101回目のプロポーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
101回目のプロポーズ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1991年7月1日 - 9月16日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 山田良明
演出 光野道夫
石坂理江子
脚本 野島伸司
プロデューサー 大多亮
出演者 浅野温子
武田鉄矢
音声 ステレオ放送
オープニング CHAGE&ASKA
SAY YES
外部リンク BSフジ
テンプレートを表示

101回目のプロポーズ』(ひゃくいっかいめのプロポーズ)は、フジテレビ系列の「月9」枠で1991年7月1日から9月16日まで、毎週月曜日21:00 - 21:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ。主演は浅野温子武田鉄矢

概要[編集]

当初は「月9の恋愛ドラマに武田鉄矢が?」との否定的な見方が多く、本人も「なんで浅野さんに俺みたいな縄文土器のような男をぶつけるのかと思った」と製作発表の際に語っているが、一途に爆走する「恋愛ターミネーター」ぶりに視聴者の関心は徐々に高まり、平均視聴率は23.6%、最終回では36.7%という視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

このドラマの名台詞は、再び恋人を失うことを怖いと告白する浅野温子演じる薫の前で、武田鉄矢演じる達郎がダンプカーの前に突如飛び出し、間一髪の所でダンプカーが止まった後に、達郎が絶叫した「僕は死にません。僕は死にません![1] あなたが好きだから、僕は死にません。僕が、幸せにしますからぁ!」(第6話のラストシーン)という台詞であったが、それは同年の流行語(大衆部門・金賞)となった。また、ダンプカーのスタントシーンはスタントマンを使わずに武田鉄矢自らが演じた。

ドラマのBGMに連続ドラマ初担当となる西村由紀江を起用、ピアノやクラシックを重点的に使用するなど、音楽面を重視しており、本作から月9枠のドラマはステレオ放送となった。

主題歌はCHAGE&ASKAの「SAY YES」(オリコンシングルチャートで13週連続1位)。フジテレビは同枠で放送された1990年10月 - 12月の「すてきな片想い」、1991年1月 - 3月の「東京ラブストーリー」、そしてこの作品を「純愛三部作」と名付けた。

1992年にポニーキャニオンからVHSでソフト化され、2001年にフジテレビからDVDが発売された。

系列外の青森テレビでは、15日遅れの火曜日19:00から放送していた。

2012年1月9日からBSフジの「名作ドラマアワー」枠(月曜22:00)、同年2月6日からはフジテレビTWO(月曜23:00)にて再放送。また、同年6月13日からはBSフジで水曜18:00の枠で改めて再放送。

登場人物[編集]

矢吹家[編集]

矢吹 薫〈30〉
演 - 浅野温子
本作のヒロインでオーケストラのチェリスト。3年前、結婚式の当日に事故死した元婚約者・真壁のことが忘れられない。母親の強引な仕切で不本意ながらお見合いをし、達郎と出会う。
矢吹 千恵〈20〉
演 - 田中律子
薫の妹。純平と同じ大学、サークル。純平とはお互いに言いたいことを言い合い、時には口げんかもする気楽な仲。尚人に好意を寄せ、告白するも薫にプロポーズしていることを理由に断られる。そのために薫とは一時、口を利かなかったことがある。
矢吹 孝夫
演 - 小坂一也
薫と千恵の父。はじめは達郎のことを受け入れなかったが、婚約を決めてからは「娘をよろしく」と達郎に頭を下げた。印刷業を営む中小企業の社長で浜松に住む。娘の薫について、トンビがタカを産んだと親戚中からもてはやされたと達郎に自慢し、一緒に酒を飲むシーンがある。娘の薫は父のインクのにおいが大好きで、達郎という土木管理事務所勤務でルックスも良くない中年男性からの求愛に、薫が結婚を決意する潜在的背景をストーリーに提供している。

星野家[編集]

