イカフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イカフライ(カラマリ)

イカフライとは、イカをまぶしてで揚げる料理である。胴体を筒切りにしたものはイカリング、あるいはカラマリ (calamari, fried calamari) とも呼ばれる。フードプロセッサーで挽いたイカを丸めて、衣をつけ揚げたものは「イカボール」と呼ばれる。パン粉を使用したフライ風のものとから揚げ風のものがある。イカを乾燥させて粒状にしたものをでん粉に混ぜ、衣をつけて揚げた魚介加工品もある。

料理[編集]

加熱しすぎると身が固くなるため、2分程度ですばやく揚げる。また、破裂を避けるために皮を丁寧に剥くことが肝要である。隠し包丁を細かく十字状に入れることで、柔らかく歯で噛み千切れるように仕上がる。

トルコ料理ギリシア料理イタリア料理シーフードレストランでは主要な料理である。パセリパルメザンチーズを添え、前菜として供される。ジャジキ (tzatziki) やトマトソースなどのソースをつけて食べることが多いが、ケチャップアイオリ (aioli)、オリーブ・オイルが使われることや、あるいはなにもつけずそのまま食べられることもある。また、しばしばレモン輪切りが添えられる。中華料理ではさいの目切りにして衣をつけて揚げ、唐辛子で味付けする。

冷凍食品としても販売されており、弁当おかずに使われることも多い。

加工品[編集]

イカフライ(加工品)

イカを乾燥させて粒状にしたものをでん粉に混ぜ、衣をつけて揚げる。駄菓子酒肴として販売される。そのまま食べるほか、お好み焼きの具として使われることもある。イカの胴体(ひれと外套膜)を模した形に成型されていることが多い。イカ天と呼ぶ地方もある。