三人娘 (1955-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
元祖三人娘から転送)
Jump to navigation Jump to search

三人娘(さんにんむすめ)は、女性歌手、美空ひばり江利チエミ雪村いづみ(歌手デビュー順)の3人(3人とも1937年生まれ)を指す総称である。当初から単に「三人娘」と呼ばれており、現在でも単に「三人娘」と呼ばれることが多いが、その後いくつもこの3人にあやかって、「三人娘」が登場したため「初代三人娘」「元祖三人娘」などの通称が生まれた。また、3人が初めて共演した映画の表題から「ジャンケン娘」とも呼ばれた。

メンバー[編集]

美空 ひばり[編集]

  • 愛称: 「お嬢」「歌謡界の女王」「昭和の歌姫」など
  • 本名: 加藤 和枝 
  • 生年月日: 1937年5月29日
  • 没年月日: 1989年6月24日
  • 配偶者: なし(1962年に小林旭(俳優・歌手)と結婚、1964年離婚)
  • 子供: 長男(養子)・加藤和也(実業家)

1949年に「河童ブギウギ」で歌手デビュー。同年「悲しき口笛」がヒットし、一躍スターとなる。以後も、「東京キッド」「リンゴ追分」「お祭りマンボ」など立て続けにブレイク1954年第5回NHK紅白歌合戦に「ひばりのマドロスさん」で初出場。1972年までに通算17回出場し、そのうち13回トリを務める。1965年には、「」で第7回日本レコード大賞を受賞。その後も、「悲しい酒」、「真赤な太陽」とミリオンセラーを記録する大ヒット曲を連発し、「歌謡界の女王」の地位を不動のものにした。しかし、1987年に慢性肝炎特発性大腿骨頭壊死症により緊急入院。約3か月間の療養後一旦退院するも、1989年に再入院。同年突発性間質性肺炎の症状悪化による呼吸不全のため52歳で没した。死後、女性としては初となる国民栄誉賞が追贈された。

江利 チエミ[編集]

  • 愛称: 「エリー」「チーちゃん」「ノニ」など
  • 本名: 久保 智惠美 
  • 生年月日: 1937年1月11日
  • 没年月日: 1982年2月13日
  • 配偶者: なし(1959年に高倉健(俳優)と結婚、1971年離婚)
  • 子供: なし

1952年に「テネシー・ワルツ」でデビューし、いきなり大ヒット。翌1953年には第4回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。紅白歌合戦にはその後1968年まで16回連続出場した。ほか1974年1975年には「酒場にて」がロングセラーとなる等、ヒット曲も多数存在。さらに女優としても主演した映画『サザエさん』シリーズが人気を博し、計10作もの映画が製作され、テレビドラマ化・舞台化もされた。さらに日本におけるブロードウェイ・ミュージカルの初演である東京宝塚劇場での『マイ・フェア・レディ』に主演し、数々の賞を受賞するなど幅広いジャンルで活躍した。だが、1982年に脳卒中吐瀉物が喉に詰まる窒息のため急病死。45歳没。

雪村 いづみ[編集]

  • 愛称: 「トン子」「トンちゃん」など
  • 本名: 朝比奈 知子 
  • 生年月日: 1937年3月20日
  • 没年月日: 存命中
  • 配偶者: なし(1961年にジャック・セラー(当時テンプル大学の学生)と結婚、1966年離婚/1967年に原田忠幸(バリトンサックス奏者)と再婚、のちに離婚)
  • 子供: 長女・朝比奈マリア(歌手・タレント)

1953年に「想いでのワルツ」でデビュー。「オウ・マイ・パパ」、「はるかなる山の呼び声」、「マンボ・イタリアノ」、「チャチャチャは素晴らしい」などをヒットさせて人気を確立。1954年第5回NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、通算10回出場した。1998年に紫綬褒章、2007年には旭日小綬章を受章した。2017年現在でも意欲的に芸能活動を行っており、「三人娘」の最後の生き残りとして、積極的に二人の持ち歌を歌い継ぐ形で披露している。

