ハレ晴レユカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハレ晴レユカイ
平野綾茅原実里後藤邑子シングル
B面 うぇるかむUNKNOWN
リリース 2006年5月10日
規格 マキシシングル
録音

2006年
日本の旗 日本

  • スタジオ・マジック・ガーデン
ジャンル J-POPアニメソング
時間 14分02秒
レーベル Lantis(LACM-4261)
(アナログ盤:LZM-2001)
作詞・作曲 畑亜貴(作詞)
田代智一(作曲 #1)
鈴木盛広(作曲 #2)
プロデュース 斎藤滋(Lantis)
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • デイリー2位(オリコン)
  • 2006年5月度月間14位(オリコン)
  • 2006年度年間104位(オリコン)
  • 登場回数92回(オリコン)
  • 5位CDTV
  • 73位(CDTV)(アナログ盤)
  • 登場回数11回(CDTV)
  • 登場回数2回(CDTV)(アナログ盤)
平野綾茅原実里後藤邑子 シングル 年表
ハレ晴レユカイ
(2006年)
最強パレパレード
(2006年)
テンプレートを表示

ハレ晴レユカイ」(ハレはレユカイ)は、2006年5月10日Lantisから発売されたシングル

概要[編集]

表題曲「ハレ晴レユカイ」とカップリングの「うぇるかむUNKNOWN」は、それぞれテレビアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』とラジオ涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』のエンディングテーマとして使用された。ボーカルはいずれも涼宮ハルヒ役の平野綾、長門有希役の茅原実里、朝比奈みくる役の後藤邑子の3人が担当している。ジャケットには、涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくるがプリントされている。

収録曲[編集]

  1. ハレ晴レユカイ [3:38]
    作詞:畑亜貴、作曲:田代智一、編曲:安藤高弘
  2. うぇるかむUNKNOWN [3:24]
    作詞:畑亜貴、作曲:鈴木盛広、編曲:近藤昭雄
  3. ハレ晴レユカイ(オフボーカル
  4. うぇるかむUNKNOWN(オフボーカル)

クレジット[編集]

  • Performed by 平野綾・茅原実里・後藤邑子
  • Producer & Director : 斎藤滋養 (Lantis)
  • Engineer : 淺野浩伸・下川晴彦・守屋勝美
  • Studio : Studio Magic Garden
  • Mastering : 安藤義彦(青葉台スタジオ)
  • Design : OverDriveDesign
  • Illustration : 池田晶子
  • Paint : 三浦理奈
  • Promotion : 松村起代・鈴木めぐみ・木戸健介 (Lantis)
  • A&R desk : 山崎彩・濵田邦子 (Lantis)
  • Thanks : SOS団角川書店京都アニメーション
  • Supervisor : 伊藤善之
  • Executive Producer : 井上俊次 (Lantis)
  • Super Producer : 涼宮ハルヒ

受賞[編集]

アナログ盤[編集]

本楽曲のアナログ盤 が製作され、2007年3月18日に開催された『涼宮ハルヒの激奏』会場およびアニメショップにて販売された (LZM-2001)。収録曲はCDと同じ。A面に「ハレ晴レユカイ」、B面に「うぇるかむUNKNOWN」。オフボーカル版は収録されていない。

ソロバージョン[編集]

2006年7月から2007年2月21日にかけて発売された『涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング』全9種類に、各キャラクターが単独で歌うソロバージョンが収録されている。作詞は、どのバージョンも畑亜貴である。

涼宮ハルヒ・長門有希・朝比奈みくる
いずれも原曲の単純なソロバージョンとなっている。
鶴屋さん
歌詞にアレンジが加えられた最初のバージョンで、初出は『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』。歌詞の語尾を鶴屋さんの口癖のものに変える、あるいは鶴屋さんの行動パターンに沿った変更を加えるなどのアレンジが加えられた。しかし、朝倉涼子バージョン以降と異なり、曲全体で見た場合の歌詞全体のイメージを変えるほどのものではない。また、オフ・ボーカル・バージョンは収録されていない。
朝倉涼子
初出は『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』。歌詞全体にわたって変更が加えられている。その意味は原曲のそれとは正対称のものとなっており、原曲歌詞のアンチテーゼとなっている。また、オフ・ボーカル・バージョンは収録されていない。
キョンの妹
これ以降の曲は歌詞に加えて曲にも大幅なアレンジ(リミックス)が加えられ、イントロの部分から大幅に異なっている(編曲はyo)。歌詞は『小学生』と『キョンの妹である』ことを前面に出したものになっている。
喜緑江美里
原曲と異なり、スローテンポになっている(編曲は近藤昭雄)。一方で歌詞にはかなり極端な表現もあり、朝倉涼子バージョン同様原曲および『涼宮ハルヒの憂鬱』本編に対するアンチテーゼとなっている。
古泉一樹
原曲よりもテンポをかなり落としている(編曲は菊谷知樹)。歌詞は超能力者である彼の立場(涼宮ハルヒシリーズの登場人物#SOS団)を反映したものとなっている。
キョン
原曲よりもテンポをかなり落としている上、キョンの歌として自然なよう、単純なキー調整ではない変調曲となっている(編曲は菊谷知樹)。歌詞はハルヒに振り回されるキョンのぼやき節である。
いわゆるアコースティックバージョン。
MI→NA (井上 美奈子)

