分化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分化(ぶんか)とは、本来は単一、あるいは同一であったものが、複雑化したり、異質化したりしていくさまを指す。生物学の範囲では、様々な階層において使われる。特に細胞の分化は発生学遺伝学において重要な概念である。

分化の例[編集]

  • 細胞分化多細胞生物に於いて、個々の細胞が構造機能的に変化すること。往々にして不可逆。なお、細胞に分化が見られることは、特に生殖細胞が分化することは多細胞生物の重要な特徴とみなされる。
  • 器官の分化:同一の器官が同一の体に複数存在する場合に、それが体の部分によって異なった形質をもつこと。たとえば体節制をもつ動物では体節ごとに付属肢をもつが、それが体の部分によって異なった形態をもつこと。体節に頭部胸部などの分化が見られることを異規体節性といい、それが見られる場合、附属肢も頭部のものは大額などの口器に、胸部のそれは歩脚に、といった分化が見られる。
  • 種分化(生物進化
  • 社会分化

など。

関連項目[編集]