高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 > 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関西
高円宮杯U-18サッカーリーグ
プリンスリーグ関西
シーズン 2017
優勝 大阪桐蔭高校
降格 関西大学第一高校
野洲高校
草津東高校
奈良育英高校
2016
2018

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関西は、高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ関西の2017年開催分である。

参加チーム[編集]

チーム 府県 チーム種別 昨年順位
近畿大学附属高校 大阪府 高校 プリンス関西2位
履正社高校 大阪府 高校 プリンス関西3位
大阪桐蔭高校 大阪府 高校 プリンス関西4位
関西大学第一高校 大阪府 高校 プリンス関西5位
京都橘高校 京都府 高校 プリンス関西6位
野洲高校 滋賀県 高校 プリンス関西7位
金光大阪高校 大阪府 高校 プリンス関西8位
草津東高校 滋賀県 高校 滋賀県1位
東海大学付属仰星高校 大阪府 高校 大阪府1位
奈良育英高校高校 奈良県 高校 和歌山県1位

リーグ戦の展開[編集]

大阪桐蔭高校が首位を独走し[1]、第16節の時点で優勝を決めた[2]。2位争いは最終第18節まで持ち越され、第17節の時点で2位だった東海大仰星高校との対戦で勝った京都橘高校が制した[3]。大阪桐蔭高校と京都橘高校はプレミアリーグ参入戦に出場した。

大阪桐蔭高校と京都橘高校、8位の草津東高校はそれぞれ、大阪府、京都府、滋賀県の代表としてこの年の高校選手権高校に出場し、大阪桐蔭高校はベスト16となった。

降格[編集]

この年のプレミアリーグから神戸弘陵学園高校が降格し、この年のプレミアリーグ参入戦に出場した大阪桐蔭高校と京都橘高校がいずれも昇格できなかったことから、プリンスリーグ関西リーグからの降格チーム数は4となった。そのため次の、リーグ戦下位4チームが翌年のプリンスリーグ関西から降格した。

  • 関西大学第一高校
  • 野洲高校
  • 草津東高校
  • 奈良育英高校

日程と試合結果[編集]

開催日 試合結果
1 4月9日 近大附 4-2 奈良育 記録 仰星 2-0 草津東 記録 金光 0-2 履正社 記録 野洲 3-1 関大一 記録 桐蔭 1-5 京都橘 記録
2 4月16日 履正社 4-0 奈良育 記録 仰星 1-1 近大附 記録 草津東 3-0 関大一 記録 金光 0-3 桐蔭 記録 野洲 3-8 京都橘 記録
3 4月23日 関大一 0-3 桐蔭 記録 草津東 1-5 近大附 記録 金光 2-2 奈良育 記録 仰星 2-1 野洲 記録 履正社 3-2 京都橘 記録
4 4月29日 近大附 1-1 金光 記録 関大一 0-0 履正社 記録 京都橘 3-0 奈良育 記録 桐蔭 3-2 仰星 記録 野洲 5-4 草津東 記録
5 5月3日 仰星 2-0 奈良育 記録 近大附 3-0 京都橘 記録 野洲 2-5 桐蔭 記録 草津東 0-2 履正社 記録 関大一 0-1 金光 記録
6 6月10~11日 奈良育 1-2 草津東 記録 関大一 0-1 京都橘 記録 仰星 2-1 金光 記録 履正社 2-0 野洲 記録 桐蔭 2-3 近大附 記録
7 6月24~25日 京都橘 2-1 仰星 記録 履正社 1-2 桐蔭 記録 近大附 0-3 関大一 記録 野洲 4-2 奈良育 記録 草津東 4-7 金光 記録
8 7月1~2日 野洲 2-2 近大附 記録 金光 2-4 京都橘 記録 仰星 1-0 履正社 記録 草津東 0-4 桐蔭 記録 関大一 1-1 奈良育 記録
9 7月8日 草津東 2-1 京都橘 記録 関大一 1-3 仰星 記録 奈良育 0-3 桐蔭 記録 近大附 2-1 履正社 記録 金光 4-0 野洲 記録
10 7月15~16日 奈良育 0-8 近大附 記録 履正社 1-1 金光 記録 京都橘 1-2 桐蔭 記録 草津東 4-5 仰星 記録 関大一 2-0 野洲 記録
11 8月27日 京都橘 8-3 野洲 記録 奈良育 1-4 履正社 記録 関大一 5-2 草津東 記録 近大附 1-0 仰星 記録 桐蔭 0-0 金光 記録
12 9月2日 履正社 2-1 関大一 記録 仰星 0-3 桐蔭 記録 金光 0-0 近大附 記録 奈良育 1-9 京都橘 記録 草津東 0-1 野洲 記録
13 9月9日 近大附 6-5 野洲 記録 関大一 5-1 奈良育 記録 京都橘 0-2 金光 記録 履正社 0-1 仰星 記録 桐蔭 1-0 草津東 記録
14 9月16~17日 京都橘 2-2 近大附 記録 桐蔭 3-1 野洲 記録 奈良育 0-7 仰星 記録 履正社 4-0 草津東 記録 金光 5-0 関大一 記録
15 9月23日 近大附 2-3 草津東 記録 奈良育 1-5 金光 記録 野洲 3-3 仰星 記録 京都橘 2-0 履正社 記録 桐蔭 3-1 関大一 記録
16 11月26日 近大附 0-4 桐蔭 記録 京都橘 1-3 関大一 記録 金光 2-1 仰星 記録 野洲 1-1 履正社 記録 草津東 9-0 奈良育 記録
17 12月2日 仰星 4-0 関大一 記録 履正社 1-1 近大附 記録 京都橘 4-3 草津東 記録 桐蔭 4-0 奈良育 記録 野洲 2-5 金光 記録
18 12月9日 金光 1-1 草津東 記録 桐蔭 4-2 履正社 記録 仰星 0-2 京都橘 記録 奈良育 3-7 野洲 記録 関大一 0-2 近大附 記録

