民族アナキズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
民族アナキズム運動(National Anarchism Movement)のシンボル。伝統的なアナキズムの多くがシンボルとしている黒旗を背景としている。

民族アナキズム(英語: National Anarchism)は、ナショナリズムアナキズムを結合した政治思想の1つ。急進主義的反資本主義反マルクス主義反国家主義を掲げ、民族主義現代的部族主義を強調する[1]

民族アナキズムは、予想される人種戦争と資本主義体制崩壊への前哨戦として、国家経済から離脱し、歓迎されない民族や国家当局の立ち入りを禁止した、新民族運動(en)の共同体のための自治社会建設を目指している[1]

概要[編集]

「民族アナキズム」の用語は少なくとも1920年代に登場したが[1]、後に保守革命や伝統主義、第三の位置新右翼、アナキズム各派などの思想統合を推進したイギリスの思想家トロイ・サウスゲート(en)によって最初に再定義され、1990年代までに普及した[2]

このため民族アナキズムは、伝統的な左翼・右翼政治的スペクトルは時代遅れで、中道地方分権パラダイムに置き換えられるべきとの立場から、「左と右を超越する」との政治的にシンクテティックな立場を保持する事を主張している[3]

民族アナキズムに批判的な学者は、民族アナキズムは通常の右翼思想より、更に急進的な変化を表しているとしている[4][5][6]。民族アナキズムは左翼右翼の両方の側から懐疑と敵意を受けている。左翼の側からは、民族アナキズムは現代社会の課題に対する洗練された左翼アナキズムの思想を悪用しており、単にネオ・ファシズムによる解決方法を提示している、と批判している。右翼の側からは、民族アナキズムはアナキズムの歴史的・哲学的な背景を考慮をせずにアナキストを自称することで過激派風を望んでいる、と批判している[7][8][9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

書籍・雑誌
報道記事
オンライン資料

外部リンク[編集]