ベッコウサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:画像全般の画像提供をお願いします。2009年8月
ベッコウサンショウウオ
保全状況評価[1][注釈 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: ベッコウサンショウウオ
H. ikioi
学名
Hynobius ikioi
Matsui, Nishikawa, & Tominaga, 2017[2][3][4]
和名
ベッコウサンショウウオ[3][5]
英名
Amber-coloured salamander[5]

ベッコウサンショウウオHynobius ikioi)は、両生綱有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。

分布[編集]

日本阿蘇山系以南・霧島山系以北の鹿児島県北部、熊本県宮崎県固有種[5]

形態[編集]

全長13.7 - 15.9センチメートル[5]。体側面に入る皺(肋条)は左右に12本ずつ[5]。尾は太く基部が円筒形だが、先端は側偏する[5]。体色は黒褐色で、黄色い斑紋が入る[5]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)は切れこみの深いアルファベットの「V」字状[5]。胴体に沿って前肢(および指)を後方へ後肢(および趾)を前方に伸ばすと、肋条2 - 3.5程度の隙間がある[5]。後肢の趾は5本[5]

分類[編集]

サンショウウオ属内ではオオダイガハラサンショウウオの祖母傾山個体群(現ソボサンショウウオHynobius shinichisatoi)に近縁とされる[5]

以前は本種の学名はHynobius stejnegeriとされていた[5]。近年の調査によりH. stejnegeriの模式標本は本種ではなく、コガタブチサンショウウオHynobius yatsuiとされていたが)であることが判明した[4]。これに伴いコガタブチサンショウウオの学名がH. stejnegeriH. yatsuiはシノニムとされる)となり本種は未記載種となったが、2017年に新種記載された[4]

生態[編集]

標高500 - 1,500メートルにある幅0.5 - 2メートルほどの渓流源流域およびその周辺にある斜面に生息する[5]

昆虫クモミミズなどを食べる[5]。幼生はカゲロウ・トビケラ類の水生昆虫の幼虫やヨコエビ類などの甲殻類などを食べ、共食いも行う[5]

繁殖様式は卵生。4 - 5月上旬に底質が砂や礫で、倒木や岩などで日の当たらない淀みなどで産卵する[5]。21 - 57個の卵を産む[5]。5月頃に卵から孵化する[5]。7 - 9月に変態し幼体になるが、幼生のまま水中で越冬し翌年の4月に変態する個体もいる[5]。飼育下ではメスが変態後4年で性成熟した例がある[5]。飼育下では4 - 5年以上の生存例もある[5]

人間との関係[編集]

森林伐採、薪の採取、水力発電による渇水、林道建設、植林などによる生息地の破壊などにより生息数は減少している[5]。食用やペット用の採集も懸念されている[5]。熊本県の天然記念物、鹿児島県および宮崎県の指定希少野生動植物に指定されている[5]

絶滅危惧II類 (VU)環境省レッドリスト[5][注釈 2]
Status jenv VU.svg

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IUCNレッドデータはHynobius stejnegeriとして判定
  2. ^ 環境省レッドリストもHynobius stejnegeriとして判定

出典[編集]

  1. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui. 2004. Hynobius stejnegeri. The IUCN Red List of Threatened Species 2004: e.T10617A3205733. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2004.RLTS.T10617A3205733.en. Downloaded on 31 March 2018.
  2. ^ Hynobius ikioi. Frost, Darrel R. 2018. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 31/03/2018)
  3. ^ a b 日本爬虫両棲類学会 (2017) 日本産爬虫両生類標準和名リスト(2017年12月9日版). http://herpetology.jp/wamei/ (2018年3月31日閲覧)
  4. ^ a b c Masafumi Matsui, Kanto Nishikawa, Atsushi Tominaga, "Taxonomic relationships of Hynobius stejnegeri and H. yatsui, with description of the Amber-Colored Salamander from Kyushu, Japan (Amphibia: Caudata)," Zoological Science, Volume 34, Issue 6, The Zoological Society of Japan, Tokyo, 2017, Pages 538-545.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 松井正文 「ベッコウサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、96-97頁。
  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、294頁。
  • 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、68頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類』、小学館2004年、19頁。

関連項目[編集]