ソパ・デ・アホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sopa de ajo.jpg

ソパ・デ・アホスペイン語: sopa de ajo)はスペインカスティーリャ地方でポピュラーなスープ。カスティーリャのスープ (sopa castellana)とも呼ばれる。日本においては主に「アホスープ」と呼ばれている。

スペインの飼いの間でポピュラーだったもので、羊飼いは貧乏だったために二日ほど経ったフランスパンを使ったレシピがポピュラーになった。

カスティーリャのスープはこのベーシックなレシピから進化したもので、ハモン・セラーノチョリソを使う他は基本的な作り方が同じである。

「アホ(ajo)」はスペイン語で「にんにく」を意味する。

材料[編集]

(4人分)

作り方[編集]

  1. まるごとのニンニク1個の皮をむく。
  2. フライパンに大さじ一杯のオリーブオイルをひいてニンニクを炒める。
  3. ニンニクは炒め終わったら予め準備してある水に入れる。
  4. フランスパンを切って、フライパンで炒める。
  5. 水と他の材料を全てフランスパンを炒めているフライパンに入れ、沸騰させる。
  6. 卵を割りいれる。卵は⑤が沸騰してから入れなければならない。そうしなければ黄色く濁り失敗する。
  7. 蓋をして弱火で2~3分煮る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]