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 大阪桐蔭高校 18 15 1 2 50 18 +32 46 プレミアリーグ参入戦に出場
2 京都橘高校 18 11 1 6 55 31 +24 34 プレミアリーグ参入戦に出場
3 近畿大学附属高校 18 9 6 3 43 28 +15 33
4 東海大仰星高校 18 10 2 6 37 24 +13 32
5 金光大阪高校 18 8 6 4 39 24 +15 30
6 履正社高校 18 8 4 6 30 19 +11 28
7 関西大学第一高校 18 5 2 11 23 35 −12 17 大阪府リーグへ降格
8 野洲高校 18 5 3 10 43 61 −18 18 滋賀県リーグへ降格
9 草津東高校 18 5 1 12 38 50 −12 16 滋賀県リーグへ降格
10 奈良育英高校 18 0 2 16 15 83 −68 2 奈良県リーグへ降格

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ 関西”. 日本サッカー協会. 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

Jリーグ入団選手[編集]

6位の履正社高校から、町野修斗横浜F・マリノスに入団した。

Pos 名前 所属 入団チーム
FW 町野修斗 履正社高校 横浜F・マリノス

参入戦[編集]

プリンスリーグ関西参入戦は、2018年のプリンスリーグ関西へ昇格するチームを決定するために10月7日にJ-GREEN堺で開催された[4]

参入戦の出場チーム[編集]

プリンスリーグ関西参入戦には次の表のとおり、関西地区の各府県リーグの優勝チームが出場した。

チーム 府県 チーム種別
綾羽高校 滋賀県 高校
東山高校 京都府 高校
大阪学院高校 大阪府 高校
滝川第二高校 兵庫県 高校
一条高校 奈良県 高校
近畿大学附属和歌山高校 和歌山県 高校

出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ関西参入戦”. 2018年2月20日閲覧。

参入戦の結果[編集]

プリンスリーグ関西参入戦の結果、次の3チームが2018年のプリンスリーグ関西へ昇格した[4]

  • 東山高校
  • 滝川第二高校
  • 近畿大学附属和歌山高校

参入戦の戦績[編集]

参入戦の戦績は、次のとおり[5][6]

参入戦
10月7日
東山高校 2
綾羽高校 0
 
10月7日
大阪学院高校 1 (6)
滝川第二高校 1 (7)
 
10月7日
近大附属和歌山高校 3
一条高校 0

関西地方の都道府県リーグ[編集]

滋賀県リーグ[編集]

綾羽高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。

滋賀県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 綾羽高校 18 16 1 1 76 10 +66 49 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 守山北高校 18 13 1 4 65 18 +47 40
3 水口高校高校 18 11 1 6 43 22 +21 34
4 野洲高校B 18 11 1 6 51 47 +4 34
5 比叡山高校 18 9 4 5 37 23 +14 31
6 草津東高校B 18 8 2 8 37 37 0 26
7 伊吹高校 18 7 0 11 32 51 −19 21
8 立命館守山高校 18 4 3 11 21 41 −20 15
9 水口東高校 46 31 1 14 16 78 −62 94
10 滋賀学園高校 18 0 2 16 12 63 −51 2

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ滋賀2017 1部リーグ(全日程終了)”. 滋賀県サッカー協会 2種 高校. 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

京都府リーグ[編集]

東山高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。東山高校は参入戦でも勝ち上がり、昇格を決めた。

京都府1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 東山高校 18 14 2 2 50 19 +31 44 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 久御山高校 18 12 3 3 66 23 +43 39
3 立命館宇治高校 18 12 2 4 42 26 +16 38
4 京都橘高校B 19 12 2 5 39 22 +17 38
5 洛北高校 18 9 3 6 35 25 +10 30
6 京都両洋高校 18 6 2 10 28 45 −17 20
7 京都共栄高校 17 5 4 8 22 32 −10 19
8 京都廣学館高校 18 5 1 12 30 52 −22 16
9 立命館高校 18 2 3 13 24 57 −33 9
10 京都外大西高校 18 2 2 14 30 63 −33 8