共演[編集]

映画[編集]

「三人娘」の最初の共演はこの3人の別名にもなっている1955年東宝製作の映画『ジャンケン娘』である。『ジャンケン娘』では、オープニングとエンディングで、リーダーで「中立派」のひばりは黄、三枚目で「情熱派」のチエミは赤、「ウエットで薄幸」であるいづみは青の衣装を身に着けることで、3人の人物像がわかりやすく表現されている[1]。 当時、世間から注目を集めていた3人は多忙なスケジュールを抱え、所属事務所もファンの傾向も異なることから、共演は困難とされていたという[2]。しかし、3人の共演が注目を集めて大ヒットしたことにより、翌1956年には『ロマンス娘』、1957年には、『大当り三色娘』、1964年には、『ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば』とその後も3人の共演映画が数多く公開された。

1958年に公開され、いづみが主演を務めた映画『大当り狸御殿』にはひばりも出演しており、いづみとひばりの二人が共演している。

チエミが磯野(フグ田)サザエ役で主演を務め、チエミにとって代表作になった映画「サザエさん」シリーズの第5作『サザエさんの結婚』、第6作『サザエさんの新婚家庭』、第7作『サザエさんの脱線奥様』にはいづみも出演しており、チエミの代表作で「三人娘」の二人が共演を果たしている。

NHK紅白歌合戦[編集]

NHK紅白歌合戦で3人が共演を果たしたのは、ひばりといづみが初出場を果たした1954年第5回1957年第8回1959年第10回の3年連続、1961年第12回1963年第14回1965年第16回の3年連続の計8回である。

紅白歌合戦への初出場はチエミが一番早く、1953年第4回に初出場を果たし、以後、1968年第19回まで、当時史上最多となる、16回連続出場を果たした。そのうち、1963年・第14回と翌1964年・第15回では、チエミが紅組司会も兼任し、史上初の歌手・司会兼任出場となっており、2回とも「三人娘」が揃い踏みしている。しかしチエミは1969年第20回で紅白落選の屈辱を味わう。翌1970年第21回に、当初チエミは2年ぶり17回目の復帰出場が内定していたが、ヒット曲が無い事などの理由で自ら辞退。その後も、1974年・第25回及び1975年・第26回には「酒場にて」が久々にヒット曲となったが、チエミは「もう紅白は卒業したので、一切登場は致しません」と、NHKからの出演要請を頑なに拒んだ。

ひばりは、チエミ初出場の翌年、1954年第5回に初出場を果たした。ただし、ひばりには第3回の時点でオファーがかけられていたが、第3回・第4回ともにひばりが出場辞退していた。ひばりは、1955年第6回1956年第7回には不出場となったものの、1957年第8回から、1972年第23回まで16回連続出場し、うち1956年・第7回~1958年・第9回の3年連続と1963年・第14回~1972年・第23回の10年連続でトリを務めており、通算13回トリを務めている。この通算13回トリ、そして10年連続トリというのは、現在も史上最多の記録である。また、1970年の第21回は司会も務めており、史上初の司会・大トリ兼任となった。尚1979年第30回は正式出場では無く、藤山一郎と共に「特別ゲスト」として出演した。

いづみは、ひばりと同じく1954年・第5回に初出場を果たしている。その後、計10回出場し、うち8回が「三人娘」揃い踏みになった。現在のところ最後の出場となっている、1989年第40回ではその年に亡くなったひばりの追悼として、ひばりの楽曲である「愛燦燦」を歌唱した。

現在[編集]

