ザジキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザジキ

ザジキまたはジャジキギリシア語 τζατζίκι)とは、ギリシャメゼまたは前菜の一つであり、スブラキギロピタに添えるソースとして使われる。

調理[編集]

ザジキは、通常ヒツジまたはヤギの乳から作る水切りヨーグルト (Strained yoghurtキュウリニンニク、塩、オリーブ・オイルコショウイノンドを加えて作る。レモン果汁、パセリミントを加える場合もある。キュウリはピュレして水分を絞るか、種を除いて微塵切りにする。さらにオリーブ・オイル、オリーブハーブを仕上げに加える場合もある。ザジキは冷たいまま供される。

使用[編集]

観光客向けレストランや国外では、ザジキは前菜としてパン(普通のパンまたはピタ)と共に供される。ギリシャ、キプロスおよび地中海地域では、この料理は肉料理のつけあわせとしても使われる。酸味が脂っこさを軽減するため、ザジキはスブラキギロピタのソースとしても使われ、この場合特にアメリカ合衆国ではキュウリソース(cucumber sauce)と呼ばれる。

各国での種類[編集]

ジャジュク

ギリシャのザジキは、トルコ料理ジャージュク (Cacıkに由来する[1]。ジャージュクはザジキと同じ材料を用いるが、水分が多い。

キプロスでは、この料理はタラトゥーリ(ttalattouri, タラトール Tarator 参照)と呼ばれ、ギリシャと異なりニンニクは少なく、ハーブやミントを加える。ギリシャのセファルディムもこれをタラトールと呼ぶ。

ブルガリアおよびマケドニア共和国では、同じ料理は「タラトール」あるいは「水分の少ないタラトール」(ブルガリア語 сух таратор, マケドニア語 сув таратор または таратур )または「スネジャンカ」サラタ(салата "Снежанка", 「白い雪のサラダ」)と呼ばれ、アペタイザーとして供される。ヨーグルト(ブルガリア語 кисело мляко, マケドニア語 кисело млеко )を布に包んで数時間吊るし、水切りヨーグルト(ブルガリア語 цедено кисело мляко, マケドニア語 цедено кисело млеко)にしてから、キュウリ、ニンニク、挽いたクルミ、塩および植物油を加える。

イラクではジャジーク(ججيك、jajeek)として知られ、一般にメゼとしてアルコール飲料、特にナツメヤシから作るアラックと共に供される。

カフカース山脈でオヴドゥフ(ovdukh)と呼ばれる類似の料理は、ヨーグルトの替わりにケフィアを使用し、さっぱりした夏の飲み物となる。これを野菜、茹で卵ハムの上からかけると「カフカース式オクローシカ」と呼ばれるオクローシカの一種を作ることができる。

イランにはザジキに類似した「マースト・ヒヤール」(mast-o-khiar、「キュウリ入りヨーグルト」)という料理がある。より濃厚な水切りヨーグルトを使用し、薄切りのキュウリ、ニンニク、ミントを混ぜ入れ、砕いたクルミやバラの花弁を加えることもある。

ヨーグルトの水切りには時間がかかるため、アメリカ合衆国では、ヨーグルトの替わりにサワークリームを使ったり、ヨーグルトとサワークリームを混ぜてザジキを作ることがある。しかし、現在は色々な脂肪分のギリシャ式水切りヨーグルトがスーパーマーケットで販売されるようになり、濃いヨーグルト製のザジキを短時間で調理することができるようになった。

ザジキは北インドラーイター (Raita南インドパチャディ (Pachadiと比較されることがある。ラーイターやパチャディもヨーグルトをベースにした冷たい野菜料理であるが、キュウリ以外の野菜を使用することもあり、さっぱりした副菜として他の料理と共に供される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Encarta Online Dictionary - tzatziki

関連項目[編集]