ヨセフス・ニコラウス・ローレンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヨセフス・ニコラウス・ローレンティ(Josephus Nicolaus Laurenti、または Joseph Nicolaus Laurenti、本名はJoseph Nicolaus Lorenzであると考えられる、1735年12月4日 - 1805年2月17日)は、オーストリア医師動物学者である。両生類爬虫類の初期の研究者である。

生涯[編集]

ウィーンで生まれた。医師の免許を取る前に、地方の巡回医師(Feldsher)として働いた。著書の『医師のための毒物の実験の概要』("Specimen Medicum, Exhibens Synopsin Reptilium Emendatam cum Experimentis circa Venena":1768)は両生類、爬虫類の研究の歴史に重要な著作で、この著書のなかで、ローレンティは、30の両生類・爬虫類の属を定義し、ヒキガエル属Bufo)、アマガエル属Hyla)、イグアナ属Iguana)、ユウダ属Natrix)などヨーロッパの代表的な両生類・爬虫類の属に命名した。それまでは例えば1758年に発刊されたリンネの『自然の体系』の10訂版でも、両生類・爬虫類の属については10の属しか記載されていなかった。ローレンティはさらに多くの種も記載した。この著作ではオーストリアの両生類と爬虫類の毒性が記述された。

著作[編集]