チキンカツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チキンカツ

チキンカツチキンカツレツ英語: chicken katsuchicken cutlet)または鶏カツとは、鶏肉小麦粉、溶きパン粉をまぶして、多量の食用油脂を用いて揚げ料理。「豚カツ」・「牛カツ」の素材を鶏肉(チキン)とした日本の料理。

概要[編集]

豚肉を用いる豚カツ牛肉を用いるビフカツ(牛カツ)などと同様に、日本独自の多量の油で揚げる手法で「鶏肉」を調理したものである。

日本風のチキンカツはアメリカ合衆国ハワイで非常にポピュラーな惣菜となっており、プレートランチの定番メニューとして親しまれている。

歴史[編集]

江戸時代1860年万延元年)に福澤諭吉が発表した『増訂華英通語』(広東語・英語対訳の単語集にカタカナで読みと訳語を書き加えたもの)[1]には「Fowl cullets[1]」「吉列鶏(フェヲル コルレッ)」という語が載っており、これはチキンカツを意味する[2]が、日本語の訳語は付けられていない。同書には別項で「吉列 cutlet コットレト」 [2]も立てられているが、牛肉や豚肉を使うものは記載されていない。

明治時代に肉料理が食べられるようになり、牛肉から豚肉鶏肉へと応用が広がるなかで、チキンカツも作られた。ただ、明治時代から昭和初期までは名称がまだ固定されておらず、例えば1931年(昭和6年)の『料理する人の爲に』[3]には「ヒヨコのカツレツ」の名でひな鳥に餅皮を砕いたものを付けて油で揚げるもの[4]を載せており、レモン汁をかけて食べるとしている。チキンカツという呼称は第二次世界大戦後に広がったものである。

呼称、語源の歴史はカツレツに準じる。

種類[編集]

チキンカツの素材は、もも肉胸肉ささみなどが用いられる。ささみを使用した場合は「ささみカツ」などと呼ばれる。

味付けも様々であり、味付け方法も、衣を付ける前の味付けと、衣を付けて揚げた後の味付けに分けられる。

衣を付ける前の味付けには、コショウナツメグカレー粉バジリコをはじめとするスパイスハーブ類などによる下味、チーズ梅肉紫蘇など追加する素材によるバリエーションがある。

またソースもウスターソースとんかつソースドミグラスソーストマトソースタルタルソースレモン汁、大根おろしコショウなどのバリエーションがある。

また、衣もパン粉以外にアーモンドスライス、白胡麻などを応用で使う場合がある。

豚カツとの類似

豚カツ店のメニューとなっている事がある。また、豚カツや牛カツを使用した料理にとって代わる事が多い。チキンカツをご飯の上に乗せててソースをかけた「チキンカツ丼」、卵とじにする「親子カツ丼」料理があり、カツサンドに使用される事もある。

別種の料理

同じ鶏肉を油で揚げたものでも、とり天や鶏の唐揚げは、別の料理である。

脚注[編集]

  1. ^ fowl cutletが正しいと考えられる。
  2. ^ 「吉列鶏()」は広東語で「カッリッカイ」と読む。現在香港では「吉列雞扒 カッリッカイパー」などとも呼ぶ。
  3. ^ 前田辨之助、『料理する人の爲に』p675、1931年、京都、日本婦人割烹講習會
  4. ^ 同書では他の肉ではパン粉を付けて揚げるとしている。

関連項目[編集]