東海大学付属大阪仰星高等学校・中等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東海大学付属大阪仰星高等学校・中等部
東海大学付属仰星高等学校・中等部、枚方市
過去の名称 東海大学付属仰星高等学校・中等部
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東海大学
設立年月日 1983年(高等学校)
1996年(中等部)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 英数特進コース
総合進学コース
学期 2学期制
高校コード 27587F
所在地 573-0018 
大阪府枚方市桜丘町60-1-2580
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東海大学付属大阪仰星高等学校・中等部(とうかいだいがくふぞくおおさかぎょうせいこうとうがっこう・ちゅうとうぶ)は、大阪府枚方市桜丘町にある私立中学校高等学校東海大学付属学校である。

英数特進コースと総合進学コースの2コースがある。

沿革[編集]

  • 1983年4月13日 - 第1期校舎竣工、開校
  • 1984年3月1日 - 第2期校舎、体育館竣工
  • 1985年4月1日 - 普通、特設コース設置、普通コースを2学年より東海、一般の2コースに分離
  • 1987年3月10日 - 第3期食堂兼研修棟竣工、「星を仰ぐ青年の像」除幕式挙行
  • 1992年9月1日 - 全館空調設備完備
  • 1993年10月15日 - 部室棟2階、展示室、第2応接室竣工
  • 同10月30日 - 創立者故松前重義前総長胸像除幕式挙行
  • 1996年
    • 3月25日 - 東海大学付属仰星高等学校中等部設置認可
    • 4月1日 - 普通コースを3学年より東海、一般の2コースに分離
    • 4月9日 - 東海大学付属仰星高等学校中等部開校、校舎・講堂竣工
  • 1999年4月1日 - 普通コースに選抜クラス設置
  • 2001年4月1日 - 普通コース3学年の東海、一般コース廃止
  • 2002年4月1日 - 中等部に英数特進コース・総合進学コース設置
  • 2018年4月1日 - 校名を“東海大学付属仰星高等学校・中等部”から東海大学付属大阪仰星高等学校・中等部と改称。

学校行事[編集]

東海大学学園オリンピック[編集]

生徒の隠れた才能を見出し、それを中学・高校・大学の先生が専門的な見地から伸ばす行事。各付属高校・中学校から選ばれた生徒が国語・数学・英語・理科・音楽・造形・ディベート知的財産・スポーツの各分野で東海大学の様々な施設を利用して行われる。

星河祭[編集]

文化の部と体育の部があり、文化の部は各クラスで模擬店や展示等を2日間にわたり行われる。体育の部は中高合同で行われる。

研修旅行[編集]

高校は次の4つのコースから1つ選択する。(沖縄本島、石垣島、西表島コースは5日間、その他は10日間。)

中等部は次のとうりだ。


・1年生‥静岡県(2泊3日) ・2年生‥北海道(3泊4日) ・3年生‥ハワイ(8泊10日)

※(2年生は2018年度迄は北海道 ・2019年度以降はマレーシアへ研修となる。) ※(尚、マレーシアへの何日間の滞在かはまだ不明。)

部活動[編集]

ラグビー部、サッカー部、柔道部、野球部、吹奏楽部、放送部が全国レベルで実績を残している。

特にラグビー部が今まで獲得した全国タイトルは、15人制の計7回(全国高校ラグビー5回・選抜2回)と7人制の計2回(高校セブンズ1回、全国高校7人制1回)であり、全国屈指の強豪校である。2015年度には「選抜」「7人制」「全国高校ラグビー」を全て制覇する史上二校目の3冠を達成した。

サッカー部はインターハイに2回出場(平成3年、平成18年)、全国高校サッカーに5回出場(第69回第80回第83回第91回第95回)し、第95回大会の第3位が同校の最高成績である。

また、空手道部が全国高等学校選抜空手道大会に、陸上部が全国高等学校陸上競技大会に、剣道部が全国高等学校選抜大会に、野球部は選抜高等学校野球大会に2回(第68回第72回)それぞれ出場している。

文化系では吹奏楽部が全日本高等学校吹奏楽大会in横浜に1度、全日本アンサンブルコンテストに3度出場しているほか、放送部がNHK杯全国高校放送コンテストに出場している。

著名な出身者[編集]

野球[編集]

ラグビー[編集]

サッカー[編集]

その他[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]