星野 達郎〈42〉
演 - 武田鉄矢
本作の主人公で建設管理会社の万年係長。今まで99回もお見合いをしたが、すべて失敗してきた。弟の純平とともに、弁護士の息子であったが、若くして母を2年前に父を亡くし、20歳年下の弟を養いつつ働く。自身も法学部を卒業したものの、弟に父の家業としての弁護士を継ぐことを期待しサラリーマンへ。のちに会社を辞職してからは、自ら試験に取り組む。
星野 純平〈22〉
演 - 江口洋介
達郎の弟で大学生、法学部所属、アニメ同好会の会長で、新入生歓迎シーズンに、千恵が入会しようとしてきて懇意となる。兄の達郎と千恵の姉である薫とのお見合いが実るように奔走したり、達郎が侮辱されたりすると本気で怒る兄思いの一面がある。兄とはルックス、女性からの人気など対照的に思われがちではあるが、一方で好きな涼子に対しては途端にぎこちなくなり、チャンスを逃すといった「似てないようで似てる」(千恵談)面がある。少年野球の監督もしており、涼子への純平の片思いを相談することで、徐々に千恵との間が親密になる。

薫の関係者[編集]

沢村 尚人〈28〉
演 - 竹内力
オーケストラのバイオリニスト。薫にプロポーズするも、元婚約者を忘れられない薫に断られる。初期の達郎の「ライバル」とも言うべき存在。しかし、達郎が薫との婚約を果たすと潔く負けを認め、薫と達郎の幸せを願う男らしさがある。後にドイツの楽団に誘われ、日本を出るが、その翌日が達郎の司法試験発表の日であった。
石毛 桃子〈34〉
演 - 浅田美代子
薫の親友。楽器店を経営しながらピアノ教室も主宰し、薫の内面を聞き出しつつ、アドバイスをする。達郎へは母性愛から、薫のことをあきらめるなと励ます役目。
真壁 芳之〈35〉
演 - 長谷川初範
薫の婚約者。結婚式の直前に交通事故で病院に担ぎ込まれ、手術のかいもなく死亡。ピアニストでショパンの別れの曲を好む。東京近郊の真壁家のお墓に葬られる。

建設管理会社[編集]

岡村 涼子〈23〉
演 - 石田ゆり子
達郎と同じ会社の受付嬢。偶然、合コンの流れで純平の家(つまり達郎の家でもある)に他の仲間と遊びに来る。料理や洗濯の世話でしばしば家に来るが、べスというだめな犬のペットに達郎が似ていることから好意を寄せていた。達郎には、ピアノを教えるが、実際は弟の純平と過ごす時間が多く、片思いをされるが気づかない。後に尚人を好きになりその理由を「レポート」にまとめてひたむきな思いをぶつける。最後には文通の約束をした。
渋谷 悟〈25〉
演 - 前田真之輔
達郎係長の部下で、達郎が会社を辞任してからも、友人として付き合う。
関谷 祐子
演 - 岩田美香
涼子の友人で、達郎と部下の渋谷とともに、会社の仲間。最後は、渋谷と交際する。
藤井 克巳〈35〉
演 - 長谷川初範
達郎の上司。本来は達郎が課長に就く予定であったが、上役の逆鱗に触れることをしてしまい、その座をフイにし、代わりに藤井が課長に就いた。真壁に顔も声も生き写しで、大阪の支店から東京本社に転勤してきた後、街頭で、達郎とデートして別れたばかりの薫と偶然出会う。達郎の行きつけのピアノバーを紹介され、そこで再び薫と出会い、薫と尚人の音楽演奏会に娘とともに参加することで正式な面識を得る。娘はミカといい(離婚後にも、自身で養育を続けている設定であったが、離婚理由である仕事への情熱優先とは、齟齬をきたしている)、桃子のピアノ教室に通うことで、薫との交際を深める。都心の管理人のいるマンションに住み、娘用の家政婦をやとう。離婚した妻はミカを取り戻そうとしている。婚約をした達郎から薫を一時、奪う。

その他[編集]

