ゴン (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴン
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 田中政志
出版社 日本の旗講談社
掲載誌 モーニング
月刊アフタヌーン
発表期間 1991年 - 2002年
2012年 - 2013年
巻数 既刊7巻
アニメ:GON -ゴン-
原作 田中政志
総監督 キム・ギルテ
脚本 村山功
キャラクターデザイン パク・ソウン
音楽 キム・テフン
製作 大元メディア講談社
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2012年4月2日 - 2013年3月25日
話数 全50話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ゴン』は、田中政志による日本漫画作品。1991年から2002年まで講談社の『モーニング』に掲載されていた。

2012年4月2日より2013年3月までテレビアニメが放送された。また、『月刊アフタヌーン』2012年5月号より2013年4月号まで『カラー版 GON』を連載。2013年11月号にモノクロ版の読切を掲載。

概要[編集]

恐竜の「ゴン」が大自然の中を動き回る姿を描いている。ゴンは肉食恐竜をデフォルメしたようなややコミカルな容姿をしており、比較的リアル調の描写がされている他の登場キャラクターとの間には明らかな差異が存在し、印象的なキャラクター造形となっている。

登場人物(動物)にセリフがないのが特徴であり、ダイナミックな状況描写によって表現されている。但し、『月刊アフタヌーン』2013年11月号掲載分は、登場動物がふきだしを使ってセリフを喋る通常の(擬人化)漫画形式のものであった。

言語がわからなくても親しめるので海外でも出版され、高い評価を獲得し、アイズナー賞最優秀ユーモア出版物部門および最優秀国際作品部門、ソリエス漫画祭最優秀外国作品賞など数々の国際的な漫画賞を受賞している。1998年には文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞した[1]。また、作者の別作品『FLASH』には、ゴンのデザイン面での原型と思われる恐竜の子供(のような謎の生物)「ジュニア」が登場する。

また、本作のスピンオフとして『ゴンちゃん』が『コミックボンボン』2006年1月号から2007年1月号まで連載された。

単行本[編集]

コミックスは講談社『ワイドKCモーニング』として発売。

テレビゲーム[編集]

1994年11月11日にバンダイよりスーパーファミコン用ソフトとして、ゴンを題材としたアクションゲームが発売された。途中でセーブをすることが出来ないため、ステージでゲームを終了した場合4桁のキーを入力することでコンティニュースタートできるようになっている。

2012年6月14日にはバンダイナムコゲームスよりニンテンドー3DS用ソフト『ゴン バクバクバクバクアドベンチャー』が発売。

なお、ゴンはナムコの格闘ゲーム『鉄拳3』にも登場する[2]

テレビアニメ[編集]

GON -ゴン-』のタイトルで、2012年4月2日より2013年3月までテレビ東京系列にて放送された。CS放送局ではアニメシアターXで放送されていたが、地上波放送終了してから2ヵ月後の2013年5月からはカートゥーン ネットワークでも放送開始された。フルCGアニメ[3]。製作は韓国アニメ会社の大元メディアと講談社の共同制作。日本放送の後、2012年夏放送の韓国をはじめ、欧州、アジア各国、北米等でも放送される。

第16話から第22話まで『GONわくわくスペシャル』としてアニメパートと実写パートで放送。実写パートの出演はゴン特殊捜査官・ココ(演 - 熊田胡々)。本編前に「いいお話ダイジェスト」、本編前後に「ゴンクイズ」、最後に「ゴン特殊捜査官 ココが行く!」を放送。第37話から第40話までAパートにサンドウィッチマンが出演するミニ番組と投票で選ばれたエピソードダイジェストの『GONわくわくスペシャル』を放送。

沢山の動物の仲間達と森だけでなく海や氷原、空などで縦横無尽に遊びまわったゴンであったが、最終回でリーダーとウッスを連れ「日が眠る海」へと旅立って行った。

スタッフ[編集]

