日本の両生類一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の両生類一覧(にほんのりょうせいるいいちらん)とは、日本に生息する両生類の一覧である。あわせて、日本の両生類相についても解説するが、その特徴として、多様な固有種が生息する事に加えて、本州から四国九州にかけて著しい分化が見られるサンショウウオ類や南西諸島で特に分化しているカエル類、遺存種であるオオサンショウウオイボイモリの存在があげられる。

日本の両生類相の概観[編集]

日本の両生類相[編集]

日本爬虫両棲類学会の『日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)』及び国立研究開発法人国立環境研究所侵入生物データベース』 に基づいた下記の一覧を見ると、日本に生息する両生類は、定着したと判断される外来種を含み、210247681亜種である。内訳は、在来種が2目9科20属71種76亜種、外来種が2目5科5属5種である。また、在来種のうち、日本の固有種は61種66亜種であり、固有種の割合は約86%にもなる。『日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)』より前の2014年9月に発刊された『レッドデータブック2014』(環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、2014、iii頁)でも両生類の約8割が日本固有種であるとしている。

目の単位では、有尾目(サンショウウオ目)が32種(外来種除く)、無尾目(カエル目)が38種(外来種除く)であるのに対し、世界における現生の両生類は、有尾目が約436種[1]、無尾目が約4383種[2] である。後述するように、2014年現在においても新種が記載がされていることから単純には比較できないものの、世界に対する日本に分布する在来両生類の割合は、前者が約7.3%、後者が0.87%となり、世界総陸地面積に対する日本の国土面積との割合0.25%[3] よりも、ともに大きい値である。それを示唆するものとして、新種記載が進んでいない1980年代において、千石(1982)は、『(サンショウウオ類の)発生の地と考えられるユーラシア大陸の東部でも、その広大な地域を合わせてすら種類数が日本におよばない。』[4] と説明している。

両生類は、一般的に、移動性が低く、変温動物で、成体は皮膚が乾燥に弱いため水系から離れることが困難であり、産卵幼生オタマジャクシ)の生息が水系に依存するという特徴を持つ[5][6]。これらの基本的な特徴を踏まえて、日本における多様な両生類相を概観する。

有尾目の中で、サンショウウオ科地理的分化が著しく[7][8][9]、ほとんどの種の分布域は非常に狭い[10][11]。これは、サンショウウオ類の移動能力の低さに加え、日本では山地が発達し、それに伴い、両生類の繁殖環境で、かつ幼生の生息環境となる水系が分断されることをあげている[4]。現に、サンショウウオ科28種のうちキタサンショウウオを除く27種が固有種である。また、2012年から2014年にかけて、多くの隠蔽種が新記載されており、特にもともとハコネサンショウウオ1種であると考えられていたハコネサンショウウオ属が6種に細分されている[12]。また、千石(1982)や上野(2000)は、琉球列島奄美大島以南にサンショウウオ科が確認されていないことや、本州太平洋側よりも日本海側で分化が著しいことなどから、サンショウウオ科の多くは、朝鮮半島経由で西日本に侵入した祖先種に由来するのではないかと考察している[4][7]。また、最大の両生類であり、国の特別天然記念物オオサンショウウオ[13][14][15] や、両生類の中では珍しく、陸上に産卵するという特徴をもったイボイモリ[16][17][18] などの遺存種が、本州中部や琉球諸島に生息することも日本の両生類相の特徴として挙げられる。

