アラビアータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スパゲッティ・アラビアータ

アラビアータ (: all'arrabbiata) とは、イタリア料理で、唐辛子を利かせたトマトソースのこと。

唐辛子を多めに入れたり、オイルに味つけしたりして、唐辛子の味を強くしたトマトソースを作り、それを茹でたパスタに絡めた料理である。好みでバジリコなどのハーブを添えることもある。ペンネで作ると「ペンネ・アラビアータ[1]」、スパゲッティだと「スパゲッティ・アラビアータ[2]」になる。このソースはピザなどにも使われる。 また、調理済みのソースとしても販売されている。

arrabbiataアラビアータ はより忠実に読むとアッラッビアータとなるが、これはイタリア語で「怒り」という意味で、辛くて食べるとまるでカッカと怒っているような顔になるというところからこの呼称が付いた[3]。「おこりんぼ風」とも訳される。 イタリア語では「〜風の」という「all'」を付けるのが正しく、カタカナにすると「アッラッラッビアータ」と読むことになる。

地名のアラビアとの関係はない。

作り方[編集]

一般的な作り方は以下の通りである[4]

  1. オリーブ油をフライパンで温め、スライスしたにんにく鷹の爪を加え炒める。
  2. そこにトマトピューレを加え煮込み、塩で味を調える。
  3. 茹でたパスタを絡める。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ : penne all'arrabbiata
  2. ^ : spaghetti all'arrabbiata
  3. ^ TBS日立 世界・ふしぎ発見!』2010年6月26日 放映[出典無効]
  4. ^ パンチのきいたトマトソースでペン形パスタを味わう ペンネ・アラビアータ”. 2015年1月3日閲覧。