踊りについて[編集]

曲の始まりから終わりまで、中でもサビの部分に軽快な振り付けがなされており、アニメ内ではハルヒ達SOS団の5人が曲に合わせて踊り上げる(通称: ハルヒダンス)。振付は『ORICON STYLE』において作画監督の池田晶子が多数のアイドルのPVを資料として使用したことを語っており、それらの振付と類似する動きも織り込まれている。 具体的にはアイドルグループBerryz工房の楽曲の振り付けを参考にしたものと考えられており、検証動画がインターネット上の動画共有サイトで流布している[4]

また、2006年9月16日より京都アニメーションの「涼宮ハルヒの憂鬱・京アニサイト」で、実際に放送されなかった部分も含めた、振り付け全ての絵コンテが公開されている。

2006年のAnimelo Summer Liveでは、平野らボーカルの3人が『ハレ晴レユカイ』で出演し、全編にわたり振り付けを披露した。2007年3月18日に開催された『涼宮ハルヒの激奏』においては、平野綾・茅原実里・後藤邑子の3人によるフルバージョンの踊りと、この3人に杉田智和(キョン役)と小野大輔(古泉一樹役)を加えた「SOS団」声優全員集合によるテレビエンディングバージョンの踊りも披露されている。

2007年1月に発売された『涼宮ハルヒの憂鬱』DVD第7巻にはダンスのTVサイズ完全版が収録されている。前述の絵コンテに準拠しているが、一部異なる部分がある。

2007年4月8日には、本シングルをオリコンチャート1位にしようという運動の一環として、秋葉原歩行者天国で大勢のコスプレイヤーがこの楽曲のダンスを踊るというフラッシュモブが行われ、その様子が動画サイトにアップロードされて反響を呼んだ[5]

その他[編集]

  • ナムコから発売している音楽ゲーム太鼓の達人』シリーズ(『太鼓の達人9』[6]以降およびPS2『太鼓の達人 ドカッ!と大盛り 七代目』[7])に本楽曲が収録されている。

『涼宮ハルヒの憂鬱』と同じく平野が主人公の泉こなた役を務め、京都アニメーション制作のTVアニメ『らき☆すた』においてもしばしばこの曲が挿入歌として流れ、14・22話ではエンディングで白石稔が歌っている(『白石みのるの男のララバイ』に収録)。また16話では劇中でこなた達がコスプレ喫茶のステージで本曲のダンスを披露している。

2011年3月27日に放送された『3年B組金八先生ファイナル』にて在校生3名が学校の屋上にて本曲のダンスを練習しているシーンが流れた。

脚注[編集]

  1. ^ 日本レコード協会 (2006年8月10日). “ゴールド等認定作品認定 2006年7月”. 2007年12月12日閲覧。
  2. ^ アニメーション神戸 (2006年10月19日). “第11回アニメーション神戸賞 受賞者・受賞作品決定”. 2007年12月12日閲覧。
  3. ^ 平野 綾 公式webサイト「綾魂-Aya Dama-」. “イベント情報”. 2007年12月12日閲覧。
  4. ^ 三原龍太郎 『ハルヒ in USA』 エヌ・ティ・ティ出版、2010年、126頁。ISBN 978-4757142473
  5. ^ 鈴木謙介・電通消費者研究センター 『わたしたち消費―カーニヴァル化する社会の巨大ビジネス』 幻冬舎、2007年、88-90頁。ISBN 978-4344980617
  6. ^ バンダイナムコゲームス (2007年12月12日). “太鼓の達人9 曲リスト”. 2007年12月12日閲覧。
  7. ^ NAMCO.ch.. “太鼓の達人 ドカッ!と大盛り 七代目”. 2007年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]