カエル類(無尾目)では、北海道から本州四国九州にかけて生息するものは、分布域が広く[19]、アカガエル類等の北方起源のものが多いとされている[7]。個々の種を見てみると、本州から四国九州に生息するものはアマガエルのように広く分布する種もいれば、ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルのように亜種で日本の東西に分かれる分布を示すものもいる[11]。また、カエルの代表格であるトノサマガエルに注目すると、近縁なダルマガエルの2亜種のうち関東地方に分布する亜種トウキョウダルマガエルとは異所的な分布を示すのに対し、瀬戸内地方に分布する亜種ナゴヤダルマガエルとは同所的に分布するという亜種間で異なった様相をみせる[20][21]タゴガエルは、本州に広く分布する亜種タゴガエルと、隠岐諸島固有のヤエヤマハラブチガエル、屋久島固有のヤクシマタゴガエルの3亜種に、島嶼間で区別される[8][22]。このように種によって独特な分布パターンを示す。一方で琉球列島においては、渡瀬線より南のトカラ列島以南著しく分化しており、さらに、中琉球トカラ海峡ケラマ海峡に挟まれた琉球列島中部。奄美諸島沖縄諸島等が含まれる。)にしか分布しておらず、琉球列島南端の八重山諸島においても近縁なものが確認されていない種が多いことが特徴的である[7][23]。他にも興味深い分布をする種としては、中国に広く分布するアジアヒキガエルが最も近縁な群と考えられている宮古諸島固有亜種のミヤコヒキガエル[24] や、奄美大島徳之島沖縄島石垣島及び西表島に分布し、隔離された島嶼間における種分化異所的種分化)の結果であると考えられているハナサキガエル類[25]ヤエヤマハラブチガエル[26]アイフィンガーガエル[27] などの八重山諸島と台湾に分布する種などがあげられる。海水を苦手とする両生類が移動・分散するためには、大陸との陸橋の形成が不可欠であり、琉球列島の成り立ちを検討する上では欠かせない。その一例として、太田・高橋(2006)は、九州、琉球列島の島嶼群及び台湾、大陸に分布する両生類相の類似度を野村・シンプソン指数で求めているが、琉球諸島はまず「宮古諸島・八重山諸島グループ」と「奄美諸島・沖縄諸島グループ」にグルーピング化され、「宮古諸島・八重山諸島グループ」は「台湾」に類似し、ついで「宮古諸島・八重山諸島・台湾のグループ」と「大陸」が近似、さらに「宮古諸島・八重山諸島・台湾・大陸のグループ」と「奄美諸島・沖縄諸島」が近似し、最後に「奄美諸島から大陸のグループ」が「九州」と類似するという結果となった[28]爬虫類でも概ね同様な結果を得ており、この類似度が単純に地域間の歴史的関係を反映しているとの前提であれば、「九州」と「奄美諸島から大陸のグループ」の間が先に分断され、ついで上記と逆の順に、陸橋が分断されていった事を示唆している[28]

両生類と日本人との関わり[編集]

2015年6月現在で、オオサンショウウオ及びモリアオガエルカジカガエルの3種の両生類が、種又はその生息地・繁殖地を対象に、国の特別天然記念物又は天然記念物に指定されている[29]。カジカガエルについては『玲瓏たる声音を発す(玲瓏タル聲音ヲ發ス)』と解説されており、千石(1995)は、『古来、日本人はカジカガエルの声を愛で』ていたことを紹介し、『カエルの声を楽しむという風流心は、(中略)日本人が世界に誇ってもよい』と指摘しており[30]日本人が両生類を文化の一部として捉えていることを示唆するものである。この蛙は季語[31] で、松尾芭蕉古池や蛙飛びこむ水の音と詠んだことは有名であり、また、井伏鱒二オオサンショウウオを題材に、小説山椒魚を著した。オオサンショウウオはかつては食用とされており、近縁のチュウゴクオオサンショウウオも食用のために持ち込まれたとされている[32]。また、ウシガエルも食用のために日本に導入された[33]

両生類は身近な生き物であり、両生類一般は環境教育などにおける野外観察の対象に、また種によってはペット学校での飼育の対象になり、観察時期や場所、見分け方等の一般向けの野外観察図鑑や器具・餌などの飼育方法を指南する図書が出版されている[34]。特にカエル類の学校飼育について、昭和初期には既に卵を採取し、幼生への変態の観察をすることが理科の教科書に位置づけられている[35]

日本産両生類への脅威と保護対策[編集]

