涙の出ないタマネギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

涙の出ないタマネギ(なみだのでないタマネギ)とは、タマネギの催涙物質を作る酵素遺伝子の発現を抑制することで得られたタマネギである。2007年日本ニュージーランドの科学者らが開発した[1]

開発[編集]

当初、を分泌させる催涙成分syn-プロパンチアール-S-オキシド (propanthial S-oxide) はタマネギを切ったときに自然に発生するものと考えられていたが、ハウス食品ソマテックセンター・研究主幹の今井真介の2002年の研究により[2]、催涙成分合成酵素 (lachrymatory-factor synthase: LFS)[3][4] によって、中間体分子 1-プロペニルスルフェン酸 (1-propenylsulphenic acid) が催涙成分へと変化することが判明した[1][5][6]

この発見を元にニュージーランドの研究機関クロップ・アンド・フード・リサーチ (Crop and Food Research) のコリン・イーディ (Colin Eady) と今井らがタマネギにLFSのcDNA[7]を用いたRNA干渉 (RNA interference: RNAi) によりLFSの遺伝子の発現が抑制されたノックダウンタマネギを作った[5][8]。これにより、タマネギのLFSの生産が抑制され、催涙成分だけを減らすことが実現し、催涙成分にならなかった中間体分子1-プロペニルスルフェン酸が風味成分・におい成分チオスルフィネート英語版 (thiosulphinate) となることにより、風味成分・におい成分だけを増やすことができた[5][1]。これにより、“涙の出ないタマネギ”を得る手法ができあがった[1]

2013年、タマネギの催涙成分を作る酵素を発見し、“涙の出ないタマネギ”の開発に貢献した今井はイグノーベル賞の化学賞を受賞した[9]

なお、“涙の出ないタマネギ”は遺伝子組み換え技術を用いているため、2013年現在、市場にはでていない[1][9]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「涙の出ないタマネギ」の開発に成功 AFPBB News 2008年2月2日
  2. ^ ハウス食品にイグノーベル賞、02年にNature誌で発表したタマネギ催涙因子生成酵素の発見で 日経バイオテクONLINE 2013年9月17日 13:44 河田孝雄
  3. ^ Accession number: P59082 (ID: LFS_ALLCE)
  4. ^ 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」 化学者のつぶやき Chem-Station 2013年9月13日
  5. ^ a b c 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」 化学者のつぶやき Chem-Station 2013年9月13日
  6. ^ "An onion enzyme that makes the eyes water." Shinsuke Imai et al. Nature 2002 DOI: 10.1038/419685a
  7. ^ DNA data base accession No.AB089203
  8. ^ "Silencing Onion Lachrymatory Factor Synthase Causes a Significant Change in the Sulfur Secondary Metabolite Profile." Eady CC et al. Plant Physiol. 2008 DOI: 10.1104/pp.108.123273
  9. ^ a b 涙出ないタマネギ開発 イグ・ノーベル賞に日本人2氏ら仕組みの画像 朝日新聞デジタル 2013年9月13日15時25分

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

外部リンク[編集]