ブラウンGP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラウン(ブローン)
参戦年度 2009
出走回数 17
コンストラクターズ
タイトル
1(2009)
ドライバーズタイトル 1(2009)
優勝回数 8
通算獲得ポイント 172
表彰台(3位以内)回数 11
ポールポジション 5
ファステストラップ 4
F1デビュー戦 2009年オーストラリアGP
初勝利 2009年オーストラリアGP
最終勝利 2009年イタリアGP
最終戦 2009年アブダビGP
テンプレートを表示

ブラウンGPBrawn GP)は、ウィリアムズアロウズベネトンスクーデリア・フェラーリホンダなどで活躍したロス・ブラウン2009年に設立したイギリスのレーシングチームである。2009年11月、メルセデスに買収されメルセデスGPとなった。

チーム名(及びチーム代表)の「Brawn」は、日本のメディアではブラウンと表記するのが一般的だが、英語での"aw"は発音をカタカナ表記すると「オー」であり、ブローンの方が実際の発音に近い。また、一部のF1雑誌・記事(『F1 STINGER』(ネコ・パブリッシング)など)で「ブロウンGP」という表記も見られる。本記事では便宜上、以下日本で一般的な「ブラウンGP」の表記で統一する。

概要[編集]

チーム設立[編集]

2008年後半、原油価格高騰やリーマン・ショックに起因する世界金融危機による業績悪化からホンダF1の親会社である本田技研工業F1からの撤退を12月5日に発表した[1]。その後、リチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループや、デビッド・リチャーズ率いるプロドライブなどからチーム買収を持ちかける話があったものの、「チームに対して様々なオファーはあるが、我々は現実的な買収者を見出せていない」状態だった[2]

噂としてはニック・フライ、ロス・ブラウンら旧首脳陣によるマネジメント・バイアウト(MBO)があがっていた。最終的にホンダのF1活動に関連する企業群を束ねる持株会社である「Honda GP Holdings Ltd.」社が保有するホンダF1株式の100%をブラウン個人が買い取る形でチームが売却された[3]。なおチームの売却価格は「1ポンド」であったほか、ホンダから新経営陣に「100億円に達しない額」の保証金も支払われているという[4]

チーム名称については、当初、“Pure Racing(ピュア・レーシング)”にすることや、”ティレル”の復刻も考えていたが、最終的に法律担当から“あなたの名前で呼びましょう”と言われて決定した[5][6]

ブラウン以外の経営陣では、旧HRF1でCEOに就任していたフライがCEO職務継続とブラウンが明らかにしている[7]。またチーム正式発表後のブラウンQ&Aでも、経営陣継続を明らかにしていた[8]

2009年[編集]

バルセロナ合同テスト(バリチェロ)
この時点でスポンサーロゴが無い。

エンジンはメルセデスから供給を受け、レースドライバーは2008年のホンダと同じくジェンソン・バトンルーベンス・バリチェロの2名に決定した[9]。リサーブドライバーは当初はアレクサンダー・ヴルツが続投する予定だったが、開幕直前になってアンソニー・デビッドソンに変更された。この点についてニック・フライは「ヴルツを雇えるほど我々は裕福ではない」とコメントしている[10] 。ヴルツはチームにアドバイザーとして残留することとなった。

2009年用のマシンであるBGP0013月6日シルバーストーンシェイクダウンされた[11]。12月5日にホンダがF1撤退を表明して以来、2009年のシーズンを迎えるにあたりとても重要な時期である12月・1月・2月のテストを棒に振ったにも関わらず、3月9日-12日のバルセロナ合同テスト、3月15日-17日のヘレス合同テストでは、トップタイムを記録するなど、速さを披露。しかし、イギリスGPそしてドイツGPと気温が低くなったレースではマシンの特性上性能を発揮することが難しく、苦戦する場面も見受けられた。