2012年8月に公表された第4次環境省レッドリストでは、66種(亜種を含む。以下同じ。)の評価対象種のうち、22種が絶滅のおそれのある種(絶滅危惧IA類、IB類、II類の合計)、20種が準絶滅危惧種、1種が情報不足と評価している[36][37]。第3次レッドリストでは、評価対象種62種のうち、絶滅のおそれのある種が21種、準絶滅危惧種が14種であったが、この増加した要因として、『レッドデータブック2014』では、分類の再検討による独立種の増加をあげるとともに、種が細分化されたことにより、細分化前よりも絶滅リスクが高まるおそれがあることも指摘している[37]。また、日本人にとってカエルの代表種とも言えるトノサマガエルが、その生息環境である水田等の減少に伴い影響を受けているとして準絶滅危惧にランクインしている[36][37]。2000年に発行された『改訂版レッドデータブック』では、両生類の生息環境となる湿地や小川等の淡水環境や森林環境が開発され、あるいはペットブームによる密猟が絶滅の危機や個体数減少の要因であると述べているが[7]、2014年に刊行された『レッドデータブック2014』でも生息環境の急激な悪化と愛好家や業者の乱獲を指摘している[37]。さらには、徘徊性の両生類は道路の側溝に落ちると這い上がる事ができずにそのまま死亡することもある[38]。これらの影響の結果、絶滅した種は確認されていないもののアベサンショウウオ[39]カスミサンショウウオ[40] などで地域個体群が消滅した例もある。他にも、近年では、オオサンショウウオ交雑し、遺伝的撹乱を与えているチュウゴクオオサンショウウオ[13][32]シロアゴガエルのように在来種と餌や繁殖環境を巡って競争を行うもの[41]ウシガエルのように在来種を直接捕食するもの[33] など、様々な外来種が確認されている。もちろん同じ両生類のみならずアライグマ[39][42][43]カミツキガメ[44]幼生を捕食するティラピア[24] などの両生類を餌とする外来生物は多い。これらの生息環境の変化や外来種の脅威によって、日本の両生類相は、その存続を脅かされていると言える。

具体的な両生類の保護対策の例として、1996年6月18日に環境省と建設省(当時)は、アベサンショウウオを対象に種の保存法に基づく「保護増殖計画」を策定した[39][45]。本種の生息地である丹後半島で、重要な生息環境である小規模な水溜まりや溝等の現状維持や拡大、その周辺にある森林の保全、モニタリング調査、密猟の防止、普及啓発などの対策が講じられている[45]。また、それを担保するために、兵庫県豊岡市京都府京丹後市の2箇所の生息地が、生息地等保護区に指定されている[39][46]。また民間によるトウキョウサンショウウオビオトープの創出も成果をあげている[47]。その他、上記の天然記念物に指定されている3種も文化財保護法に基づく規制がかけられており(天然記念物#を参照。)、国際的な商取引を規制する目的で、オオサンショウウオ国際希少野生動植物種に指定されている[48]。加えて、国の天然記念物等に指定されていなくても、都道府県や市町村の条例に基づく天然記念物や希少野生動植物種に指定され、保護されている種もいる[49]

2005年の外来生物法の施行を契機に、外来両生類の駆除や調査なども進められており、例えば沖縄県においてはオオヒキガエルシロアゴガエルを対象とした事業が行われており[50]、また、チュウゴクオオサンショウウオ及びオオサンショウウオとの雑種個体の除去も実施されている[13]。また、2015年3月には、『我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)』が作成され、外来生物法に基づく特定外来生物の対象外や国内外来種の対策も進められている[51]

日本の両生類一覧[編集]

分類学名及び和名は、日本爬虫両棲類学会が公表した 日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案) に基づき、一部の外来種について国立研究開発法人国立環境研究所侵入生物データベース』に従った。そのため環境省レッドリスト等と学名が一致しないものがあることに留意されたい。の右に、これに含まれる分類群の数を記載した。

凡例[編集]

該当するものには、下記の凡例を付記している。凡例に関する出典は以下の通り。それぞれの凡例の右に出典を記載した。

固有種・外来種の別
  • 【固】; 日本固有種又は固有亜種 / 【外】; (国外)外来種 / 【国内外】; 国内外来種
分布
  • 【北】; 北海道、【本】: 本州、【四】; 四国、【九】; 九州、【島】;島嶼 / より詳細に分布を説明する場合には()内に記載
保全状況評価
その他
  • 外来生物法関係 - 【特定外来】; 特定外来生物 / 【被害防止外来】; 我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)

有尾目[編集]

