幸徳事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幸徳事件(こうとくじけん)とは、大逆事件の一つ。明治天皇を爆裂弾で暗殺しようとした計画が発覚、この事件をきっかけに多くの社会主義者、アナキストに対して取り調べや家宅捜索が行なわれ、社会主義者を根絶する弾圧を政府が主導し、捏造したとされる事件。一般に「大逆事件」と言われる際は、この幸徳事件を指す。幸徳秋水事件ともいう。

概要[編集]

明科事件[編集]

明治天皇暗殺計画に関与したのは、幸徳秋水宮下太吉管野スガ新村忠雄古河力作の5名であり、幸徳は実行計画には関与せず著作に専念したとされる[1]。宮下は長野県東筑摩郡中川手村明科(現・安曇野市)の明科製材所で爆裂弾を製造、1909年(明治42年)11月3日に同村大足で爆破実験をおこなった[1]1910年(明治43年)1月に千駄ヶ谷平民社で実行計画が練られた[1]

逮捕・判決・処刑[編集]

1910年(明治43年)5月25日に多数の社会主義者・無政府主義者の逮捕・検挙が始まり、1911年(明治44年)1月18日死刑24名、有期刑2名の判決1月24日に11名が、1月25日に管野スガが処刑された。

布施柑治によると、幸徳秋水は審理終盤に「一人の証人調べさえもしないで判決を下そうとする暗黒な公判を恥じよ」と陳述した、とされている[2]

刑死した人物は、幸徳秋水、管野スガ、森近運平、宮下太吉、新村忠雄、古河力作、奥宮健之大石誠之助成石平四郎松尾卯一太新美卯一郎内山愚童の12人。特赦無期刑で獄死した人物は、高木顕明峯尾節堂岡本穎一郎三浦安太郎佐々木道元の5人。仮出獄できた者は坂本清馬成石勘三郎崎久保誓一武田九平飛松与次郎岡林寅松小松丑治の7人。

赤旗事件で有罪となって獄中にいた大杉栄荒畑寒村堺利彦山川均は事件の連座を免れたが、この事件の影響で、社会主義運動は数多くの同志や仲間を失い、しばらくの期間、運動が沈滞したため、「社会主義冬の時代」と呼ばれる。

抗議運動[編集]

判決の2ヶ月前の1910年(明治43年)11月22日を皮切りに、アメリカのアナキスト、エマ・ゴールドマンらがニューヨークで抗議集会を開くなどの抗議運動を展開し、全米に抗議運動が広がった。さらにイギリスフランスにも抗議運動が起こり、各国の日本大使館に抗議デモが押し寄せた。 [3] [4]

復権[編集]

1960年代に復権の動きが起こり、関係資料が発見されて事件の全容が明らかになった。「大逆事件の真実をあきらかにする会」を中心に、再審請求などの運動が推進された。2001年(平成13年)には新宮で犠牲者を顕彰する会が生まれるなど、2014年(平成26年)現在でも事件の検証と犠牲者の復権への運動は続いている。

関連年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 荻野富士夫
  2. ^ 布施 1974 [要ページ番号]
  3. ^ 『人物叢書 幸徳秋水』西尾陽太郎(吉川弘文館)311p
  4. ^ 『大逆事件 生と死の群像』田中伸尚(岩波書店)88p

参考文献[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]