短冊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
七夕の笹飾り。様々な色の短冊が吊り下げられている

短冊(たんざく)は、細長く切ったや薄いのこと。

概要[編集]

主にを書いたりしるしとして色々なものに付けたりするものである。

現代における短冊は、七夕の行事の一環として願い事を書く目的で用いる、折り紙を細長く切ったものが有名であるが、元々は短歌俳句を詠む際に使われる分厚く装飾が施された紙片のことを指し、その書式には古来より慣例とされる作法がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]