有尾目 Caudata Scopoli1777 - 3633、うち1種は外来種

サンショウウオ科[編集]

サンショウウオ科 Hynobiidae Cope1860 - 328

オオサンショウウオ科[編集]

オオサンショウウオ科 Cryptobranchidae Fitzinger1826 - 12、うち1種は外来種

イモリ科[編集]

イモリ科 Salamandridae Goldfuss1820 - 23

無尾目[編集]

無尾目 Anura Fischer von Waldheim1831 - 7184348亜種、うち4種は外来種

ヒキガエル科[編集]

ヒキガエル科 Bufonidae Gray1825 - 234亜種、うち1種は外来種

アマガエル科[編集]

アマガエル科 Hylidae Rafinesque1815 - 12

アカガエル科[編集]

アカガエル科 Ranidae Rafinesque1814 - 72427亜種、うち1種は外来種

ヌマガエル科[編集]

ヌマガエル科 Dicroglossidae Anderson1871 - 23

アオガエル科[編集]

アオガエル科 Rhacophoridae Hoffman, 1932 - 489亜種、うち1種は外来種

ヒメアマガエル科[編集]

ヒメアマガエル科 Microhylidae Günther1858 - 11

ピパ科[編集]

ピパ科 Pipidae[注 11] - 外来種11

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 九州産のものは2014年にアマクササンショウウオ、オオスミサンショウウオ及びソボサンショウウオに分けられた。環境省レッドリスト2014では、祖母山地、天草諸島、大隅半島産の個体群もオオダイガハラサンショウウオとして掲載している。
  2. ^ 本州と四国に分布する種であると考えられてきたが、2012年〜2014年にかけて本種を含み6種に分けられた。
  3. ^ 中国原産。日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)には掲載されていない。
  4. ^ 奄美諸島産と沖縄諸島産を亜種に分ける場合がある。
  5. ^ 基亜種 Bufo gargarizans gargarizans は、日本に分布していない。
  6. ^ 『侵入生物データベース』によると沖縄島にも人為的に定着したものの、既に根絶されたとされている。
  7. ^ 北米原産。
  8. ^ 種子島での定着した可能性が指摘されている。
  9. ^ 本州の一部地域(神奈川県・千葉県)は、人為的な移入の可能性がある。
  10. ^ 東南アジア原産。
  11. ^ ピパ科の位置は系統を反映させていない便宜上のものである。
  12. ^ アフリカ中南部原産。日本産爬虫両生類標準和名(2015年5月28日改訂案)には掲載されていない。

出典[編集]