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017京都 (TOP) (12月23日現在)”. 京都府サッカー協会 2種/高校生年代. 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

京都府リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
FW 池田昌生 東山高校 福島ユナイテッドFC

大阪府リーグ[編集]

大阪学院高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。

2位の興國高校からは西村恭史大垣勇樹島津頼盛がそれぞれ、清水エスパルス名古屋グランパスツエーゲン金沢に入団した。

大阪府1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 大阪学院高校 18 15 1 2 52 14 +38 46 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 興國高校 18 14 2 2 41 18 +23 44
3 大阪桐蔭高校B 18 8 3 7 28 30 −2 27
4 関大北陽高校 18 7 4 7 29 21 +8 25
5 ガンバ大阪B 18 7 4 7 37 44 −7 25
6 桃山学院高校 18 7 2 9 29 28 +1 23
7 摂津高校 18 6 4 8 32 35 −3 22
8 阪南大高高校B 19 6 2 11 22 38 −16 20
9 セレッソ大阪B 18 3 3 12 23 41 −18 12
10 東大阪大柏原高校 18 2 4 12 16 45 −29 10

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 試合結果 1部リーグ”. 大阪府サッカー協会 高体連 サッカー情報. 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

大阪府リーグのJリーグ入団選手
Pos 名前 所属 入団チーム
MF 西村恭史 興國高校 清水エスパルス
FW 大垣勇樹 興國高校 名古屋グランパス
MF 島津頼盛 興國高校 ツエーゲン金沢

兵庫県リーグ[編集]

滝川第二高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。滝川第二高校は参入戦でも勝ち上がり、昇格を決めた。 また、滝川第二高校は兵庫県代表としてこの年の高校選手権に出場した。

兵庫県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 滝川第二高校 18 14 2 2 40 12 +28 44 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 三田学園高校 18 12 3 3 42 30 +12 39
3 神戸市立科学技術高校 18 8 6 4 37 15 +22 30
4 関西学院高校 18 9 1 8 36 14 +22 28
5 市立尼崎高校 16 7 1 8 27 26 +1 22
6 神戸弘陵学園高校B 16 8 1 7 25 25 0 25
7 県立西宮高校 17 5 3 9 28 38 −10 18
8 エストレラ姫路 18 4 4 10 24 41 −17 16
9 ヴィッセル神戸U-18B 18 3 4 11 8 18 −10 13
10 須磨友が丘高校 16 2 2 12 17 63 −46 8

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 兵庫県リーグ1部・2部 試合結果”. 兵庫県サッカー協会オフィシャルサイト 2種(高校・クラブ). 2018年2月20日閲覧。兵庫リーグ戦:2017_兵庫県リーグ1部(高円宮U-18”. 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

奈良県リーグ[編集]

一条高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。また、一条高校は奈良県代表としてこの年の高校選手権に出場した。

奈良県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 一条高校 18 14 4 0 61 14 +47 46 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 五條高校 18 13 0 5 47 28 +19 39
3 香芝高校 18 12 2 4 44 20 +24 38
4 ディアブロッサ高田FC 18 11 3 4 68 29 +39 36
5 郡山高校 18 9 3 6 30 24 +6 30
6 生駒高校 18 8 3 7 36 25 +11 27
7 大和広陵高校 18 6 1 11 29 64 −35 19
8 橿原高校 18 3 2 13 19 49 −30 11
9 奈良北高校 18 3 1 14 16 56 −40 10
10 法隆寺国際高校 18 1 1 16 29 64 −35 4

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 NFAリーグ 1部”. 奈良県サッカー協会 第二種(高校生). 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

和歌山県リーグ[編集]

近畿大学附属和歌山高校が優勝し、プリンスリーグ関西参入戦に出場した。近畿大学附属和歌山高校は参入戦でも勝ち上がり、昇格を決めた。 2位の初芝橋本高校は和歌山県代表としてこの年の高校選手権に出場した。

和歌山県1部リーグ
チーム 出場権または降格
1 近畿大学附属和歌山高校 18 14 3 1 65 11 +54 45 プリンスリーグ関西参入戦に出場
2 初芝橋本高校 17 13 2 2 62 10 +52 41
3 和歌山北高校 18 12 3 3 66 18 +48 39
4 和歌山工業高校 18 7 5 6 35 36 −1 26
5 近畿大学附属新宮高校 17 7 0 10 3 17 −14 21
6 田辺高校 18 5 6 7 29 47 −18 21
7 海南高校 18 6 2 10 38 60 −22 20
8 新宮高校 18 4 4 10 20 51 −31 16
9 那賀高校 18 3 4 11 22 38 −16 13
10 和歌山県立桐蔭高校 18 0 6 12 15 64 −49 6

最終更新は全日程の試合終了時
出典: 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 NFAリーグ 1部”. 和歌山県サッカー協会 第2種(高校生年代). 2018年2月20日閲覧。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]