開眼法要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

開眼法要(かいげんほうよう)は、仏像仏画仏壇などの完成の際に営まれる法要のこと。開眼供養入魂式魂入れとも言う。

例外として浄土真宗では、「開眼法要」・「入魂式」は営まない(詳細は#御移徙を参照)。

概説[編集]

仏像を造る際、大部分を完成させておいて最後に「点睛」すなわち「を描き込む」ことにより、人の手で作られた物としての像は仏像に成る。 像に尊い魂が入って完成することから、特に点睛を重要視し、後世「開眼法要」として儀式化した。

東大寺大仏[編集]

日本での開眼法要の例としては、天平勝宝4年(752年4月9日 (旧暦)に行われた東大寺大仏毘盧遮那仏)の開眼法要が名高い。

聖武上皇によって開催され、天竺からを経て日本に来た僧侶菩提僊那(ぼだい-せんな)が実際に眼を入れた。 この時、五色の開眼の筆につけて集まった人々に持たせ、利益(りやく)が行き渡るようにした。

御移徙[編集]

浄土真宗では、本尊などに魂を込めるという概念が無いため、「御移徙」(ご-いし、お-わたまし)と呼ばれる慶事の法要を営む。

「移徙」(いと)(「徙移」〈しい〉とも言う)とは、「移り動くこと」・「移転」を意味する語であるが、特に「わたまし」とするときは「尊い人の転居」を言う敬語であり、崇拝すべき仏にもあてられる。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]