  1. ^ 松井正文(2006、249頁)
  2. ^ 松井正文(2006、251頁)
  3. ^ 国の面積順リストを参照。
  4. ^ a b c 千石正一28.日本の両生類・は虫類」『日本の自然環境』環境庁自然保護局編、大蔵省印刷局、1982年3月。
  5. ^ 松井(2006、94-95頁)
  6. ^ 高田・大谷(2011、8、246頁)
  7. ^ a b c d e 上野俊一「両生類概説」『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物3 爬虫類・両生類』環境庁自然環境局野生生物課編、2000年、ISBN 4-915959-70-8。 - 環境省生物多様性センターホームページで確認。(2015年5月5日閲覧)
  8. ^ a b 財団法人自然環境研究センター編「サンショウウオ類の日本各地での分化」『自然環境保全基礎調査 動物分布調査 日本の動物分布図集 第2部 特徴を表している分布図』2010年3月31日、36頁。(2015年5月5日閲覧)
  9. ^ 高田・大谷(2011、41頁)
  10. ^ 環境庁自然保護局野生生物課編(1993)
  11. ^ a b 「財団法人自然環境研究センター編『自然環境保全基礎調査 動物分布調査 日本の動物分布図集 第3部 動物分布図(両生類・爬虫類)』2010年3月31日、286頁。」の各両生類の図面。
  12. ^ Poyarkovら(2012)やNishikawa & Matsui(2014)など
  13. ^ a b c d e 松井正文「オオサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、130-131頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  14. ^ オオサンショウウオ」『国指定文化財等データベース
  15. ^ 千石正一「オオサンショウウオ」『日本の天然記念物』加藤陸奥雄沼田眞渡部景隆畑正憲監修、講談社、1995年3月20日、683頁、ISBN 4-06-180589-4
  16. ^ a b c 太田英利「イボイモリ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、132-133頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  17. ^ a b 太田英利「イボイモリ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、104頁。
  18. ^ a b 田中聡「イボイモリ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2005年、138-140頁。
  19. ^ 環境庁自然保護局野生生物課編『日本産野生生物目録(9)脊椎動物門 両生類』『日本産野生動物目録 - 本邦産野生動植物の種の現状 - (脊椎動物編)』財団法人自然環境研究センター、1993年12月、ISBN 4-915959-09-0
  20. ^ a b c 福山欣司「トノサマガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、148頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  21. ^ 財団法人自然環境研究センター編「水田にすむカエル」『自然環境保全基礎調査 動物分布調査 日本の動物分布図集 第2部 特徴を表している分布図』2010年3月31日、50頁。(2015年5月5日閲覧)
  22. ^ a b c Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana tagoi. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  23. ^ 高田・大谷(2011、34頁)
  24. ^ a b c d 太田英利「ミヤコヒキガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、145頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  25. ^ 松井正文「両生類における種分化」『バイオディバーシティ・シリーズ1 生物の種多様性』岩槻邦男・馬渡峻輔編、裳華房、1996年8月10日(2005年6月20日第7版)、217-230頁、ISBN 4-7853-5824-6
  26. ^ a b c 福山欣司「ヤエヤマハラブチガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、134-135頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  27. ^ a b c Lue Kuangyang, Chou Wenhao, Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Kurixalus eiffingeri. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日)
  28. ^ a b 太田英利・高橋亮雄『琉球列島および周辺島嶼の陸生脊椎動物相 - 特徴とその成り立ち - 』『美ら島の自然史-サンゴ礁島嶼系の生物多様性』琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会編、東海大学出版会、2006年7月20日、2-15頁、ISBN 4-486-01731-5
  29. ^ a b c d 文化庁国指定文化財等データベース 』(2015年5月15日閲覧)
  30. ^ 千石正一「モリアオガエルとカジカガエル」『日本の天然記念物』加藤陸奥雄・沼田眞・渡部景隆・畑正憲監修、講談社、1995年3月20日、756頁、ISBN 4-06-180589-4
  31. ^ NPO法人きごさい『季語と歳時記』(2015年5月17日閲覧)
  32. ^ a b c 国立研究開発法人国立環境研究所チュウゴクオオサンショウウオ」『侵入生物データベース』(2015年5月10日閲覧)
  33. ^ a b c 国立研究開発法人国立環境研究所ウシガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月10日閲覧)
  34. ^ 例えば足立区生物園監修(2014)や高田・大谷(2011)、大谷監修・川添著(2014)、田中(2000)など
  35. ^ 鈴木哲也「昭和初期の理科教育における学校飼育動物の位置づけ」『東京未来大学研究紀要』第5号, 2012年、51-59頁。
  36. ^ a b 環境省『報道発表資料 第4次レッドリストの公表について(お知らせ)』、2012年8月28日。
  37. ^ a b c d 松井正文「(3)両生類レッドリストから明らかになった点」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、XVii-XViii頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  38. ^ 高田・大谷(2011、246頁)
  39. ^ a b c d e f 松井正文「アベサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、96-97頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  40. ^ a b c 松井正文「カスミサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、124-125頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  41. ^ a b 国立研究開発法人国立環境研究所シロアゴガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月10日閲覧)
  42. ^ a b c 竹中践「エゾサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、150頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  43. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所アライグマ」『侵入生物データベース』(2015年5月10日閲覧)
  44. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所カミツキガメ」『侵入生物データベース』(2015年5月10日閲覧)
  45. ^ a b 環境省・建設省『アベサンショウウオ保護増殖事業計画』1996年6月18日。
  46. ^ a b 環境省自然環境局野生生物課「生息地等保護区一覧(平成24年3月現在)『種の保存法の解説』(2015年5月17日閲覧)
  47. ^ a b c 草野保「トウキョウサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、126-127頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  48. ^ a b 環境省自然環境局野生生物課「国際希少野生動植物種の一覧(平成25年6月12日最終改正)」『種の保存法の解説』(2015年5月17日閲覧)
  49. ^ 例えば、オキナワイシガエルやオオダイガハラサンショウウオ、ベッコウサンショウウオなど。
  50. ^ 環境省那覇自然環境事務所『管内の外来生物対策事業」(2015年5月17日閲覧)
  51. ^ a b c d e f g h 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト、2015年3月26日)」『外来生物法ホームページ』(2015年6月9日)
  52. ^ a b 竹中践「キタサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、140頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  53. ^ Kuzmin, S., Ishchenko, V., Matsui, M., Wenge, Z. & Kaneko, Y. 2008. Salamandrella keyserlingii. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  54. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq 環境省レッドリストカテゴリー - 環境省「第4次レッドリスト【両生類】(生物多様性情報システム掲載)」『報道発表資料 第4次レッドリストの公表について(お知らせ)』、2012年8月28日。
  55. ^ a b 松井正文「アカイシサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、98-99頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  56. ^ Simon Stuart 2006. Hynobius katoi. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  57. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius abei. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  58. ^ 環境省自然環境局野生生物課「国内希少野生動植物種の一覧(平成25年6月現在) Archived 2012年6月20日, at the Wayback Machine.」『種の保存法の解説』(2015年5月17日閲覧)
  59. ^ a b c Nishikawa, KANTO & Masafumi Matsui, "Three new species of the salamander genus Hynobius (Amphibia, Urodela, Hynobiidae) from Kyushu, Japan." Zootaxa, Vol 3852, No 2, 2014, pp.203–226.(2015年5月3日閲覧)