カーナンバーについては、当初はホンダのものを受け継ぎ18, 19となる予定であったが、後に新規エントリー扱いとなったためフォース・インディアを繰り上げ、20, 21を割り当てることとした。しかし変更時期がシーズン開幕目前であり、フォース・インディア側がカーナンバー20, 21を使用したチームグッズを作っていたため、18, 19を空き番として22, 23が割り当てられることになった。

マレーシアGP(バトン)
チームとヴァージンのロゴだけが入った状態

3月27日から第1戦オーストラリアGPを迎えた。予選ではQ1、Q2ではバリチェロが1位、バトンが2位、Q3ではバトンが1位、バリチェロが2位と全セッションのトップタイムと2位タイムを記録し、フロントローを独占した。デビューレースでのポールポジション獲得は1970年カナダグランプリのティレル以来、フロントロー独占は1970年南アフリカグランプリのマーチ以来ともに39年ぶりの快挙だった。決勝はポールポジションからスタートしたバトンが、1度もトップを譲らずにポールトゥウィンで優勝。2位にバリチェロが入りワンツーフィニッシュ。デビュー戦での優勝は、1977年ウルフ以来の32年ぶり、初出場のチームが初戦でワンツーフィニッシュは1954年フランスGPメルセデス以来55年ぶりとなる快挙だった。

第2戦マレーシアGPでもバトンがポールポジションからスタートし、ファステストラップと優勝を記録、ハットトリックを達成した。初参戦チームの開幕2連勝は選手権初年度となる1950年アルファ・ロメオ以来の記録となった。

シーズン中盤にはレッドブルセバスチャン・ベッテルマーク・ウェバーの激しい追い上げを受け、バトン、バリチェロ、ベッテル、ウェバーの4人がタイトル争いをしていたが、第16戦ブラジルGPで、バトンが自身初、そしてチーム初となるダブルタイトルを獲得した。参戦初年度のチームがコンストラクターズタイトルを獲得することは、F1史上初めての快挙である。

スポンサー[編集]

スペインGPでのBGP001

開幕戦ではヴァージン・グループ[12]ヘンリ・ロイド[13]のロゴしかなかったが、グランプリを経るごとに増えている。第3戦中国GPでは、サングラスメーカーのレイバンとのパートナー契約と[14]スイスの外国為替ブローカーのMIGインベストメンツとの3年契約を発表[15]第5戦スペインGP前に、ブレーキフルードを提供するエンドレス・アドバンス[16]シートベルト(シートハーネス)を提供するウィランズ[17]の提携を発表した。また、スポットスポンサーとして、リヤウイング翼端板にターミネーター4(TERMINATOR SALVATION) のロゴが掲げられた。第14戦シンガポールGPでは、カメラメーカーとして有名なキヤノン(正確には、キヤノン・シンガポール)のスポットスポンサーを得た[18]。サイドポンツーンに大きくキヤノンのロゴが掲載されている[19]

当時、タイトルスポンサーの不在などから、チームの財政が厳しい状況に置かれている事をマシンカラーリングからも判断できる。しかし、CEOニック・フライは、タイトルスポンサーの獲得は急がないとの考えを示していた[20]。いくつかの大企業からスポンサーの申し出があることも明らかにしている[20]。それでもやはり経営的には厳しいためか、シーズン開幕時に約700人いたスタッフのうち約270人を解雇する方針を明らかにしていた[21]

メルセデスによるチーム買収[編集]

11月16日メルセデスが45.1%、アブダビ企業のアバール・インベストメンツが30%の株式を買取り2010年からメルセデスのワークスチーム「メルセデス・グランプリ」として参戦することを発表した[22]。チームリーダーは引続きロス・ブラウンがリーダーシップを採り、メルセデス・ベンツのモータースポーツ責任者であるノルベルト・ハウグが共同で運営に当たる事になる。これにより、「ブラウンGP」としてのチームは、わずか1年で消滅することとなった。

