オオダイガハラサンショウウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:オオダイガハラサンショウウオの画像提供をお願いします。2008年12月
オオダイガハラサンショウウオ
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Caudata/Urodela
亜目 : サンショウウオ亜目
Cryptobranchoidea
: サンショウウオ科 Hynobiidae
: サンショウウオ属 Hynobius
: オオダイガハラサンショウウオ
H. boulengeri
学名
Hynobius boulengeri
(Thompson, 1912)[2][3]
シノニム

Pachypalaminus boulengeri
Thompson, 1912[2]
Pseudosalamadra boulengeri Tago, 1931[2]

和名
オオダイガハラサンショウウオ[4]
英名
Odaigahara salamander

オオダイガハラサンショウウオHynobius boulengeri)は、有尾目サンショウウオ科サンショウウオ属に分類される有尾類。

分布[編集]

日本紀の川・吉野川以南の奈良県三重県和歌山県固有種[3]

模式標本の産地(模式産地)は大台ヶ原山[2]

形態[編集]

全長12 - 20.4センチメートル[3]。体側面に入る皺(肋条)は左右に13本ずつ[3]。尾は長く、頭胴長とほぼ等しい[3]。尾の先端は側偏し鰭状になる[3]。背面の体色は石板色で、斑紋は入らない[3]

上顎中央部に並ぶ歯の列(鋤骨歯列)はアルファベットの「U」字に近い「V」字状[3]。後肢の趾は5本[3]

分類[編集]

涙骨が外観から見えることからPachypalaminus属として記載されたが、現在はサンショウウオ属との差異はないとしてサンショウウオ属の構成種とする説が有力[4][5]

2007年に四国個体群がイシヅチサンショウウオとして分割し独立種となった[6]。2014年に天草諸島個体群がアマクササンショウウオH. amakusaensis・大隅半島個体群がオオスミサンショウウオH. osumiensis・祖母傾山系個体群がソボサンショウウオH. shinichisatoiとして分割し独立種となった[7]

生態[編集]

標高200 - 1,750メートルにある広葉樹林や針広混交林に生息する[3]。渓流の周辺や斜面にある岩石の隙間・落ち葉や倒木の下などで過ごす[3]。幼生は三重県の例では同所的に分布するコガタブチサンショウウオハコネサンショウウオよりも上流域に生息しすみ分けを行っている[3]。地中や石の下・渓流内で冬眠するが、12月から翌1月に活動することもある[3]

シーボルトミミズなどの環形動物昆虫クモなどを食べる[3]。幼生は水生昆虫、水中に落下した陸生昆虫やクモ、甲殻類、環形動物などを食べ、共食いも行う[3]

繁殖様式は卵生。2 - 5月に渓流の岩や倒木の下などに17 - 47個の卵を1対の卵嚢に包んで産む[3]。卵は5月以降に孵化し[3]、幼生期を水中で過ごす[8]。幼生は主に孵化した翌年の9月に変態し幼体になるが、孵化した年に変態する個体やさらに翌年(孵化してから2年目)に変態する個体もいる[3]。このことから幼生には流水が通年で枯れない環境を必要とする[9]

オオダイガハラサンショウウオの生息には、渓流と林床が必要であり[9]、源流域を含む広い自然林を必要とする[10]。また冷涼な気候を好むため、地球温暖化の進行はオオダイガハラサンショウウオの生息域を狭めるとされる[9]

人間との関係[編集]

道路・砂防堰堤建設・森林伐採による生息地の破壊、およびそれらによる土砂の流出や観光地化に伴う水質汚濁、ペット用の乱獲などにより生息数は減少している[3](ただし2004年版のIUCNレッドデータでは四国・九州個体群を、2012年版の環境省レッドデータでは九州個体群も本種に含めて評価されている)。奈良県や三重県では県の天然記念物に指定されている[3]

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト[3]

Status jenv VU.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yoshio Kaneko, Masafumi Matsui. 2004. Hynobius boulengeri. The IUCN Red List of Threatened Species 2004: e.T59091A11869929. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2004.RLTS.T59091A11869929.en. Downloaded on 03 March 2016.
  2. ^ a b c d Hynobius boulengeri. Frost, Darrel R. 2015. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 03/05/2016)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 松井正文 「オオダイガハラサンショウウオ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-3 爬虫類・両生類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、120-121頁。
  4. ^ a b 池田純 「オオダイガハラサンショウウオ」『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』千石正一監修 長坂拓也編著、ピーシーズ、2002年、294頁。
  5. ^ 西川完途「東アジアの有尾類 第4回 サンショウウオ科(その2)-サンショウウオ属-」『クリーパー』第56号、クリーパー社、2011年、40-47頁。
  6. ^ Kanto Nishikawa, Masahumi Matsui, Shingo Tanabe, & Shin'ichi Sato, "Morphological and allozymic variation in Hynobius boulengeri and H. stejnegeri (Amphibia: Urodela: Hynobiidae)", Zoological Science, Volume 24, Issue 7, Zoological Society of Japan, 2007, pp. 752-766.
  7. ^ Kanto Nishikawa, Masahumi Matsui, "Three new species of the salamander genus Hynobius (Amphibia, Urodela, Hynobiidae) from Kyushu, Japan," Zootaxa, Volume 3852, No. 2, Magnolia Press, 2014, pp.203-226.
  8. ^ 清水善吉「オオダイガハラサンショウウオ」『三重県データブック2015』三重県農林水産部みどり共生推進課、2015年3月、p88、2016年3月6日閲覧。
  9. ^ a b c 三重県教育委員会『オオダイガハラサンショウウオ 保護管理指針』2009年
  10. ^ 和歌山県環境生活部環境政策局、『保全上重要な わかやまの自然 -和歌山県レッドデータブック-』[2012年改訂版]、(2012)、p.72-73

関連項目[編集]