  60. ^ a b 松井正文「イシヅチサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、140頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  61. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius retardatus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  62. ^ a b 松井正文「オオイタサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、118-119頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  63. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius dunni. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  64. ^ a b 松井正文「オオダイガハラサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、120-121頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  65. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius boulengeri. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  66. ^ a b 松井正文「オキサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、122-123頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  67. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius okiensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  68. ^ 岡田滋「カスミサンショウウオ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、106頁。
  69. ^ 高田・大谷(2011、234-235頁)
  70. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius nebulosus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  71. ^ a b 松井正文「クロサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、141頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  72. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius nigrescens. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  73. ^ a b 松井正文「コガタブチサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、141頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  74. ^ Matsui, M. & Angulo, A. 2009. Hynobius yatsui. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  75. ^ a b 竹中践「ツシマサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、142頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  76. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius tsuensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3(2015年5月10日閲覧)
  77. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius tokyoensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3(2015年5月10日閲覧)
  78. ^ a b 松井正文「トウホクサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、142頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  79. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius lichenatus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3(2015年5月10日閲覧)
  80. ^ a b 松井正文「ハクバサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、100-101頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  81. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius hidamontanus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3(2015年5月10日閲覧)
  82. ^ a b 松井正文「ヒダサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、143頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  83. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius kimurae. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  84. ^ a b 松井正文「ブチサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、143頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  85. ^ Kaneko, Y., Matsui, M. & Angulo, A. 2009. Hynobius naevius. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  86. ^ a b 松井正文「ベッコウサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、128-129頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  87. ^ 岡田滋「ベッコウサンショウウオ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、107頁。
  88. ^ a b 松井正文「ホクリクサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、102-103頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  89. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hynobius takedai. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3(2015年5月10日閲覧)
  90. ^ Poyarkov, NIKOLAY A., Jing Che, Mi-Sook Min, Masaki Kuro-o, Fang Yan, Cheng Li, Koji Iizuka & David R. Vieites, "Review of the systematics, morphology and distribution of Asian Clawed Salamanders, genus Onychodactylus (Amphibia, Caudata: Hynobiidae), with the description of four new species." Zootaxa. Vol 3465, 2012, pp.1-106.(2015年5月3日閲覧)
  91. ^ Yoshikawa, Natsuhiko, Masafumi Matsui, Shingo Tanabe & Takehito Okayama, "Description of a new salamander of the genus Onychodactylus from Shikoku and western Honshu, Japan (Amphibia, Caudata, Hynobiidae)." Zootaxa. Vol 3693, No 4, 2013, pp.441-464.(2015年5月3日閲覧)
  92. ^ a b Yoshikawa, Natsuhiko & Masafumi Matsui, “Two new Salamanders of the genus Onychodactylus from Eastern Honshu, Japan (Amphibia, Caudata, Hynobiidae)." Zootaxa, Vol 3866, No 1, 2014, pp.53–78.(2015年5月3日閲覧)
  93. ^ Yoshikawa, Natsuhiko & Masafumi Matsui, "A New Salamander of the Genus Onychodactylus from Tsukuba Mountains, Eastern Honshu, Japan (Amphibia, Caudata, Hynobiidae)." Current Herpetology, Vol 32, No 1, 2013, pp.9-25(2015年5月3日閲覧)
  94. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Onychodactylus japonicus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  95. ^ a b c ワシントン条約事務局 (The CITES Secretariat) 「Checklist of CITES Species」『CITES Official website』(2015年5月17日閲覧)
