「パームボール」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
日本においては[[1948年]]に[[近藤貞雄]]が右手中指の神経の損傷をきっかけに、曲がった中指をいかしたパームで再起を果たした<ref>[http://number.bunshun.jp/articles/-/10934 人生“九転び十起き”。近藤貞雄、逝く。] NumberWeb 2006年1月26日</ref>。また、[[小山正明]]はアメリカの雑誌を参考にパームを習得しテスト生から300勝投手になった<ref>[http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_july2/KFullNormal20080629223.html 【7月3日】1971年(昭46) 丈夫で長持ち テスト生投手、パームボールで300勝達成] Sponichi Annex</ref>。小山は後に[[石井丈裕]]にパームを伝授している。
 
現代のMLBでは[[トレバー・ホフマン]]が決め球としていたほか、キャリア初期において[[ロイ・ハラデイ]]も投げていた。NPBでは[[帆足和幸]]や[[浅尾拓也]]、[[近藤大亮]]<ref>[http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20110126-729057.html 中日浅尾 魔球解禁でホールド王死守] nikkansports.com 2011年1月26日</ref>らが投げる。特に帆足が[[サイドスロー]]気味の[[スリー・クォーター]]から投げるパームは、スライダーと間違われるほど横方向にも変化するため、帆足の投げるパームボールは'''スライドパーム'''と呼ばれている{{要出典|date=2016年6月}}。
 
== 脚注 ==

案内メニュー