労働条件通知書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

労働条件通知書(ろうどうじょうけんつうちしょ)とは、雇用主と使用者との間で労働条件を明確にした文書。労働基準法第15条を根拠法令としている。法定の項目は書面で交付しないと刑事罰がある。パートやアルバイトを雇用する場合であっても、法律上、書面の労働条件通知書の交付が義務付けられている。また、1日などの短期間の契約であっても交付の義務付けはあり、交付しない場合には罰則の適用がある。

類似するものに雇用契約書があるが、雇用契約書の作成については法的な義務はない。

盛り込まれる内容[編集]

  • 労働契約の期間に関する事項
  • 労働場所や業務に関する事項
  • 労働時間に関する事項
  • 賃金に関する事項
  • 退職に関する事項

などについて記載される場合が多いが、書面で明示しなければならない項目は労働基準法施行規則第5条で定められている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]