ペスカトーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペスカトーレ
Linguine seafood.JPG
リングイネのペスカトーレ
フルコース メインディッシュ
発祥地 イタリアの旗 イタリア
関連食文化 イタリア料理
提供時温度 熱々
主な材料 スパゲティ
テンプレートを表示

ペスカトーレ(Spaghetti alla pescatora)は、魚介類を用いたトマトソーススパゲッティ[1][2]

概要[編集]

ペスカトーレとはイタリア語で漁師の意味で、もともとは漁師が売れ残りや雑魚外道などをまとめてトマトソースで煮込んだものがはじまりと言われる大衆料理である。これが次第にスパゲッティのソースとして使われるようになった。

ニンニク白ワインといった簡素な味付けに、魚介類それぞれの旨みがトマトソースによって調和され、素朴だが非常にコクのあるスープとなる。そのため、スパゲッティだけでなく、他のパスタともよく合う。一般的には、アサリイカエビカニムール貝ホタテ等がよく使われるが、一定のレシピはなく、好みの魚介類をトマトソースで仕上げた料理にはペスカトーレと付くことが多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]