高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高円宮杯U-18サッカーリーグ > 高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ
高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ
加盟国 日本の旗 日本
大陸連盟 AFC
開始年 2011年
参加クラブ 20
リーグレベル 第1部
下位リーグ プリンスリーグ
国内大会 日本クラブユース選手権大会
Jユースカップ
全国高校総体
全国高校サッカー選手権大会
最新優勝クラブ 青森山田高校 (2016)
最多優勝クラブ サンフレッチェ広島FCユース(2回)
公式サイト 2017年公式サイト
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ(たかまどのみやはい アンダーエイティーン サッカーリーグ プレミアリーグ)は、高円宮杯U-18サッカーリーグの1部リーグ。日本第2種(U-18、高校生)年代における全国の上位20チームがプレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストに分かれ、1年近い長期のホーム・アンド・アウェー方式のリーグ戦を戦う。

プレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストの優勝チームは高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップを戦う。また、両リーグの下位チームは高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグに降格し、かわりに高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ参入戦を勝ち抜いたチームが昇格する。

設立の経緯[編集]

高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグは、全国規模のリーグ戦として2011年から開始した[1]。前年の2010年までは、日本を9地域に分けて実施するプリンスリーグが第2種年代の1部リーグであった。プレミアリーグ開始にあたり、全国の上位20チームがプリンスリーグからプレミアリーグへと戦いの舞台を変えることになった。また、秋の1ヶ月間に短期集中開催されていた高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会は、2010年をもって終了した。

プレミアリーグ[編集]

プレミアリーグの大会要項[編集]

大会方式 
参加20チームを地理および交通面などを総合的に考慮した上で10チームずつ、プレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストにわけ、それぞれのグループでホーム・アンド・アウェー方式の2回総当たりのリーグ戦を行う。参加チームはそれぞれ18試合を戦う。
試合形式 
90分(前後半各45分)。90分で同点の場合は、引き分けとする。
出場権 
プレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストの優勝チームは、高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップへ出場する。
昇格と降格 
プレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストそれぞれの下位2チームは、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグに自動降格する。かわりに、高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ参入戦を勝ち抜いた4チームが昇格する。

移動費の負担[編集]

プレミアリーグでは、東日本または西日本の全域を対象としたホーム・アンド・アウェー形式のため、移動に大きな費用がかかる。たとえば、2011年の流通経済大学柏高は400万円〜500万円がかかり、同年の東福岡高校は600万円ほど必要だったという[2]。こうした費用の一部は日本サッカー協会が負担しており、2011年は7割を負担していた[2]

チャンピオンシップ[編集]

高円宮杯U-18サッカーリーグ チャンピオンシップは、プレミアリーグイーストとプレミアリーグウエストの優勝チームが第2種年代の「真の日本一」をかけて[3]1試合を戦う。

チャンピオンシップの大会要項[編集]

大会方式 
ワンマッチによるノックアウト方式
試合形式 
90分(前後半各45分)。90分で同点の場合は、20分(前後半各10分)の延長戦を行う。延長戦でも同点の場合は、PK戦を行う。

プレミアリーグ参入戦[編集]

プレミアリーグ参入戦は、プリンスリーグに降格する4チームに替わって翌年に昇格するチームを決める大会である。

プレミアリーグ参入戦の大会要項[編集]

大会形式 
グループに分けて勝ち抜き戦を行い、勝者を決定する。
組合せ 
プリンスリーグ終了後、高円宮杯実施委員長の立会いのもと抽選を行う。
試合形式 
90分(前後半各45分)。90分で同点の場合は、20分(前後半各10分)の延長戦を行う。延長戦でも同点の場合は、PK戦を行う。

プレミアリーグ参入戦参加チームの決め方[編集]

2011年と2012年は、9地域のプリンスリーグで優勝の計9チームが出場した。

2013年からは、次の方法で決められている[4]

  1. 過去3年間の全国大会の成績を地域別にポイント化し、地域別の出場枠数を算出
  2. 地域別の出場枠数をもとに、当年のプリンスリーグU-18の成績上位チームを選出

組合せ抽選のときは、1回戦と2回戦では同地域同士での対戦は避け、その他はフリー抽選となっている。

歴代参加チーム[編集]

