Mr.ゲーム&ウォッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mr.ゲーム&ウォッチ(ミスター ゲームアンドウォッチ、Mr. GAME & WATCH)は、1980年任天堂ゲーム&ウオッチ」シリーズのいくつかの作品に登場した、シンプルな見た目の人間キャラクターの名称で、呼称は「ゲムヲ」、「ミスゲー」など。キャラクターデザインは、当時、任天堂クリエイティブ課に所属していた加納誠[1]。元になった作品は「ゲーム&ウッチ」だが、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでのキャラクター名は「Mr.ゲーム&ウッチ」とされている。

概要[編集]

歴史としてはマリオよりも古い、任天堂の最古のゲームキャラクターの一人。ゲーム&ウオッチの作品で主に操作キャラクターとして登場した。ゲーム&ウオッチが電子ゲームであったため真っ黒なシルエットのような姿。また、顔については目が確認できるものと確認できないものの大きく2種類に分けられる。

後に発売された、ゲーム&ウオッチのリメイク版であるゲームボーイソフトゲームボーイギャラリー』(1997年)では、当時の雰囲気を再現した「むかしモード」におよそ15年ぶりに姿を見せた。さらに後には、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(2001年)にプレイヤーキャラとして登場。「Mr.ゲーム&ウォッチ」という名称は、この時に初めて名付けられた。その後も『メイド イン ワリオ』シリーズにも常連モブキャラクターとしてゲスト出演、『カードeリーダー+』や『DS楽引辞典』ではある事をするとゲーム&ウオッチのゲームを遊ぶ事ができ、彼の姿を見ることができる。海外のみで発売された『GAME&WATCH GALLERY 4』ではマリオと共に司会を担当し、普通に会話をしている。

登場した経緯は不明だが『ドンキーコング リターンズ』の7-1序盤の背景で工場のパイプを修理する姿が見られる。なお、このステージはドンキーたちも全て影等の単純な色で表されているコースである。

メイド イン ワリオシリーズにもモブキャラとして多く登場しており、ゲームの制作スタッフがメイド イン ワリオシリーズとほとんど同じゲームである『みんなのリズム天国』にもそのまま名前が登場している。

ゲームとつながるフィギュア『amiibo』では、『パラシュート』や『ジャッジ』などに付け替えることができる[2]

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX[編集]

『大乱闘スマッシュブラザーズDX』でゲーム&ウオッチに登場する住民を代表して登場した、最後の隠しキャラ(出現条件自体もMr.ゲーム&ウォッチ以外の隠しを含む全キャラでシンプル・アドベンチャー・ターゲットをこわせ!のいずれか1つをクリアするか、1000回対戦すると挑戦者として出てくるので勝つ=必然的に最後に登場する隠しキャラとなる)である。他のキャラは3Dで登場しているが、Mr.ゲーム&ウォッチだけは2Dで(正確には3Dのポリゴンを2Dに圧縮している。そのため非常に体が薄っぺらい=非常に軽くふっとばされやすい)、しかも移動以外の動きはギクシャクしている。なお、この作品での彼の基本の姿はファイア』に登場するビルから飛び降りる人がモチーフとなっている(詳細は不明)。トーナメント戦のキャラのグラフィックでは真っ黒というキャラクターの特性上、白色で表現されている。

開発段階では1つ1つのアクションだけでなく、移動モーション自体も原作どおりコマ送りにする案もあったが、「あまりに遊びにくかった」ため現在のような移動のみ滑らかなものになった[3]。声の代わりにゲーム&ウオッチの効果音が出る。全体的に動きが速くパワーも高めだが、ぺらぺらしているせいで非常に軽くアイテムを使うのが下手(使う動作がコマ送りとなる為かなり遅い)。技は全てゲーム&ウオッチのゲーム1作品ずつを元にしている。また技の性能もかなり個性的で、出した数字によって攻撃が変わる「ジャッジ」、相手のエネルギー系の飛び道具を3回吸収すると2倍にして返す技「オイルパニック」などがある。例外的に投げ技4種はすべて「ボール」で、つかみ攻撃は本体内蔵の「アラーム」になっている。

