アカイシサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカイシサンショウウオ
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
亜目 : サンショウウオ亜目
Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: アカイシサンショウウオ
H. katoi
学名
Hynobius katoi
Matsui, Kokuryo, Misawa et Nishikawa, 2004[2][3]
和名
アカイシサンショウウオ[3]
英名
Akaishi salamander[3]

アカイシサンショウウオHynobius katoi)は、有尾目サンショウウオ科に分類される有尾類。

分布[編集]

静岡県北西部、長野県南東部(赤石山脈南部)[3][4]

模式標本の産地(模式産地)は高根山(静岡県藤枝市[2]。多くの分布域はヒダサンショウウオと重複する[3]。2014年には静岡市でも採集例がある[5]

形態[編集]

全長9.2 - 11.7センチメートル[3]。背面は紫褐色で[4]、銀白色の斑点が入る個体もいる[3]。腹面は淡褐色で喉に斑紋が入る[3]。腹面に斑紋はほとんど入らないとされるが、2014年に静岡市で採集された個体は腹面に銀白色の斑点が密に入っていた例もある[5]。尾は円筒形だが、先端は側扁する[3]

鋤骨歯列は浅いアルファベットの「U」字状[2][3][5]。後肢の趾は4 - 5本で、第5趾は短いか無い個体もいる[3]

分類[編集]

1978年に静岡県で加藤真によってヒダサンショウウオと共に採集されたが[2]、鋤骨歯列は西日本に分布するブチサンショウウオに類似していたものの斑紋はヒダサンショウウオ・ブチサンショウウオのいずれとも異なる個体だった[6]。国領康弘・見澤康充両名の調査により後に複数の個体が採集され、形態が明らかに異なること・複数のサンプルが揃ったことで酵素蛋白の電気泳動解析が行われその解析結果から2004年に新種として記載された[6]

生態[編集]

標高500 - 1,200メートルにある針広混交林内を流れる小渓流の周辺にある礫が多い斜面でのみ発見されている[3]。それ以前から知られてはいたが、ヒダサンショウウオの無斑形と見なされていた。生息地では、ヒダサンショウウオもほぼ同所的に生息しており、他にハコネサンショウウオも生息する。

野生下での卵や幼生の発見例はないが、渓流の源流周辺にある伏流水の中で産卵すると考えられている[3]。抱卵メスの発見例から4 - 5月に産卵すると考えられている。9 - 13個の大型の卵を抱卵していた例がある[3]

人間との関係[編集]

山地森林に生息するため環境は比較的安定しているが、分布が限定的であること、生息地での道路建設・森林伐採・河川改修のおそれ、およびそれらによる水質汚濁・地下水流の変化、ペット用の乱獲などが懸念されている[3]。2009年現在静岡県では絶滅危惧IB類、長野県では絶滅危惧IA類に掲載されている[4]。2014年現在では長野県で指定希少野生動植物種に指定されている[3]

絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト[3]

Status jenv EN.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Simon Stuart. 2006. Hynobius katoi. The IUCN Red List of Threatened Species 2006: e.T61895A12563919. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2006.RLTS.T61895A12563919.en. Downloaded on 03 March 2016.
  2. ^ a b c d Masahumi Matsui, Yasuhiro Kokuryo, Yasuchika Misawa et Kanto Nishikawa, "A New Species of Salamander of the Genus Hynobius from Central Honshu, Japan (Amphibia, Urodela)," Zoological Science, Volume 21, Issue 6, Zoological Society of Japan, 2004, pp. 661-669.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 松井正文 「アカイシサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、98-99頁。
  4. ^ a b c 北野聡・四方圭一郎 「飯田市遠山川流域におけるアカイシサンショウウオの記録」『長野県環境保全研究所報告』第5号、長野県環境保全研究所、2009年、113-115頁。
  5. ^ a b c 佐々木彰央 「静岡市興津川流域から得られたアカイシサンショウウオ」『東海自然誌』第8号、静岡県自然史博物館ネットワーク、2015年、23-25頁。
  6. ^ a b 松井正文 「アカイシサンショウウオの発見と新種記載について」『ハ・ペ・トロジー』第2号、誠文堂新光社2004年、110頁。
  • 川上洋一著『絶滅危惧種の動物事典』、東京堂出版、2008年

関連項目[編集]