プレミアリーグ参加チーム
チーム 地域 都道府県 チーム種別 昇格年 降格年
コンサドーレ札幌U-18 北海道 北海道 ユース 2011 2015
青森山田高校 東北 青森県 高校 2011
尚志高校 東北 福島県 高校 2011 2011
浦和レッドダイヤモンズユース 関東 埼玉県 ユース 2011 2012
流通経済大学付属柏高校 関東 千葉県 高校 2011 2016
FC東京U-18 関東 東京都 ユース 2011 2011
東京ヴェルディユース 関東 東京都 ユース 2011 2014
三菱養和SCユース 関東 東京都 ユース 2011 2014
静岡学園高校 東海 静岡県 高校 2011 2013
清水エスパルスユース 東海 静岡県 ユース 2011
富山第一高校 北信越 富山県 高校 2011 2014
名古屋グランパスU18 東海 愛知県 ユース 2011 2016
セレッソ大阪U-18 関西 大阪府 ユース 2011
京都サンガF.C. U-18 関西 京都府 ユース 2011
立正大学淞南高校 中国 島根県 高校 2011 2011
サンフレッチェ広島FCユース 中国 広島県 ユース 2011
広島観音高校 中国 広島県 高校 2011 2011
愛媛FC U-18 四国 愛媛県 ユース 2011 2012
アビスパ福岡U-18 九州 福岡県 ユース 2011 2013
東福岡高校 九州 福岡県 高校 2011
旭川実業高校 北海道 北海道 高校 2012 2012
鹿島アントラーズユース 関東 茨城県 ユース 2012
ヴィッセル神戸U-18 関西 兵庫県 ユース 2012
岡山県作陽高校 中国 岡山県 高校 2012 2012
JFAアカデミー福島U-18 東北 福島県 ユース 2013 2015
桐光学園高校 関東 神奈川県 高校 2013 2013
ガンバ大阪ユース 関西 大阪府 ユース 2013
大津高校 九州 熊本県 高校 2013 2013
市立船橋高校 関東 千葉県 高校 2014
柏レイソルU-18 関東 千葉県 ユース 2014
東山高校 関西 京都府 高校 2014 2014
京都橘高校 関西 京都府 高校 2014 2015
大宮アルディージャユース 関東 埼玉県 ユース 2015
FC東京U-18 関東 東京都 ユース 2015
履正社高等学校 関西 大阪府 高校 2015 2015
大分トリニータU-18 九州 大分県 ユース 2015 2016
横浜F・マリノスユース 関東 神奈川県 ユース 2016
アルビレックス新潟U-18 北信越 新潟県 ユース 2016 2016
神戸弘陵学園高等学校 関西 兵庫県 高校 2016
大津高校 九州 熊本県 高校 2016
浦和レッドダイヤモンズユース 関東 埼玉県 ユース 2017
阪南大学高校 関西 大阪府 高校 2017
米子北高校 中国 鳥取県 高校 2017
アビスパ福岡U-18 九州 福岡県 ユース 2017

戦績[編集]

チャンピオンシップ結果[編集]

年度 イースト優勝チーム 結果 ウエスト優勝チーム 会場
2011 コンサドーレ札幌U-18 1 - 3 サンフレッチェ広島FCユース 埼玉スタジアム2002
2012 東京ヴェルディユース 1 - 4 サンフレッチェ広島FCユース
2013 流通経済大学付属柏高校 1 - 1 aet
(PK 5 - 4)
ヴィッセル神戸U-18
2014 柏レイソルU-18 0 - 1 セレッソ大阪U-18
2015 鹿島アントラーズユース 1 - 0 ガンバ大阪ユース
2016 青森山田高校 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
サンフレッチェ広島FCユース

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
サンフレッチェ広島FCユース 2 1 2011,2012 2016
流通経済大学付属柏高校 1 0 2013
セレッソ大阪U-18 1 0 2014
鹿島アントラーズユース 1 0 2015
青森山田高校 1 0 2016
コンサドーレ札幌U-18 0 1 2011
東京ヴェルディユース 0 1 2012
ヴィッセル神戸U-18 0 1 2013
柏レイソルU-18 0 1 2014
ガンバ大阪ユース 0 1 2015

歴代得点王[編集]

プレミアリーグ イースト
年度 選手 所属チーム 点数
2011 矢島慎也 浦和レッドダイヤモンズユース 12
2012 加賀美翔 清水エスパルスユース 20
2013 金子翔太 JFAアカデミー福島 16
2014 平川元樹
下田悠哉
コンサドーレ札幌U-18
三菱養和SCユース
11
2015 佐藤亮 FC東京U-18 16
2016 小柏剛 大宮アルディージャユース 12
プレミアリーグ ウエスト
年度 選手 所属チーム 点数
2011 三根和起 京都サンガF.C.U-18 16
2012 松村亮 ヴィッセル神戸U-18 22
2013 米澤令衣 ヴィッセル神戸U-18 12
2014 米澤令衣 ヴィッセル神戸U-18 15
2015 加藤陸次樹 サンフレッチェ広島FCユース 14
2016 山根永遠
藤山雄生
サンフレッチェ広島FCユース
大津高校
12

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ」、4月9日より全国各地で開幕 新年度より高円宮杯が全国規模のリーグ戦にリニューアル”. 日本サッカー協会 (2011年3月31日). 2011年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 元川悦子 (2012年4月20日). “高校側から見るプレミアリーグの利点と改善点 流通経済大柏高校・本田裕一郎監督インタビュー”. スポーツナビ. 2016年8月29日閲覧。
  3. ^ 『高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ プログラム』 日本サッカー協会、2016年、p.38。
  4. ^ 高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プレミアリーグ」、4月7日に全国各地で開幕 3年目となるU-18世代最強決定リーグがいよいよ開幕!”. 日本サッカー協会 (2013年3月13日). 2013年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]