豆腐よう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豆腐よう(赤い色は紅麹によるもの)

豆腐ようとうふよう、豆腐餻、唐芙蓉)は、豆腐を使った沖縄郷土料理

概要[編集]

豆腐米麹紅麹泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品である。交易国家として栄えていた琉球王朝時代にから伝えられた「腐乳」が元になったと言われている。

コウジカビ発酵の効果でエダムチーズを合わせたような味わいが特徴。より熟成が進んだものほど、豆腐の味はしなくなる。泡盛と共に供するのが最高の組み合わせといわれているが、ビール焼酎などともよく合う。長期間(半年くらい)発酵させるために付け汁からの多くの養分から酵素が作られる。[要出典]これが、独自の味わいの元となる。箸や楊枝で少量そいで食べるのが良いとされる。

栄養価も高く、琉球王朝時代には、高貴な人々の間で病後の滋養食としても重宝されたという。タンパク質が多く、胃壁の保護やコレステロール合成阻害にも効果があるため、健康食品としての特色もある。

落語に登場する腐った豆腐とは別物である。

また、中国に豆腐ようのもととなった豆腐乳(ドウフールー)と呼ばれる食べ物がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]