オリジナル版制作
  • 製作総指揮 - ジョン・ウック、入江祥雄
  • プロデューサー - キム・ブルギョン、吉羽治
  • アソシエイトプロデューサー - イ・チョンウ、臼井信幸
  • 総監督 - キム・ギルテ
  • シナリオ - 村山功
  • ストーリーボード - イ・ヒラ、イ・ゾンイ
  • キャラクターデザイン - パク・ソウン
  • 背景デザイン - ノ・ヒョンミン
  • マッピング/テクスチャリング - イ・ヘウォン
  • モデリング - イ・ザンヨン、チョ・ビルボン
  • リギング - パク・スイル、キム・ギョソック
  • フェイシャル - イ・ジンヨン
  • アニメーション - イ・スン、キム・ミン、ファン・ソンヨン
  • ビジュアルエフェクト/合成 - ジョン・ヒョンスック、ホン・サンボム、ハン・チャンウ
  • レンタリング - ソ・インソク、シャン・アンナ
  • 編集 - キム・スヒョン、イ・ドンウ
  • 音楽 - キム・テフン
  • 音響制作 - ライブトーン
  • 企画・製作 - 大元メディア講談社
日本語版制作
  • 演出・脚本 - 高桑一
  • 文芸協力 - 鈴木伊織、村上亜樹
  • 録音調整 - 清本百合子
  • 録音スタジオ - スタジオマウス
  • 音響制作 - ダックスプロダクション、平田哲、西島浩志
  • 編集スタジオ - キュー・テック
  • OP/ED制作協力 - 10GAUGE
  • 音楽プロデューサー - 北川高樹
  • 音楽製作 - エイベックス・エンタテインメント
  • プランニングマネージャー - 松下卓也、高谷与志人、吉多奈央(テレビ東京)
  • 日本語版プロデューサー - 有本充利、後藤政則、小山佑介→吉野文(テレビ東京)
  • 日本語版製作 - GON JAPAN PROJECT(講談社、エイベックス・エンタテインメント、テレビ東京)

登場キャラクター・声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ 「GON GON GON 〜小さな王様」
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 宮下浩司 / 歌 - 加藤清史郎
エンディングテーマ 「くちぶえピューピュー」(第1 - 13話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲・編曲 - 伊東大和 / 歌 - ChocoLe
エンディングテーマ 「みんなでかこう! ゴンえかきうた」[4](第14 - 50話)
作詞 - YUMIKO / 作曲・編曲 - タケシ / 歌 - 熊田胡々

