アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパゲティ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ
Aglio e olio.jpg
発祥地 イタリアの旗 イタリア
地域 カンパニア州
関連食文化 イタリア料理
提供時温度 熱々
主な材料 スパゲティ
テンプレートを表示

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ: Pasta aglio, olio e peperoncino)は、イタリア料理の一種。日本ではペペロンチーノの略称で広く知られている。

概要[編集]

ナポリを起源とする、もっともシンプルでベーシックなパスタ料理の一品である。 イタリア語で、アーリオはニンニク、オーリオは、ペペロンはトウガラシを意味し、塩ゆでしたスパゲティをにんにくとオリーブオイルだけで調味したものをスパゲティ・アーリオ・オーリオ、これに唐辛子を加えたものをスパゲティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと呼ぶ。

日本には唐辛子入りのレシピが最初に紹介されたために「ペペロンチーノ」と呼ばれるようになったが、諸外国ではアーリオ・オーリオのバリエーションのひとつとして捉えられているため、この略称は通用しない。 また日本において「イタリアではこれを『絶望のパスタ』と呼ぶ」という説が流布されているが、そのような共通認識は存在せず、語源と思われる Spaghetti alla disperata は、アンチョビオリーブなどを用いたトマトソースのパスタであることが多い。

アーリオ・オーリオは、イタリアを始めとする欧米では、料理の範疇には入らない簡易な軽食(和食に例えれば「塩むすび」のような)という認識であり、レストランのメニューとして並ぶ事はほとんどない。

典型となる材料の例[編集]

スパゲッティなどのロングパスタ。一般的にスパゲッティ(約1.9 mm)よりも細目の、スパゲッティーニ(約1.6 mm)やフェデリーニ(約1.4 mm)が使われることが多い。

ソースはニンニク、オリーブオイル、トウガラシのみ。これに多めの塩を加えてパスタを茹でた湯を加えることでオリーブオイルの乳化を促してパスタと絡みやすくする。また、これにより塩気と小麦粉の旨味を補う。

後は好みによってイタリアンパセリなどハーブ類、胡椒アンチョビを加える程度だが、パンチェッタベーコンを加えたり、ブイヨンなどで味をしっかりとつけて出す店も日本にはある。

基本的な作り方[編集]

ガラスの瓶詰め容器などに保存する
  1. パスタは、たっぷりの湯に多めの塩を加えて茹でる。
  2. フライパンに、切るか潰したニンニク、種を除いたトウガラシ、オリーブオイルを入れ、とろ火でじっくり熱し、風味と辛みをオイルに移したら、パスタの茹で汁を適量加え、かき混ぜてなじませる。
  3. パスタがアルデンテに茹で上がったら、フライパンのオイルソースと絡める。皿に盛り、パセリとチーズをふる。

脚注・出典[編集]


関連書籍[編集]

『一流シェフが手ほどきする パスタ&ピッツァ』 世界文化社〈別冊家庭画報〉。ISBN 4-418-97101-7 

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノのレシピが9人のシェフによって9通り紹介されている。

『アーリオ オーリオのつくり方 明日も食べたいパスタ読本』 集英社集英社文庫〉。ISBN 4-08-747046-6 

イタリア料理店のオーナーシェフが、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノについて語ったエッセー集。レシピも幾つか紹介されている。

関連項目[編集]