  • 美加(藤井克巳の娘) - 田中友香里
  • 達郎の元花嫁 - 平淑恵
  • 達郎の元花嫁の現在の夫 - 須永慶
  • 裕太(薫のピアノ教室の生徒) - 山崎裕太
  • 裕太の母 - 一柳みる

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司
オリコンシングルチャートで13週連続1位を記録する、大ヒット曲となった。なお、ドラマで使用されたのは2番である。

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1楽章 1991年7月01日 運命のお見合い 光野道夫 20.3%
第2楽章 1991年7月08日 一生に一度の賭け 20.9%
第3楽章 1991年7月15日 僕が幸せにします 石坂理江子 19.9%
第4楽章 1991年7月22日 愛が動く時 21.3%
第5楽章 1991年7月29日 愛のない結婚できますか? 光野道夫 21.2%
第6楽章 1991年8月05日 婚約 石坂理江子 19.8%
第7楽章 1991年8月12日 まさかあの人が 光野道夫 18.9%
第8楽章 1991年8月19日 悲しき婚約指輪 23.3%
第9楽章 1991年8月26日 婚約者を取り返せ 林徹 23.4%
第10楽章 1991年9月02日 僕はあきらめない 石坂理江子 26.6%
第11楽章 1991年9月09日 愛の女神よ! 光野道夫 30.5%
終楽章 1991年9月16日 SAY YES 36.7%
平均視聴率 23.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関西地区での最高視聴率38.5%(最終回)。

エピソード[編集]

  • 1993年4月10日「ドリームライブ in 福岡ドームではCHAGE&ASKA武田鉄矢(なお、この3人とも福岡県出身である)とともにステージに登場。CHAGE&ASKAがアカペラで歌う「SAY YES」をバックに武田が「僕は死にましぇん」の台詞を再現した。
  • 「僕は死にましぇん」に関して、武田鉄矢は当初この場面の撮影には乗り気でなかった。危険だからという以前に、既に武田本人に「坂本金八」という教師役のイメージが定着していたため、先生が交通マナーを守らないようなことをしていいのだろうか、というのを気にしてのことである。
  • 「僕は死にましぇん」のシーンではダンプカーが予定した停止位置では止まらず武田鉄矢は思いっきりのけ反って車を交わしているが武田がのけ反っていなければ交通事故になっていたと武田や共演した浅野は裏話として語っている。
  • 当初はハッピーエンドではなく武田が振られる予定だったが、視聴者から「主題歌のようなハッピーエンドを」という要望が殺到した為、急遽ハッピーエンドになったと言われている。
  • ドラマが非常に好評を得ていたことから当時、フジテレビ系列の番組で様々なパロディが作られた。中でもアニメ『ドラゴンボールZ』において「男だねェ…クリリン101回目のプロポーズ」というオリジナルストーリーが放送されクリリンがアニメのオリジナルキャラクターに恋して振られるエピソードが放送された。
  • 2010年7月12日放送分の「SMAP×SMAP2時間越えスペシャル」のビストロSMAPにおいて、1991年の連続ドラマの打ち上げ以来という、浅野温子と武田鉄矢の約20年振りの共演が実現し、撮影当時の裏話をSMAPとトークし、ファンが選ぶ名シーンベスト3も選出された。

中韓合作版[編集]

101回目のプロポーズ
各種表記
繁体字 第101次求婚
簡体字 第101次求婚
拼音 Dìyìbăiyícìqíuhūn
発音: ディイーバイイーツーチュウフン
テンプレートを表示

「101回目のプロポーズ」のリメイク作品として、2003年に製作された中華人民共和国韓国合作のテレビドラマ。原題は『第101次求婚』。全20話。日本でもWOWOWフジテレビ721などで放送された。ヒロインのチェリストを韓国の女優チェ・ジウ、チェリストに求婚する男(武田鉄矢の役)を香港の俳優スン・シン孫興)が演じる。日本での名場面(第6話のラストシーン)も翻案されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

韓国版[編集]