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 放送日
#01 ゴン、ゴ〜ンと登場!! 2012年
4月2日
ゴン、森で遊ぶ
#02 ゴン、乗り物を探す 4月9日
ゴン、綺麗な羽を広げる
#03 ゴン、スピードキングを鍛える 4月16日
チョロ、ゴンの木の実を盗む
#04 ゴン、オリにこだわる 4月23日
さすらいのメタケイ登場!
#05 ゴン、砂漠を行く 4月30日
ゴン、巨大サソリと対決する
#06 ゴン、イノシシの作戦にひっかかる 5月7日
ゴン、でっかいヤツに出会う
#07 ゴン、最強のサイと対決する 5月14日
ゴン、象の群れに加わる
#08 ゴン、鼻の中の侵入者 5月21日
ゴン、ものまねをされる
#09 帰ってきた黒ヒョウレオン 5月28日
ゴン、カメレオンとかくれんぼ
#10 強敵、クマリン登場 6月4日
ゴン、カメになる
#11 ゴン、スカンク王と対決 6月11日
ゴン、クマリンに悩まされる
#12 ゴン、植物を育てる 6月18日
ゴン、ペンギンと遊ぶ
#13 ゴン、キノコ狩りにいく 6月25日
ゴン、イモムシを育てる
#14 ゴン、大食い対決 7月2日
ゴン、ビリビリする
#15 ゴン、はじめてのハチミツ 7月9日
ゴン、イノシシのドンと対決
#16 ゴン、アイクィーンとたたかう 7月16日
ゴン、ものすごい仕返しを受ける
#17 ゴン、ひな鳥を探す 7月23日
#18 ヤン、群れの新しいリーダーになる 7月30日
#19 ゴン、ナマケモノになる? 8月13日
#20 レオンからの挑戦状 8月20日
#21 ゴン、森のロマンスのお手伝い 8月27日
#22 透明カエルあらわる 9月3日
#23 ゴン最大のピンチ 前編 9月10日
ゴン最大のピンチ 後編
#24 ゴン、イノシシの子供たちにふり回される 9月17日
ゴン、空を飛びたい
#25 ゴン、子アザラシに出会う 9月24日
森の動物たち団結する
#26 ゴン、しゃっくりが止まらない 10月1日
ゴン、流れ星を捕まえろ!
#27 ゴン、彫刻家になる! 10月8日
ゴン、狼たちと魚捕り!?
#28 ペニーの危機一髪 10月15日
ゴン、山羊とであう
#29 リーダーの家出 10月22日
ヘッド一家VS森の動物ふたたび
#30 ゴン、伝説の炎と遭遇? 10月29日
ゴン、伝説の王者?に出会う
#31 ゴン、みんなとバカンス 11月5日
キリンのトウポの秘密
#32 ゴン、ペンギンの子守りをする 11月12日
ゴン、ジャックの仲間になる!?
#33 カイの悩み 11月19日
ゴン、背を伸ばしたい
#34 ゴン、オリ親子を助ける 11月26日
レオンからの挑戦状ふたたび
#35 ゴン、ダンスを習う 12月3日
うそつき狐フォグ
#36 ゴン、虹に乗りたい 12月10日
ウッスのダイエット
#37 (もういちどみたいおはなしダイジェスト)
ゴン、ゴ〜ンと登場!!
12月17日
ゴン、アイクイーンの子供になる!?
#38 (もういちどみたいおはなしダイジェスト)
さすらいのメタケイ登場
1月3日
エンロ、空を飛びたい
#39 (もういちどみたいおはなしダイジェスト)
ゴン、鼻の中の侵入者
2013年
1月7日
ホウホウ、ゴンに魔法をかける
#40 (もういちどみたいおはなしダイジェスト)
ゴン、ものまねをされる
1月14日
ゴン、歯が痛くてたまらない
#41 ウッスの恋 1月21日
ソードの意外な才能
#42 うそつきフォグふたたび 1月28日
メタケイ、リーダーを復活させる
#43 ゴン、恋のキューピッドになる 2月4日
クーの仕返し大作戦
#44 おくびょうなガイゼル 2月11日
バティ、どっちが家かわからない
#45 ゴン、長老に負ける?! 2月18日
ゴン、ペリーの中に入りたがる
#46 スー、反抗する 2月25日
ゴン、犯人を探せ!
#47 ゴン、3兄弟を導く 3月4日
ゴン、大将になる
#48 イッチーの記憶喪失!? 3月11日
ゴン、イルカに出会う
#49 ゴン、伝説の実を取り戻せ! 3月18日
ゴン、大地に絵を描く
#50 ゴン、ボディーガードにさせられる!? 3月25日
ゴン、旅立ちの日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2012年4月2日 - 2013年3月25日 月曜 18:00 - 18:30 テレビ東京系列 製作委員会参加
字幕放送
北海道 テレビ北海道 字幕放送
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全域 AT-X 2012年4月18日 - 9月26日
2012年10月3日 - 2013年4月11日
水曜 8:30 - 9:00
水曜 20:30 - 21:00
CS放送 リピート放送あり
カートゥーン ネットワーク 2013年5月24日 - 月曜 - 金曜 15:00 - 15:30

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998年 文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞 ゴン”. 文化庁. 2009年5月15日閲覧。
  2. ^ PlayStation/鉄拳3最新情報”. バンダイナムコゲームス. 2009年5月15日閲覧。
  3. ^ 注目アニメ紹介 : 「GON-ゴン-」 異色のマンガがフルCGでアニメ化毎日新聞 2012年4月2日
  4. ^ テレビ東京ホームページの番組情報では「みんなでうたおう! ゴンえかきうた」と誤表記されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 月曜18:00枠(アニメ530第2枠)
前番組 番組名 次番組
銀魂'
(2011.4.4 - 2012.3.26)
GON -ゴン-
(2012.4.2 - 2013.3.25)
ムシブギョー
(2013.4.8 - 9.30)