メルセデス・F1 W07 Hybrid

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メルセデス・F1 W07 Hybrid
ニコ・ロズベルグがドライブするF1 W07 Hybrid(2016年イギリスGP)
ニコ・ロズベルグがドライブするF1 W07 Hybrid
(2016年イギリスGP)
カテゴリー F1
コンストラクター メルセデス
デザイナー アルド・コスタ
(エンジニアリングディレクター)
ジェフリー・ウィリス
(テクノロジーディレクター)
パディ・ロウ
(エグゼクティブディレクター)
先代 メルセデス・F1 W06 Hybrid
後継 メルセデス・F1 W08 EQ Power+
主要諸元
エンジン メルセデス PU106C Hybrid
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
出走時期 2016年
コンストラクターズ
タイトル
1(2016年
ドライバーズタイトル 1(2016年
表彰台(3位以内)回数 33
通算獲得ポイント 765
初戦 2016年オーストラリアGP
初勝利 2016年オーストラリアGP
最終戦 2016年アブダビGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
21(42台) 19 20 9
テンプレートを表示

メルセデス F1 W07 Hybrid (Mercedes F1 W07 Hybrid) は、メルセデス2016年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

2016年2月19日シルバーストン・サーキットでシェイクダウンを行い、2月21日にマシンの写真を正式公開した。本年は車体に関するレギュレーションの大きな変更がないため、前年のF1 W06 Hybridの正常進化型となった[1]

2016年シーズン[編集]

ニコ・ロズベルグが開幕4連勝を果たしたが、ルイス・ハミルトンは2戦連続で予選で問題が発生し下位スタートになったり、決勝ではリタイアするまでではないものの(ロズベルグにも)パワーユニットの信頼性の問題が発生した。この他、両者とも決勝でスタートミスを度々犯すなど問題点も見られた。第5戦スペインGPではスタート直後に両者が同士討ちしてリタイア。第6戦モナコGPではダニエル・リカルドレッドブル)にポールポジションを明け渡したが、決勝ではハミルトンが今シーズン初勝利を果たした。続くカナダGPでもハミルトンが勝ち連勝。アゼルバイジャンバクーで初開催されたヨーロッパGPではロズベルグが勝ったが、オーストリアGPからドイツGPまでハミルトンが4連勝し、ドライバーズランキングでロズベルグを逆転した。後半戦はロズベルグが持ち直し、ベルギーGPからシンガポールGPまで3連勝してハミルトンを再逆転、第16戦マレーシアGPではロズベルグがスタート直後にセバスチャン・ベッテルフェラーリ)と接触して順位を落とし3位、ポールポジションからトップを独走していたハミルトンはエンジンブローでリタイアした。続く日本GPでロズベルグが勝利を挙げ、4戦を残して3年連続のコンストラクターズチャンピオンが決定した。アメリカGPからアブダビGPでハミルトンが4連勝を果たしたが、この4レースで全て2位となったロズベルグには及ばず、ロズベルグが初のドライバーズチャンピオンを獲得した。

レッドブルの復調によりワン・ツー・フィニッシュは8回に減ったが、21戦19勝で年間最多勝利記録を更新し、ポールポジションを逃したのはモナコGPの1回のみと、この年も圧倒的な強さと速さを見せつけた。

チャンピオンを決めた5日後の12月2日、ロズベルグは突如引退を発表[2]。3シーズンに渡るチームメイト同士の戦いに終止符が打たれた。

スペック[編集]

[3]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 メルセデス PU106C Hybrid
  • 気筒数・角度 V型6気筒・90度
  • 排気量 1,600cc
  • 最高回転数 15,000rpm(レギュレーションで規定)
  • バルブ数 24
  • 重量 145kg
  • 潤滑油 ペトロナス

記録[編集]

この年、メルセデスは以下の記録を更新した[4]

  • 年間最多ポイント:765ポイント
  • 年間最多勝利:19勝
  • 年間最多ポールポジション:20回(95.2%)
  • 年間最多表彰台:33回
No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
RUS
ロシアの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
アゼルバイジャンの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
HUN
ハンガリーの旗
GER
ドイツの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
MAL
マレーシアの旗
JPN
日本の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2016 44 イギリスの旗 ハミルトン 2 3 7 2 Ret 1 1 5 1 1 1 1 3 2 3 Ret 3 1 1 1 1 765 1位
6 ドイツの旗 ロズベルグ 1 1 1 1 Ret 7 5 1 4 3 2 4 1 1 1 3 1 2 2 2 2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メルセデスW07:見えない部分に多数のミニ改革”. AUTOSPORTweb (2016年2月21日). 2016年8月29日閲覧。
  2. ^ ニコ・ロズベルグ、F1引退を発表”. F1-Gate.com (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  3. ^ "F1 W07 Hybrid". MERCEDES AMG PETRONAS. 2016年7月24日閲覧。
  4. ^ The 2016 season in numbers”. Formula1.com (2016年12月16日). 2017年2月24日閲覧。