メルセデス、アバール双方による投資(買収)金額は1億1千万ポンド(約147億970万円)に上り、2009年シーズンでブラウンGPが得た利益が9850万ポンド(約131億7190万円)を計上したことを発表した。この内、ブラウン、フライがそれぞれ2000万ポンドずつを得て、幹部クラスも150万ポンド近い臨時ボーナスを得たという[23]

戦績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
SPA
スペインの旗
MON
モナコの旗
TUR
トルコの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
EUR
欧州連合の旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2009 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン 1 1 3 1 1 1 1 6 5 7 7 Ret 2 5 8 5 3 172 1位
23 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ 2 5 4 5 2 2 Ret 3 6 10 1 7 1 6 7 8 4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ F1レース活動について(ホンダプレスリリース)
  2. ^ 本田技研 「F1チームの現実的な買い手はいない」(F1-Gate.com)
  3. ^ Honda Racing F1 Teamの売却について(2009年3月6日)
  4. ^ 撤退のホンダF1、チーム売却額わずか1ポンド=147円 - 読売新聞・2009年4月10日
  5. ^ http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/091021145259.shtml F1-Live.com
  6. ^ http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/091026055955.shtml F1-Live.com
  7. ^ http://www.f1way.com/news/2009/March/10/nick-fry-remains-team-ceo---brawn 2009年3月11日付F1way.com
  8. ^ http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/090307055835.shtml F1-Live.com
  9. ^ Future of the Honda Racing F1 Team Secured(BrawnGP Press Release)
  10. ^ New role for Wurz, Davidson to be Brawn reserve - OneStopStrategy.com(2009年3月26日)
  11. ^ ブラウンGPのF1マシン名は「BGP001」(F1-Gate.com)
  12. ^ “ヴァージン・グループ、ブラウンGPのスポンサーに”. F1-Gate.com. (2009年3月26日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3121.html 2009年5月23日閲覧。 
  13. ^ “ブラウンGP、ヘンリ・ロイドとスポンサー契約”. F1-Gate.com. (2009年3月26日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3120.html 2009年5月23日閲覧。 
  14. ^ “ブラウンGP、レイバンとパートナー契約”. F1-Gate.com. (2009年4月20日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3360.html 2009年5月23日閲覧。 
  15. ^ “ブラウンGP、MIGインベツトメンツとスポンサー契約”. F1-Gate.com. (2009年4月17日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3308.html 2009年5月23日閲覧。 
  16. ^ “ブラウンGP、エンドレスアドバンスとの契約を発表”. F1-Gate.com. (2009年5月7日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3518.html 2009年5月23日閲覧。 
  17. ^ “ブラウンGP、ウィランズとのスポンサー契約を発表”. F1-Gate.com. (2009年5月7日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3520.html 2009年5月23日閲覧。 
  18. ^ “ブラウンGP、キヤノンとのパートナー契約を発表”. F1-Gate.com. (2009年9月17日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_4881.html 2009年9月25日閲覧。 
  19. ^ “最新画像 シンガポール・マリーナベイ(木曜日)”. Gp Update. (2009年9月24日). http://f1.gpupdate.net/ja/photolarge.php?photoID=137922&catID=1102-3715 2009年9月25日閲覧。 
  20. ^ a b “ブラウンGP 「タイトルスポンサーの決定は急がない」”. F1-Gate.com. (2009年5月15日). http://f1-gate.com/brawngp/f1_3597.html 2009年5月23日閲覧。 
  21. ^ F1初優勝のブラウンGP、約270人を解雇へ - MSNスポーツ・2009年3月31日
  22. ^ “ブラウンGP 「メルセデスGP」に”. Gp Update. (2009年11月16日). http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/223724/ 2009年11月16日閲覧。 
  23. ^ “ブラウンGPの利益は9850万ポンド”. Gp Update. (2010年9月15日). http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/242695/ 2010年9月20日閲覧。 

関連ページ[編集]

外部リンク[編集]