タマネギ中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タマネギ中毒(タマネギちゅうどく、onion poisoning)とは、タマネギなどの摂食を原因とするイヌネコ[1]や、ウシなどの食中毒のことである。

サルなどは、用量依存性の障害が生じる事はあっても(過剰に摂食し過ぎると障害が起こる。人も同様)、いわゆる低用量で障害を起こすようなタマネギ中毒にはならないとされる。

原因[編集]

タマネギ、ニンニクニラなどのネギ属に含まれるアリルプロピルジスルファイドなどがヘモグロビンを酸化させることにより、溶血性貧血を起こすことによるものとされており、血液塗抹標本ではハインツ小体が認められる。また、摂取する食品を加熱しても毒性は消えないとされている。

症状の重さに対する摂取量と体重の相関関係は明確になっておらず、動物の種や個体差にもよる。品種や個体によっては少量の摂取でも死亡する原因として、赤血球中のカリウム濃度が関係しているという報告がある。犬を例に上げると、HK型イヌ赤血球を持つ犬は赤血球内が高カリウム状態に保たれるため、そのような個体でタマネギ中毒起因の溶解性貧血が発生すると、赤血球内のカリウムが血液中に流出し高カリウム血症に伴う死亡の危険が高まるとの見解が、1975年に北海道大学の家畜病院で報告された[2]

また、北海道大学ザガジグ大学らの研究グループが、ヒツジのタマネギ中毒発症の研究を行い、ヒツジに於いては第一胃内の嫌気性細菌が発症に関与していることを示唆する研究結果を得ている[3]

症状[編集]

症状は貧血黄疸、可視粘膜蒼白、ヘモグロビン尿など。発症までに1~数日かかる。慢性症状は肝臓機能の低下。

治療[編集]

すぐに吐かせる。ビタミン剤投与。有効な治療方法、解毒剤などはなく強心剤利尿剤などの対症療法を行う。重症の場合は輸血

予防[編集]

ネギ類を含んだ食品を与えない。

参考) カレーハヤシハッシュドビーフを含む)、ハンバーグシチュー肉じゃがジャーマンポテトポトフすき焼きチャーハン、おでん、みそ汁、メンチカツ牛丼豚丼親子丼オニオンスープソース類、ケチャップ類、サラダドレッシング

脚注[編集]

  1. ^ ネコのタマネギ中毒 ハインツ小体貧血症 日本農芸化学会誌 Vol.56 (1982) No.2 P157
  2. ^ 獣医師広報板 タマネギ中毒
  3. ^ ヒツジのタマネギ中毒発症における第一胃内細菌の関与

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(小動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006
  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(大動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006

関連項目[編集]