厚揚げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の厚揚げ
生揚げと油揚げの比較

厚揚げ(あつあげ)は、1丁から半丁程度に切った豆腐を油で揚げた食品であり揚げ豆腐の一種。油揚げとは違い、中が豆腐の状態を保つように十分に揚げないので生揚げ(なまあげ)とも呼ばれる[1]。厚い油揚げ[2]は「厚揚げ」とは呼ばない。

概要[編集]

表面のみを油で揚げることで、豆腐の食感を残したまま香ばしさが加わっており、また煮物にした際の味の染み込みも良い。また、絹ごし豆腐を使用したものは「絹厚揚げ」と呼ばれ、通常の生揚げよりも柔らかく食感がなめらかである。最近ではもっちりとした食感のものなども販売されている。

作り方は、しっかり水を切った豆腐を半丁程度に切り、180℃から200℃の高温ので揚げる。表面が濃いきつね色になったら、油から上げる。「生揚げ」の名の通り、十分に揚げず[3][4]に中身を生豆腐の状態に保つことがポイントとなる。

油揚げのように調味しない料理が多く、焼いたり(厚揚げ焼き・焼き厚揚げ)煮たり暖めて生姜醤油で食べる事もあり、その他は、おでんの種にしたりすることが多い。おでん以外の煮物料理も多い。

出典[編集]

  1. ^ 全豆連 豆腐加工食品 で詳しく説明。また名称は「生揚げ」。
  2. ^ 栃尾の油揚げ 厚さが3cmあるが、中まで完全に揚がっている油揚げ
  3. ^ goo辞書 生揚げ「揚げ方が不十分なこと」
  4. ^ Yahoo辞書 生揚げ「十分に揚げていないこと」

関連項目[編集]