  96. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Andrias japonicus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  97. ^ a b Liang Gang, Geng Baorong, Zhao Ermi 2004. Andrias davidianus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  98. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Echinotriton andersoni. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  99. ^ a b 松井正文「アカハライモリ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、144頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  100. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所アカハライモリ」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  101. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Cynops pyrrhogaster. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  102. ^ a b 太田英利「シリケンイモリ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、144頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  103. ^ 太田英利「シリケンイモリ」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、104頁。
  104. ^ 田中聡「シリケンイモリ」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2005年、140-141頁。
  105. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Cynops ensicauda. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  106. ^ a b Frank Solís, Roberto Ibáñez, Geoffrey Hammerson, Blair Hedges, Arvin Diesmos, Masafumi Matsui, Jean-Marc Hero, Stephen Richards, Luis Coloma, Santiago Ron, Enrique La Marca, Jerry Hardy, Robert Powell, Federico Bolaños, Gerardo Chaves, Paulino Ponce 2009. Rhinella marina. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  107. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所オオヒキガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  108. ^ a b c 環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室「特定外来生物等一覧(最終更新:2015年3月1日) Archived 2009年11月6日, at the Wayback Machine.」『外来生物法ホームページ』(2015年5月10日)
  109. ^ Sergius Kuzmin, Wang Yuezhao, Masafumi Matsui, Yoshio Kaneko, Irina Maslova 2004. Bufo gargarizans. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  110. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ミヤコヒキガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  111. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Bufo torrenticola. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日)
  112. ^ a b c Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Bufo japonicus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日)
  113. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ニホンヒキガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  114. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所アズマヒキガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  115. ^ a b Sergius Kuzmin, Irina Maslova, Masafumi Matsui, Fei Liang, Yoshio Kaneko 2004. Hyla japonica. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  116. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ニホンアマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  117. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Hyla hallowellii. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  118. ^ 千木良芳範「ハロウエルアマガエル」『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-』、沖縄県文化環境部自然保護課編、2005年、141-142頁。
  119. ^ a b 太田英利「アマミアカガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、145頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  120. ^ a b Sergius Kuzmin, Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana pirica. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  121. ^ 財団法人自然環境研究センター編「タゴガエル」『自然環境保全基礎調査 動物分布調査 日本の動物分布図集 第3部 動物分布図(両生類・爬虫類)』2010年3月31日、290頁。(2015年5月4日閲覧)
  122. ^ a b 松井正文「オキタゴガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、146頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  123. ^ a b 松井正文「ヤクシマタゴガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、146頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  124. ^ a b 竹中践「チョウセンヤマアカガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、146頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  125. ^ a b 竹中践「ツシマアカガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、146頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  126. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana tsushimensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  127. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana sakuraii. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  128. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana japonica. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  129. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ニホンアカガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  130. ^ Ryuzaki, Masashi, Yoshinori Hasegawa & Mitsuru Kuramoto, "A new brown frog of the genus Rana from Japan (Anura: Ranidae) revealed by cytological and bioacoustic studies." Alytes, 31, 2014, pp.49-58.
  131. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rana ornativentris. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  132. ^ a b 戸田守「リュウキュウアカガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、149頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  133. ^ a b Santos-Barrera, G., Hammerson, G., Hedges, B., Joglar, R., Inchaustegui, S., Lue Kuangyang, Chou Wenhao, Gu Huiqing, Shi Haitao, Diesmos, A., Iskandar, D., van Dijk, P.P., Masafumi Matsui, Schmidt, B., Miaud, C. & Martínez-Solano, I. 2009. Lithobates catesbeianus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  134. ^ a b Masafumi Matsui 2004. Glandirana rugosa. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  135. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ツチガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  136. ^ Sekiya, Kunio, Ikuno MIura & Mitsuakki Ogata, "A new frog species of the genus Rugosa from Sado Island, Japan (Anura, Ranidae)." Zootaxa 3575, 2012, pp.49–62.(2015年5月3日閲覧)
