ラディッキオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラディッキオ
RadicchioNL.jpg
ラディッキオ
チコリー
品種群 Radicchio Group
テンプレートを表示
ラディッキオ(生)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 96 kJ (23 kcal)
4.48 g
糖類 0.6 g
食物繊維 0.9 g
0.25 g
1.43 g
ビタミン
ビタミンA相当量
8832 µg
チアミン (B1)
(1%)
0.016 mg
リボフラビン (B2)
(2%)
0.028 mg
ナイアシン (B3)
(2%)
0.255 mg
パントテン酸 (B5)
(5%)
0.269 mg
ビタミンB6
(4%)
0.057 mg
葉酸 (B9)
(15%)
60 µg
ビタミンC
(10%)
8 mg
ビタミンE
(15%)
2.26 mg
ビタミンK
(243%)
255.2 µg
ミネラル
ナトリウム
(1%)
22 mg
カリウム
(6%)
302 mg
カルシウム
(2%)
19 mg
マグネシウム
(4%)
13 mg
リン
(6%)
40 mg
鉄分
(4%)
0.57 mg
亜鉛
(7%)
0.62 mg
マンガン
(7%)
0.138 mg

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ラディッキオ(Radicchio)は、チコリーの栽培種である。イタリアンチコリーとしても知られ、多年生植物である。葉菜類として栽培され、白い筋の入った赤色をしている。苦くスパイシーな味で、グリルまたはローストすると柔らかくなる。

歴史[編集]

ガイウス・プリニウス・セクンドゥスは、ラディッキオは血液の浄化や不眠症に対して有益である旨、『博物誌』の中で述べている。実際に、ラディッキオは鎮静剤鎮痛剤として作用するラクチュコピクリンフラボノイドの一種であるアントシアニンを含む。

近代的な栽培は15世紀にイタリアのヴェネト州フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州トレント自治県で始まったが、今日の深い赤色のラディッキオは、1860年にベルギーの農学者Francesco Van den Borreが作り出した。ラディッキオは収穫の後、暗い部屋の水中に置かれる。こうすることにより、光の欠如とクロロフィルの生産阻害のため、緑色の色素が失われる。

品種[編集]

ラディッキオの品種の名称は、その起源となったイタリアの地名に由来する。アメリカ合衆国で最も広く入手可能な品種は、ラディッキオ・ディ・[であり、えび茶色で丸く、グレープフルーツ程度の大きさである。

ラディッキオ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾは、大きな赤いBelgian endiveに似ている[1]

タルディーボや白色のラディッキオ・ディ・カステルフランコ等は、花に似ていて冬季にしか入手できない。ヴェネト州のラディッキオ農家は、タルディーボを含むいくつかの品種に対して原産地名称保護制度の適用を目指している。

調理法[編集]

イタリア料理では、オリーブ油でグリルしたり、リゾット等の材料として食べる。またパスタシュトゥルーデルタプナード等にも用いられる。

他のチコリーと同様に、その根をローストして挽くと代用コーヒーになる。

毒性[編集]

伝承によると、代用コーヒーとして長期にわたりチコリーの摂取を続けると、時間の経過とともに視力の減退や他の長期的効果を伴って、ヒトの網膜組織に損傷を与えると言われる。しかし、科学的な根拠からは肯定も否定もされていない。チコリーの根には、タンジー等を含むヨモギギク属に含まれるものと似た揮発性油が含まれ、同様に回虫の除去に効果がある。植物の全ての部分にこのような揮発性油が含まれ、毒性成分の大部分は根に集中している[2]

研究により家畜がチコリーを消化すると回虫の害が減少することが明らかとなり、飼料の添加物として広く用いられるようになった。チコリー品種の研究、開発、生産を行っている企業はわずかであり、その多くはニュージーランドに所在している。

出典[編集]

  1. ^ Kafka, Barbara (1988年12月21日). “Radicchio: Tasty but So Misunderstood”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1988/12/21/garden/radicchio-tasty-but-so-misunderstood.html? 2017年4月19日閲覧。 
  2. ^ Edible and Medicinal Plants of the West, Gregory L. Tilford, 0-87842-359-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]