スパゲッティ・ウィズ・ミートボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Spaghetti and meatballs.jpg

スパゲッティ・ウィズ・ミートボール (Spaghetti with meatballs) は、スパゲッティトマトソースミートボールによって構成されたアメリカ料理である。

スパゲッティ・アンド・ミートボール (Spaghetti and meatballs) とも呼ぶほか、日本ではスパゲッティ・ミートボールミートボール・スパゲッティとも呼ばれる。本記事においては、記事名で記述する。

日本語に直すと、「ミートボール付きスパゲッティ」とか「スパゲッティのミートボール添え」といった意味である。なお、ソースの種類を変えたバリエーションと、パスタの種類を変えたバリエーションも存在する。

概要[編集]

テレビ番組Food Networkの司会者で記者のアルトン・ブラウンによると、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールが最初に作られたのは20世紀初頭で、最初に作ったのはニューヨーク市に住んでいたイタリア系移民のアメリカ人だという[1]

同じくブラウンによれば、1920年代にアメリカパスタ協会英語版(当時はNational Macaroni Manufacturers Associationという名称だった)が、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールのレシピを最初に出版したという[1]

これに対し、料理評論家で作家のKyle Phillips[2]は、これより以前にイタリアで似た料理を見つけたと主張する。

"...イタリアでは、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールは珍しいが、イタリアにその祖先が存在する。私は、プッリャ州で小さなミートボールが入ったスパゲッティを食べた。シチリア料理の権威であるPino Correntiは、シチリアでは、祝日のパスタソースに加える具材として、ミートボールは一般的なものであったと記している..."[3]

しかし、通常ヨーロッパにおけるイタリア料理の場合、挽肉の入ったソースはフェットゥチーネ(幅の狭いリボン状のパスタ)やタリアテッレ(やはりパスタの1種)にはかけたものの、スパゲッティ(麺状の細長いパスタ)にはかけなかった[4]

メディアへの登場[編集]

作品中で料理名が明示されてはいないが、スパゲッティ・ウィズ・ミートボールと似た料理は、アニメ作品などにも登場したことがある。

わんわん物語
主人公の犬のカップルがイタリアン・レストランにてスパゲッティ・ウィズ・ミートボールを食べている背後で、シェフがバンドネオンを弾きながら挿入歌「ベラ・ノッテ(Bella Notte)」を歌うシーンが存在する。
『ディズニーシネマのおいしい食卓』(講談社、ディズニーファン編集部著、2003年12月、ISBN 978-4063240184)では、「ミートボール・スパゲッティ」とされている。
ルパン三世 カリオストロの城
ルパン三世次元大介が、レストランにて山盛りのスパゲッティ・ウィズ・ミートボールを奪い合うように食べるシーンが序盤に存在する。
『空想お料理読本』(メディアファクトリーケンタロウ柳田理科雄共著、ISBN 978-4-8401-3296-1)では、麺の長さと柔軟性から、乾麺ではなく生麺、すなわち生パスタであろうという分析がなされている[5]。また、料理名は「ミートボール・スパゲッティ」とされている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Good Eats episode S13E4P1 (食に関するエピソード)
  2. ^ Kyle Phillips
  3. ^ "Info on origins of Spaghetti and meatballs"(スパゲッティ・アンド・ミートボールの起源に関する情報) ウェブサイトAbout.comより
  4. ^ Info on pasta and meat sauce dishes(パスタとミートソースを組み合わせた料理に関する情報) ウェブサイトWordpress.comより
  5. ^ 『空想お料理読本』 p.232、p.233

外部リンク[編集]