チエミが1982年に45歳で、ひばりが1989年に52歳でそれぞれ若くして病気により逝去、現在も存命中なのはいづみのみとなっている。現在でもいづみはテレビ出演やコンサート、CDの発売などの音楽活動を精力的に行っている。またいづみは、謙遜的な意味合いから「自分にはヒット曲がない」と発言することもある。近年のテレビなどでは、自身の持ち歌よりもチエミ・ひばりのヒット曲を歌う機会の方が多く、いづみがテレビ出演した際は必ずと言っていいほど「三人娘」のエピソードが語られている。さらに自身のCDに二人の歌を入れることも多く、1998年には「三人娘を唄う」というアルバムも発売し、三人の持ち歌をいづみが歌唱している[3]

エピソード[編集]

1953年にはチエミが渡米していたが、その間にいづみが歌手デビューした。そのことを知ったチエミの帰国第一声は「雪村いづみって、どんな子?」だったという。しかもいづみのデビュー曲が自らカバーしようと準備していたテレサ・ブリュワー「想い出のワルツ」(原題: Till I Waltz Again with You)だったのでチエミは心中おだやかではなかったが、スカートの丈が合わずシミーズが少し出た背の高い痩せぎすな少女・いづみが空港で出迎え、その屈託の無い可憐な姿にチエミの心は和み、やがて二人は終生の親友となった。

1956年の「第7回NHK紅白歌合戦」には、当初いづみも出演予定だったが、本番当日胃痙攣の為に出場辞退、突然の出来事で代役を立てる事も出来なかった事から、急遽チエミがいづみの分も合わせて、出場者の印である赤い花を2つ胸に付けた。そして、自宅療養していたいづみからの「チー子がんばれ! テレビで観てる」との電報を読み上げたのち、「お転婆キキ」を熱唱した。

1962年の映画『三百六十五夜』に、東映東京撮影所の所長兼取締役・岡田茂が当時チエミの夫だった高倉健をスターにするため、「三人娘」と高倉と鶴田浩二を共演されることを企画した。岡田はチエミに「亭主の高倉主演で『三百六十五夜』を撮りたい。当てて高倉に実績を残すためにも、三人娘で色どりを添えたいんだ」とオファーしたが、チエミは「いやです。わたしは仕事と私生活を混同したくないんです。亭主は亭主です。そういう映画には出たくない」と即座に断ったという。高倉は岡田から「おまえ、女房になめられてるじゃないか。今後ウチでは、チエミは一切つかわんからな。チエミごときになめられて、勝手なことをやられているようでは一人前になれないぞ。おまえが大スターになって見返さんと駄目だよ」と発破をかけられ、高倉は奮起を促されたという[4]

1971年の「第22回NHK紅白歌合戦」には、チエミが「旅立つ朝」でヒットを出していたこともあり、NHK側は「三人娘」を久しぶりに揃って出場させ、コーナー企画でジャズでも歌わせようという企画があった。しかし、チエミが前年に引き続き紅白出演を辞退したため、ひばりとも親交があった真帆志ぶきがチエミの代わりになり、ミュージカル「アニーよ銃を取れ」の挿入歌「男にゃ負けない」の替え歌を三人で歌った。なお、「アニーよ銃を取れ」はチエミがかつて主演したことのあるミュージカルである。

1982年2月にチエミが急逝した際には、親友だったひばりといづみはショックを隠しきれずに泣き崩れ、チエミの葬儀の席でも深い悲しみに暮れていたという。

それから7年後の1989年6月にもひばりが逝去した際、「三人娘」の独りだけとなったいづみは、「チーちゃん(チエミ)は北海道、お嬢(ひばり)は神戸で…」と、共に二人の最期に立ち会う事は出来ず、号泣し続けていた。同年7月にひばりの音楽葬に参列したいづみは、ほか参列した歌手仲間とともに「川の流れのように」を歌唱し、ひばりの霊前に捧げていた。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『昭和歌謡映画館』 146頁。
  2. ^ 『江利チエミ物語』 110-111頁。
  3. ^ Amazon.co.jp:三人娘を唄う
  4. ^ 松島利行 『風雲映画城』下、講談社1992年、72-73頁。ISBN 4-06-206226-7

関連項目[編集]