カスミサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カスミサンショウウオ
カスミサンショウウオ
カスミサンショウウオ Hynobius nebulosus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
亜目 : サンショウウオ亜目
Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: カスミサンショウウオ
H. nebulosus
学名
Hynobius nebulosus
(Temminck & Schlegel, 1838)[2][3]
シノニム

Salamandra nebulosa
Temminck & Schlegel, 1838[2]

和名
カスミサンショウウオ[3]
英名
Clouded salamander

カスミサンショウウオHynobius nebulosus)は、有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。

分布[編集]

日本岐阜県以西の本州四国北東部、九州北西部)固有種[3]

模式標本の産地(模式産地)は長崎[2]

形態[編集]

全長9.4 - 12.7センチメートル[3]。体側面に入る皺(肋条)は左右に13本(まれに12本)ずつ[3]。背面の色彩は緑褐色や淡灰褐色・暗褐色で、褐色の斑点が入る個体が多い[3]。種小名nebulosusは「雲状の」の意で、英名(clouded=雲の)と同義。尾の背面外縁に黄色い筋模様が入る個体が多い[3]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)はアルファベットの深い「V」字状[3]。胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばしても0.5 - 2肋条ぶんの隙間がある[3]。後肢の趾は5本[3]

卵嚢の表面には明瞭な筋が入らない[3]

分類[編集]

広域分布種だが形態・遺伝的な地域変異が大きく、複数の隠蔽種を含んでいると考えられている[3]

生態[編集]

主に低地から丘陵にある湧水水田の周囲にある二次林竹林・草原などに生息するが、中国山地の個体群は標高の高い自然林にも生息する[3]。本州では同所的に分布するヒダサンショウウオブチサンショウウオ垂直分布(標高)ですみ分けを行っているが、中国山地では同じ環境に生息することもある[3]

昆虫クモワラジムシミミズなどを食べる[3]。幼生は水生昆虫、ミジンコ、イトミミズなどを食べ、共食いも行う[3]

繁殖様式は卵生。12 - 翌5月に浅いや水田の溝、湿原、流れの緩やかな沢などに50 - 179個の卵を産む[3]。卵は3 - 4月以降に孵化する[3]。幼生は6 - 7月に変態し幼体になる[3]

人間との関係[編集]

土地開発による生息地の破壊、それに伴う土砂流出による水質汚濁、減反政策による乾田の増加による繁殖地の減少、人為的に移入されたアメリカザリガニ・魚類などによる捕食などにより生息数は減少している[3]。京都府・愛媛県・岐阜県・滋賀県・奈良県では条例により許可のない捕獲が禁止されている[3]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[3]

Status jenv VU.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui. 2004. Hynobius nebulosus. The IUCN Red List of Threatened Species 2004: e.T59098A11871576. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2004.RLTS.T59098A11871576.en. Downloaded on 06 March 2016.
  2. ^ a b c Hynobius nebulosus. Frost, Darrel R. 2015. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 03/05/2016)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 松井正文 「カスミサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、124-125頁。

関連項目[編集]