オートノミズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上げた握り拳はオートノミズムの抵抗のシンボル。オーストリア ウィーンErnst-Kirchweger-Hausに描かれたもの。

オートノミズムまたはアウトノミズム:Autonomism、自治主義、自律主義)は、政治思想の分野では、社会主義などの思想や運動の1つである。

オートノミズムの主な理論体系は、最初は1960年代にイタリア労働者主義共産主義から生まれ、後にシチュアシオニスト・インターナショナル(SI)の影響でポストマルクス主義アナキズムの傾向ともなり、1970年代のイタリアの極左運動の失敗後、アントニオ・ネグリなど多数の重要な理論家が生まれた。これらはドイツのオートノミズム主義者や、世界規模のSocial Centre movementに影響を与えた。

今日ではイタリア、フランス、英語圏の一部などに影響を持つ。オートノミストは自分自身を、マルクス主義からポスト構造主義やアナキズムへの変化と説明する。


マルクス主義オートノミズムの理論[編集]

マルクス主義オートノミズム(Autonomist Marxism)は、他のマルクス主義とは異なり、労働者階級には国家や労働組合政党に頼らなくても資本主義体制を強制的に変革する能力がある、と強調する。彼らは政党や政治組織にあまり関与せず、代わりに伝統的な組織構造の外部での自己組織化された行動に重点を置く。つまり「ボトムアップ」な理論であり、労働者階級の資本主義への日々の抵抗として欠席主義、怠業、職場の社会主義化などの活動に注目する。

他のマルクス主義と同様に階級闘争を中核的に重視するが、他のマルクス主義よりも「労働者階級」を幅広く定義し、ホワイトカラーブルーカラーの両方を含む賃金労働者だけでなく、伝統的には労働組合の対象とされていない非賃金労働者である学生、非雇用者、家政婦なども含める。

初期の理論家のMario Trontiアントニオ・ネグリSergio BolognaPaolo Virnoなどは、マルクス主義の労働の概念を超えた「無形」(immaterial)の「社会労働」(social labour)に注目した。この考えは、現代の社会的富は計算できない集約的な労働によって生産されており、その富の僅かな一部のみが賃金の形で労働者に再配分されている、とする。他のイタリアのオートノミスト、特にMariarosa Dalla CostaSilvia Federiciなどのフェミニストは、フェミニズムや資本主義社会に対する非賃金の女性労働の重要性を強調する。


参照[編集]

出典[編集]

  • (フランス語) L’Autonomie. Le mouvement autonome en France et en Italie, éditions Spartacus 1978
  • (フランス語) Autonomes, Jan Bucquoy and Jacques Santi, ANSALDI 1985
  • (フランス語) Action Directe. Du terrorisme français à l’euroterrorisme, Alain Hamon and Jean-Charles Marchand, SEUIL 1986
  • (フランス語) Paroles Directes. Légitimité, révolte et révolution : autour d’Action Directe, Loïc Debray, Jean-Pierre Duteuil, Philippe Godard, Henri Lefebvre, Catherine Régulier, Anne Sveva, Jacques Wajnsztejn, ACRATIE 1990
  • (フランス語) Un Traître chez les totos, Guy Dardel, ACTES SUD 1999 (novel)
  • (フランス語) Bac + 2 + crime : l’affaire Florence Rey, Frédéric Couderc, CASTELLS 1998
  • (フランス語) Italie 77. Le « Mouvement », les intellectuels, Fabrizio Calvi, SEUIL 1977
  • (イタリア語) L'operaismo degli anni Sessanta. Da 'Quaderni rossi' a 'classe operaia', Giuseppe Trotta e Fabio Milana edd., DERIVEAPPRODI 2008
  • (イタリア語) Una sparatoria tranquilla. Per una storia orale del '77, ODRADEK 1997
  • (ドイツ語) Die Autonomen, Thomas Schultze et Almut Gross, KONKRET LITERATUR 1997
  • (ドイツ語) Autonome in Bewegung, AG Grauwacke aus den ersten 23 Jahren, ASSOCIATION A 2003
  • (英語) The Subversion of Politics: European Autonomous Social Movements and the Decolonization of Everyday Life Georgy Katsiaficas, AK Press 2006
  • (英語) Negativity and Revolution: Adorno and Political Activism London: Pluto Press, 2009 John Holloway ed. with Fernando Matamoros & Sergio Tischler ISBN 978-07453-2836-2
  • (英語) Autonomia: Post-Political Politics, ed. Sylvere Lotringer & Christian Marazzi. New York: Semiotext(e), 1980, 2007. ISBN 1-58435-053-9, ISBN 978-1-58435-053-8. Available online at Semiotext(e)
  • (英語) Storming Heaven: Class composition and struggle in Italian Autonomist Marxism, Steve Wright, University of Michigan Press ISBN 0-7453-1607-9
  • (Greek) Νοέμβρης 73. Αυτοί οι αγώνες συνεχίζονται, δεν εξαγοράζονται, δεν δικαιώθηκαν, ed. Αυτόνομη Πρωτοβουλία Πολιτών. Athens 1983.
  • (Greek), Αναμνήσεις, Άγης Στίνας, υψιλον, Αθήνα 1985
  • (Greek), Το επαναστατικό πρόβλημα σήμερα, Κορνήλιος Καστοριάδης, υψιλον, Αθήνα 2000

関連項目[編集]

思想家[編集]

運動と組織[編集]

出版物[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]

資料[編集]

その他[編集]