  137. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Pelophylax porosus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  138. ^ a b 福山欣司「トウキョウダルマガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、147頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  139. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所トウキョウダルマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  140. ^ a b 松井正文「ナゴヤダルマガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、149頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  141. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所トノサマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  142. ^ Sergius Kuzmin, Irina Maslova, Boris Tuniyev, Masafumi Matsui, Li Pipeng, Yoshio Kaneko 2004. Pelophylax nigromaculatus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  143. ^ a b 戸田守・太田英利「アマミハナサキガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、136-137頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  144. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Odorrana amamiensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  145. ^ a b 戸田守・太田英利「アマミイシカワガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、108-109頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  146. ^ a b 太田英利「オオハナサキガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、149頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  147. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Odorrana supranarina. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  148. ^ a b 戸田守「オキナワイシカワガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、110-111頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  149. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Odorrana ishikawae. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  150. ^ a b 太田英利「コガタハナサキガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、149頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  151. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Odorrana utsunomiyaorum. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  152. ^ a b 太田英利「ハナサキガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、138-139頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  153. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Odorrana narina. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  154. ^ a b 戸田守・太田英利「オットンガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、114-115頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  155. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Babina subaspera. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  156. ^ a b 戸田守・太田英利「ホルストガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、116-117頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  157. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Babina holsti. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  158. ^ Lue Kuangyang, Chou Wenhao, Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Babina okinavana. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  159. ^ a b 戸田守「ナミエガエル」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、ぎょうせい、2014年9月、106-107頁、ISBN 978-4-324-09897-4
  160. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Limnonectes namiyei. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  161. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所サキシマヌマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  162. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ヌマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  163. ^ a b c Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rhacophorus viridis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日)
  164. ^ 岡田茂「アマミアオガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。
  165. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rhacophorus schlegelii. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  166. ^ 岡田茂「シュレーゲルアオガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。
  167. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rhacophorus arboreus. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  168. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所モリアオガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  169. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Rhacophorus owstoni. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  170. ^ a b Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Buergeria buergeri. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  171. ^ 岡田茂「カジカガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。
  172. ^ a b Lue Kuangyang, Chou Wenhao, Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui 2004. Buergeria japonica. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  173. ^ 岡田茂「リュウキュウカジカガエル」『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、116頁。
  174. ^ a b Arvin Diesmos, Angel Alcala, Rafe Brown, Leticia Afuang, Genevieve Gee, Jeet Sukumaran, Norsham Yaakob, Leong Tzi Ming, Yodchaiy Chuaynkern, Kumthorn Thirakhupt, Indraneil Das, Djoko Iskandar, Mumpuni, Robert Inger, Robert Stuebing, Paul Yambun, Maklarin Lakim 2004. Polypedates leucomystax. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  175. ^ a b Masafumi Matsui, Yoshio Kaneko 2008. Microhyla okinavensis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月10日閲覧)
  176. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所ヒメアマガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)
  177. ^ a b Tinsley, R., Minter, L., Measey, J., Howell, K., Veloso, A., Núñez, H. & Romano, A. 2009. Xenopus laevis. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3.(2015年5月3日閲覧)
  178. ^ 国立研究開発法人国立環境研究所アフリカツメガエル」『侵入生物データベース』(2015年5月3日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]