バーニャ・カウダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーニャ・カウダのディップと野菜
バーニャ・カウダ専用のポット。下の空洞部にろうそく固形燃料をセットし、上部にソースを注いで熱する。

バーニャ・カウダピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリアピエモンテ州を代表する鍋料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する[1]

概要[編集]

テーブルの上に“フォイョ“と呼ばれるテラコッタ製の鍋を置き、アンチョビ、火を通して柔らかくしたニンニクオリーブ・オイルを混ぜ合わせたディップソース[* 1]を温め、野菜を浸して食べる[1]フォンデュに類似した料理である。

使われる野菜は、カブセロリ、ペペローニ(パプリカ)、ニンジンキャベツラディッキオ、カーボルフィオーレ(カリフラワー)、トピナンブール(キクイモ)などの生野菜や、下茹でしたジャガイモカルド(野生のアーティチョーク)[* 2]カボチャビーツなど[2]

通常は野菜につけて食べるが、焼いた肉、魚、茹でた肉などにもつける[3]。ソースが残り少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べる[2]

近年、日本ではバーニャカウダの風味を取り入れたディップや合わせ調味料などが多数商品化されている[4]

冷たいソースを使う場合はバーニャ・フレッダ、もしくはバーニャ・フレイダ(Bagna Freida.Freidaはピエモンテ語で「冷たい」を意味する)と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ バター生クリームを加えることもある(『イタリア料理教本. 上』p.208)。
  2. ^ ピエモンテでは・トピナンブール(キクイモ)・カルド(野生のアーティチョーク)が必須とされる(『イタリア料理教本. 上』p.208)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『イタリア料理教本. 上』p.208
  2. ^ a b ピエモンテの庶民料理バーニャ・カウダのお祭り『第2回BAGNA CAUDA DAY』がアスティで開催」トキタ種苗株式会社 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ 北イタリアの“ホット”するソース、バーニャ・カウダ」辻調グループ 2015年8月9日閲覧。
  4. ^ 野菜をソースにつける食べる「バーニャカウダ」」日経Bizアカデミー、2014年6月11日、2015年8月9日閲覧。

参考文献[編集]