スパゲッティ・ウィズ・ミートボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Original Joe's - March 2018 - Stierch 06.jpg

スパゲッティ・ウィズ・ミートボール (Spaghetti with Meatballs) は、スパゲッティトマトソースミートボールによって構成されるアメリカ料理である。

スパゲッティ・アンド・ミートボール (Spaghetti and Meatballs) 、ミートボール・スパゲッティ (Meatball Spaghetti) と呼ぶほか、日本語では前置詞を省いてスパゲッティ・ミートボールとも表記される。本記事においては、記事名で記述する。

ソースの種類や、パスタの種類を変えたバリエーションも存在する。

概要[編集]

イタリア料理において、ミートソースは通常フェットゥチーネタリアテッレ(共に平打ちの生パスタ)に合わせるもので、スパゲッティには用いられない[1]。これは断面が丸い乾麺であるスパゲティには挽肉が絡みにくいためであるが、これをフォークで扱える肉塊とすることで食べやすくしたものがスパゲッティ・ウィズ・ミートボールである。

テレビ番組Food Networkの司会者で記者のアルトン・ブラウンによると、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールが最初に作られたのは20世紀初頭で、最初に作ったのはニューヨーク市に住んでいたイタリア系移民のアメリカ人だという[2]

同じくブラウンによれば、1920年代にアメリカパスタ協会英語版(当時はNational Macaroni Manufacturers Associationという名称だった)が、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールのレシピを最初に出版したという[2]

これに対し、料理評論家で作家のKyle Phillips[3]は、これより以前にイタリアで似た料理を見つけたと主張する。

"...イタリアでは、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールは珍しいが、イタリアにその祖先が存在する。私は、プッリャ州で小さなミートボールが入ったスパゲッティを食べた。シチリア料理の権威であるPino Correntiは、シチリアでは、祝日のパスタソースに加える具材として、ミートボールは一般的なものであったと記している..."[4]

アニメ作品への登場[編集]

アメリカでは非常に一般的な料理であるため、映画ドラマなどにおいて頻繁に登場する。 作品中で料理名は明示されてはいないが、アニメ作品などでも描かれたことがある。

わんわん物語
主人公の犬のカップルがイタリアン・レストランにてスパゲッティ・ウィズ・ミートボールを食べている背後で、シェフがバンドネオンを弾きながら挿入歌「ベラ・ノッテ(Bella Notte)」を歌うシーンが存在する。
『ディズニーシネマのおいしい食卓』(講談社、ディズニーファン編集部著、2003年12月、ISBN 978-4063240184)では、「ミートボール・スパゲッティ」とされている。
ルパン三世 カリオストロの城
ルパン三世次元大介が、レストランにて山盛りのスパゲッティ・ウィズ・ミートボールを奪い合うように食べるシーンが序盤に存在する。
『空想お料理読本』(メディアファクトリーケンタロウ柳田理科雄共著、ISBN 978-4-8401-3296-1)では、麺の長さと柔軟性から、乾麺ではなく生麺、すなわち生パスタであろうという分析がなされている[5]。また、料理名は「ミートボール・スパゲッティ」とされている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Info on pasta and meat sauce dishes(パスタとミートソースを組み合わせた料理に関する情報) ウェブサイトWordpress.comより
  2. ^ a b Good Eats episode S13E4P1 (食に関するエピソード)
  3. ^ Kyle Phillips
  4. ^ "Info on origins of Spaghetti and meatballs"(スパゲッティ・アンド・ミートボールの起源に関する情報) ウェブサイトAbout.comより
  5. ^ 『空想お料理読本』 p.232、p.233

外部リンク[編集]