きな粉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きな粉(全粒大豆)[1]
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 1,828 kJ (437 kcal)
炭水化物 31.0 g
- 食物繊維 16.9 g
脂肪 23.4 g
- 飽和脂肪酸 3.38 g
- 一価不飽和脂肪酸 4.52 g
- 多価不飽和脂肪酸 12.62 g
タンパク質 35.5 g
水分 5.0 g
ビタミンA相当量 0 μg (0%)
- βカロテン 0 μg (0%)
ビタミンB1 0.76 mg (58%)
ビタミンB2 0.26 mg (17%)
ビタミンB3 1.8 mg (12%)
パントテン酸(ビタミンB5 1.33 mg (27%)
ビタミンB6 0.58 mg (45%)
葉酸(ビタミンB9 250 μg (63%)
ビタミンB12 (0) μg (0%)
ビタミンC 0 mg (0%)
ビタミンD (0) μg (0%)
ビタミンE 20.2 mg (135%)
ビタミンK 37 μg (35%)
カルシウム 250 mg (25%)
鉄分 9.2 mg (74%)
マグネシウム 240 mg (65%)
リン 520 mg (74%)
カリウム 1900 mg (40%)
塩分 1 mg (0%)
亜鉛 3.5 mg (37%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

きな粉(きなこ、黄粉)は、大豆を炒って皮をむき、挽いたである。加熱により大豆特有の臭みが抜け、香ばしい香りになる。語源は「なる粉」で[2]黄な粉とも書く。

ただし実際には黄色とは限らず、黄大豆を原料にしたきな粉は黄褐色なのに対し、青大豆を原料にしたきな粉は淡緑色なので、青きな粉うぐいすきな粉と呼ばれる。

きな粉を使う食品[編集]

きな粉を草大福にまぶしている様子

にからめて食べたり、和菓子の原料とする。和菓子できな粉をそのまま使ったものとしては、州浜きなこねじりがある。また、牛乳豆乳などに混ぜて飲むこともある。

きな粉の栄養[編集]

きな粉には多くの蛋白質が含まれている。また、食物繊維も多く含まれているため、便秘改善に役立つ。また、粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養素を効率的に摂取することが出来る。他にもカルシウムマグネシウムカリウムリンなどのミネラルも多く含まれている。その利便性から、近年では[いつ?]プロスポーツ選手も牛乳に溶かすなどしてよく摂取している。

昨今の[いつ?]健康食品ブームで、黒豆から作られるきな粉が人気である。黒豆には抗酸化物質アントシアンが含まれている。アントシアンには活性酸素を自らが犠牲になって吸収・還元する作用が期待されている。ただし、ガン糖尿病等の生活習慣病の予防効果があると謳(うた)われている点については医学的な裏付けはされていない。また他にも、黒ゴマ抹茶の配合されたきな粉など、様々なきな粉が販売されている。

出典[編集]

  1. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  2. ^ 佐藤武義『日本語の語源』 明治書院

外部リンク[編集]