ホームステージである「フラットゾーン」はゲーム&ウオッチのゲーム『ヘルメット』を元にしており、見た目もそのままゲーム&ウオッチ本体である。このステージは大変狭く、他のキャラも2Dのようになる。仕掛けは『ヘルメット』の他に『マンホール』や『オイルパニック』を元にしたものがある。このゲーム&ウォッチの名前は「スマッシュブラザーズ(SMASH.BROS)」となっている。

大乱闘スマッシュブラザーズX[編集]

続編『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも隠しキャラとして参戦している。なお、動き全般が『DX』より速くなり、アイテム関係のハンデが無くなった。上必殺ワザの「ファイア」は「パラシュート」を組み合わせたものとなり、空中通常攻撃が「パラシュート」から「トロピカルフィッシュ」に、上スマッシュ攻撃が後述の「最後の切りふだ」の追加により、名称が「オクトパスヘッドバット」に変更された(技自体に変更は無い)。

各キャラ固有の大技「最後の切りふだ」は「オクトパス」。同名ゲームの巨大タコに変身して暴れまわる。

ホームステージは「フラットゾーン2」となり、仕掛けが『ファイア』『ライオン』『シェフ』『オイルパニック』(『オイルパニック』は元々はマルチスクリーン版で画面は2つあったが、今作では下画面が登場)を再現したものに切り替わっていくステージとなっている。続編の『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』でもホームステージとして採用されている。

アドベンチャーモード『亜空の使者』におけるMr.ゲーム&ウォッチについては、亜空軍を参照。同モードの作中ムービーでは、プレイヤーキャラクターの初登場時にキャラクターの名前のテロップが出るのだが、唯一Mr.ゲーム&ウォッチのみテロップ表示が無い。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[編集]

更なる続編『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』ではパックマン参戦のE3動画では最後のシーンで登場していた[4]。しばらく参戦するかどうかは不明だったが、隠しキャラで参戦することが判明した。キャラクターは1から作り直しており[5]、デザインが多数変更されている他、下アピールが変更されている。強化アイテムは「松明」「ボタン電池」「LSI」と他の参戦キャラとかなり異なっている[6]

ホームステージは、3DS版が上述の通り「フラットゾーン2」、Wii U版は『DX』の「フラットゾーン」と『X』の「フラットゾーン2」を組み合わせた「フラットゾーンX」。

『スマブラ×ポケモン』キャンペーンでは条件付きで参戦キャラクターの出典である『ゲームボーイギャラリー3』をプレゼントされる[7]。『Nintendo総合ソフトカタログ2014年・夏』の『Wii U』版との連動がある。『amiibo』の記事でもパラシュートの姿で登場している[8]

脚注[編集]

  1. ^ 社長が訊く「ゲーム&ウオッチ」より。
  2. ^ amiibo 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ Mr.ゲーム&ウォッチより。
  3. ^ Mr.ゲーム&ウォッチ(『速報スマブラ拳!!』2002年1月29日)より。
  4. ^ 【スマブラ3DSWii U】 赤、青、黄色1分17秒から登場。
  5. ^ 週刊ファミ通2014年10月23日号「桜井政博のゲームについて思うこと お答えします その3」より。但し、ウォッチ以外の参戦キャラクター全員含む。
  6. ^ エンターブレイン『大乱闘スマッシュブラザーズfor NINTENDO DSファイティングパーフェクトガイド・極』より。
  7. ^ 『Nintendoプレゼントソフトカタログ2014年・冬』、スマブラ・ポケモン 両方買うとプレゼント!キャンペーン - 任天堂より。
  8. ^ 『Nintendo総合ソフトカタログ2014年・夏』Wii Uのソフト紹介より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]