イ・ジュンギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・ジュンギ
이준기
이준기
生年月日 1982年4月17日(32歳)
出生地 大韓民国釜山広域市
身長 178cm
血液型 B型
職業 俳優モデル、歌手
活動期間 2001年 -
公式サイト SPLENDOR Lee Joon Gi Japan Official Fanclub
主な作品
イルジメ〜一枝梅』『王の男』『犬とオオカミの時間
イ・ジュンギ
各種表記
ハングル 이준기
漢字 李準基
発音: イ・ジュンギ
ローマ字 Lee Joon-gi
テンプレートを表示

イ・ジュンギ(李 準基、이준기1982年4月17日[1] - )は、韓国俳優。身長178cm、体重63kg、血液型B型[1]釜山出身。

略歴[編集]

  • 2001年「So, Basic」の紙面広告モデルとしてデビュー。
  • 2004年『ホテルビーナス』でボーイ役を演じ、映画デビュー。
  • 2005年『王の男』で中性的なコンギル役を演じ、韓国で「綺麗な男シンドローム」「イ・ジュンギ旋風」を巻き起こす。
  • 2008年「My Jun My Style」で歌手デビュー。
  • 2008年 視聴率30%を超えた『イルジメ〜一枝梅』で主人公を演じSBS演技大賞最優秀男優演技賞受賞。
  • 2009年『ヒーロー』でMBC演技大賞人気賞受賞。
  • 2009年 マキシシングル『J-STYLE』を発売。各チャート1位を獲得。
  • 2009年 韓国を皮切りに中国と日本でファンミーティングを開催。
  • 2009年 神戸、横浜でファンミーティング「2009 in JAPAN for SPLENDOR」を開催。
  • 2010年5月3日忠南論山陸軍訓練所に入所して、5週間の基礎軍事訓練を受けた後、現役で軍服務に臨む。(同年4月30日自身のミニホームページに"一歩遅れた入隊だが、誰より堂々としていて格好良く無事に終えてくる計画"と明らかにした。彼は当初映画『グランプリ』とドラマ『神医』を撮影する計画だったが、入隊で出演することができなくなった)
  • 2012年2月16日軍隊服務を終え除隊。

人物・エピソード[編集]

  • 顔つきが日本人に似ていたため、学生時代に「ナカムラさん」というあだ名を付けられた。
  • ホームページに親日であると書いたため韓国で強い非難を受けた。その後、日本を好きというのは冗談であり、思慮が足りない言葉であったと謝罪している[2]
  • 高校卒業後、俳優を目指して単身ソウルに上京。様々なアルバイトをしながら200以上のオーディションを受けた。
  • 上京時の持ち金は30万ウォン(約2万2千円)のみ。俳優になることを両親から反対されていた為仕送りなどは全くなく生活費の為いくつかのバイトをかけもつ。
  • 住み込みでバイトしていた時の部屋は店の屋上にあるゴキブリの多い小さな部屋だった。バイトとオーディションのつらい日々が続いていたがその時の苦労があってこそ今の自分があるとインタビューで語っている。
  • ホテルビーナスの撮影の為に来日した際、所属事務所の経営も苦しかった為滞在経費が出ずマネージャは帰国、ジュンギ一人が日本に残り撮影を続けた。その後ホテルと撮影を往復する日々の中で生活費の為に居酒屋でバイトも始める[3]
  • 特技はダンスとテコンドー。舞台挨拶やコンサートでたびたび腕前を披露している。
  • 性格は情熱的であり、親しい友人には「火のようだ」と言われるという。
  • 2005年『王の男』で中性的な役を演じたが、ジュンギ自身は長身で声も低かったため、共演者のカム・ウソンに「どうしてジュンギがこの役なの?」と不思議がられた。
  • 酒好きで、飲むときは倒れるまでとことん飲むタイプ。ただし、撮影期間中は飲まないよう自粛しているようである。
  • 2008年7月:10月に開催される『ソウル韓流フェスティバル』の広報大使に委嘱された。
  • 2008年8月11日:法制局60周年記念行事で、「名誉法制官」に任命された。
法制処によると、法令文化を身近なものにし、法制業務に対する国民参加や関心を高めるため、ドラマ『イルジメ〜一枝梅』などで親しまれているイ・ジュンギを名誉法制官に任命したとのこと。
  • 座右の銘・好きな言葉は「若い頃の苦労は買ってでもしろ」日本のインタビューで日本語で答えているが、韓国にも同じ意味の言葉があるとのこと。
  • カトリックの為十字を切る姿も映されることがあり、デビュー当時からつけているピアスの十字架は亡くなった祖母の愛蔵品を利用して作ったもの。
  • 『王の男』以降に出演した映画二本が相次いで興行に失敗した事により改めて俳優として初心から出直すきっかけになったとトーク番組で語っている[3]
  • 『王の男』ボーナス出演料や化粧品VOVのモデル料を全額寄付するなどチャリティー活動を行う事が多い。その為アジア各地でファンが彼の名前で寄付をする事が頻繁に行われている。

吹き替え[編集]

日本語吹き替えは『王の男』以降は石田彰がほぼ専任しており、『フライ・ダディ』では対談も行っている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ミュージカル[編集]

  • 生命の航海(2010年)

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

  • 男性化粧品ブランド 「VONIN」(韓国)
  • 女性化粧品ブランド 「LacVert」(韓国)
  • ロッテ飲料水 「美女はザクロがお好き」(韓国)
  • サムスン電子 携帯電話 「Anycall」(韓国)
  • 衣料品ブランド 「SPRIS」(韓国)
  • 男性用シャンプー 「LONGLIQI(隆力奇)」(中国)
  • 清涼飲料水 「Pepsi」(中国)
  • music.jp(2012年、日本)

作品[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • My Jun My Style(2008年07月31日)
  • J-style(2009年04月21日)
  • Deucer(2012年04月25日)

アルバム[編集]

  • 1st Mini Album 褒めてくれ(2012年05月02日)

DVD[編集]

  • 韓流スター スペシャル・トークDVD(2007年02月23日)
  • 「フライ・ダディ」の世界 -イ・ジュンギの挑戦-(2007年)
  • 素顔のイ・ジュンギ -1st コンサート in ソウル-(2008年01月25日)
  • 素顔のイ・ジュンギ プレミアム・エディション-(2008年03月28日)
  • 素顔のイ・ジュンギ in 犬とオオカミの時間メイキング(2009年01月30日)
  • REUNION JG(2012年05月02日)

写真集[編集]

  • O'boy - for SPLENDID 2WENTIES of LEEJOONGI -(2011年06月04日)

書籍[編集]

  • イ・ジュンキといっしょにアンニョンハセヨ 韓国語1 日本語版(2010年06月10日 Mari Books)
パソコン用オーディオDVD付き
  • イ・ジュンキといっしょにアンニョンハセヨ 韓国語1 日本語版 [4](2010年10月30日 ソフトバンククリエイティブ)
CD2枚付き

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年7月16日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ a b 『黄金漁場 - 膝打ち導師』(MBC
  4. ^ ソフトバンククリエイティブ 商品情報ページ

外部リンク[編集]