紀元前1400年代[編集]

紀元前1390年代[編集]

  • 紀元前1390年頃 - カッシート王クリガルズ1世が「ドゥル・クリガルズのジッグラト」を建設。

紀元前1380年代[編集]

紀元前1370年代[編集]

  • 紀元前1373年3月27日 - 甲骨文から殷の盤庚の治世中の支配地域において、月食があった事が確認されている。

紀元前1350年代[編集]

  • 紀元前1350年頃

紀元前1340年代[編集]

紀元前1330年代[編集]

紀元前1320年代[編集]

  • 紀元前1325年頃 - ツタンカーメン死去。残された王妃アンケセナーメンと結婚した王族のアイが即位。
    • ツタンカーメンは王家の谷の陵墓に埋葬される。その陵墓は1922年のハワード・カーター発掘までほとんど盗掘をされていなかった。
    • アンケセナーメンは結婚が確定する前にその相手としてヒッタイト王子ザンナンザの派遣を依頼するが、その途上でザンナンザは暗殺される。
  • 紀元前1320年頃 - エジプトからの疫病によりヒッタイト王シュッピルリウマ1世が死去。

紀元前1310年代[編集]

  • 紀元前1319年頃 - エジプト王アイ死去。将軍ホルエムヘブが王女ムトノメジットを娶って王となり、アマルナ時代の諸王の事績を抹消する。
  • 紀元前1312年頃 - ヒッタイト王ムルシリ2世の治世9年頃の日食が記録されている。
  • 紀元前1310年頃 - エジプト「死者の書」の代表作『フネフェルのパピルス』が作られる。

紀元前1300年代[編集]

  • 紀元前1300年代後半 - ブルガリアの「ヴァルチトランの遺宝」が埋蔵される( - 紀元前1200年代前半)。

発明と発見[編集]

人物[編集]

フィクションのできごと[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]