101回目のプロポーズ
各種表記
ハングル 101번째 프러포즈
漢字
発音 ペッカンボンチェ プロポジュ
テンプレートを表示
101回目のプロポーズ
ジャンル テレビドラマ
放送期間 2006年5月29日 - 7月25日(15回)
放送国 韓国の旗 韓国
制作局 SBS
企画 キム・ヨンソプ
製作総指揮 イ・ヒョジョン
ナ・ジョンギュ
監督 チャン・テユ
脚本 ユン・ヨンミ
出演者 イ・ムンシク
パク・ソニョン
ソン・チャンウィ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2006年、韓国SBSがリメイク作品を製作、同年5月29日から7月25日までSBS月火ドラマ (SBS 월화드라마) の枠にて放送した。全15話。同曜日・同時間帯に別のテレビ局で放送されていた『朱蒙』の存在故、視聴率面では1桁台に留まり[2]、また別番組の放送予定があったため放送が15話に短縮された[2]。主人公をイ・ムンシクが、ヒロインをパク・ソニョンが演じた[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画 - キム・ヨンソプ
  • 製作 - イ・ジンソク、キム・ヘソン
  • 製作総指揮 - イ・ヒョジョン、ナ・ジョンギュ
  • 監督 - チャン・テユ
  • 脚本 - ユン・ヨンミ[5]

純愛三部作[編集]

舞台版[編集]

2012年3月の博多座公演にて『時代劇版・101回目のプロポーズ』が上演された[6]。脚本は鈴木哲也マキノノゾミ、演出は齋藤雅文が担当した。設定は江戸時代に移し替えられ、「武田鉄矢が浅野温子に一途な思いを寄せる」という基本プロット以外は、ストーリー・キャラクターとも大きく変更されている[7]。併演は、『海援隊 トーク&ライブ』。

映画版[編集]

101回目のプロポーズ
101次求婚
監督 陳正道
脚本 張巍
任鵬
製作 張文伯
出演者 黄渤
林志玲
高以翔
秦海璐
製作会社 新麗傳媒股份有限公司
フジテレビジョン
亞細亞時代文化傳媒有限公司
威秀電影亞洲公司
中國電影股份有限公司
配給 新麗傳媒股份有限公司
中國電影股份有限公司
聯瑞(北京)文化傳媒有限公司
山水國際娛樂股份有限公司
製作国 中華人民共和国の旗 中国
日本の旗 日本
言語 中国語
テンプレートを表示

101回目のプロポーズ ~SAY YES~』は2013年の春節にあわせて公開された中日合作映画。日本では同年10月19日に公開された。

パロディ[編集]

  • ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! - 『約101回目のプロポーズ』
  • FNS27時間テレビ - 『約1回目のプロポーズ』 :番組内のショートドラマとして数回によって放送。その中で、「101回目~」の脚本家である野島が「パロディにしていただいてありがとうございます」とインタビューに答えている。本家の出演者である武田鉄矢も出演。FNS版の脚本は鈴木おさむ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田のハイテンションな演技の影響で、一般的には良く「僕は死にましぇん ! ! 」と、ワザとクズしたセリフ表記が用いられる。
  2. ^ a b ドラマ『101回目のプロポーズ』、放送終了が早まる
  3. ^ ただし、設定をチェリストからアナウンサーに変更している。101回目のプロポーズ innolife.net (2012.2.4 03:]14 (UTC) 閲覧) 参照。
  4. ^ 以上は출연진 (朝鮮語) SBS公式サイト (2012.2.4 03:08 (UTC) 閲覧) より。
  5. ^ 以上は제작진 (朝鮮語) SBS公式サイト (2012.2.4 03:26 (UTC) 閲覧) より。
  6. ^ http://www.hakataza.co.jp/propose/
  7. ^ http://www.hakataza.co.jp/propose/intro/index.php

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
学校へ行こう!
(1991.4.8 - 1991.6.24)
101回目のプロポーズ
(1991.7.1 - 1991.9.16)
逢いたい時にあなたはいない…
(1991.10.7 - 1991.12.16)