プッタネスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパゲッティ・アッラ・プッタネスカ

プッタネスカ [1]は、イタリア料理パスタ料理の1つ。

歴史[編集]

イタリアではパスタ料理の名称は必ずパスタの名称を含むため、スパゲッティを用いればスパゲッティ・アッラ・プッタネスカ (Spaghetti alla Puttanesca) 、リングイネを用いればリングイネ・アッラ・プッタネスカ (Linguine alla Puttanesca) が正式な名称である。ソースだけを指す場合は、スーゴ・アッラ・プッタネスカ (Sugo alla puttanesca) と呼ぶ。トマトソース・パスタのバリエーションの1つで、アンチョビオリーブケッパーの塩味や唐辛子の辛味を利かせた、刺激的なナポリの名物パスタである。

名称は「娼婦風のパスタ」を意味する。名前の由来には諸説あり、「娼婦は昼食時にも忙しく、海のものも畑のものもごった混ぜにしてパスタと和えて食べた」説、「娼婦が客をもてなすためのパスタ」説や、「激務の娼婦が体力を回復するために食べたパスタ」説、「刺激的な味わいが娼婦を思わせるパスタ」説、「娼婦同様たまに味わえば美味だが、毎日のように食べれば飽きるパスタ」説など様々である。

ナポリではこのソースをマリナーラ[2]とも呼び、油漬けのツナを加えることもある。1950年より以前は、プッタネスカという名称では知られていなかったという[3]。なお、ナポリでは魚介類の入ったパスタにパルミジャーノ・レッジャーノなどチーズはかけないため、仕上げにオリーブ・オイルで炒めたパン粉をかける。

調理法[編集]

  1. 唐辛子ニンニクオリーブ・オイルで炒め、アンチョビケッパー、黒オリーブを入れて風味をつける。
  2. さらにトマトを入れ、できたソースを茹でたパスタとからめ、黒コショウで調味する。
  3. 皿に盛り、粉チーズと刻みパセリを添えて完成。

プッタネスカが取り上げられた作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ippolito Cavalcanti, La cucina teorico-pratica, ovvero Il pranzo periodico di otto piatti al giorno., Napoli, Stamperia e cartiere del Fibreno, 1844, p. 179.
  2. ^ Vari, Guida gastronomica d'Italia, Milano, Touring Editore, 1931, p. 362, ISBN 9788836529407.
  3. ^ Arthur Schwartz (1998). Naples at Table. Harper Collins. p. 164-166. ISBN 0-06-018261-X. 

外部リンク[編集]