豊清水駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
豊清水駅
駅舎(駅前通り側)(2017年10月)
駅舎(駅前通り側)
(2017年10月)
とよしみず
Toyoshimizu
W57 恩根内 (5.8km)
(3.6km) 天塩川温泉 W59
所在地 北海道中川郡美深町字清水
駅番号 W58
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 117.9km(旭川起点)
電報略号 トス
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1946年(昭和21年)10月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

豊清水駅(とよしみずえき)は、北海道中川郡美深町字清水にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W58電報略号トス

歴史[編集]

1977年の豊清水駅と周囲約500m範囲の状況。左上が稚内方面。島式ホーム1面2線。駅舎横の名寄側に貨物積卸場と引込み線。この時点で既に貨物取扱いをやめて久しい様子。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大正時代から入植者による駅設置の請願が行われていた[1]

駅名の由来[編集]

所在地の美深町清水および隣接する常盤村(→音威子府村)清水の両地区が、豊かになるようにとの意味を込めて「豊」の字をつけたとされる[1][4]

「清水」の名称については現在のペペケナイ川を指すアイヌ語、「ペペケㇾナイ(pe-peker-nay)[5]」(水が・清澄な・川)の意訳である[4]

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ地上駅で、美深駅 - 音威子府駅間で唯一、列車交換が可能である。無人駅であるが、線路西側に駅舎があり、冬季は保線要員が常駐する。

仮乗降場時代は単式ホーム1面1線であり、駅昇格に伴い木造駅舎と上り側1線スルー式の島式ホーム1面2線、駅舎横の名寄寄りに貨物積卸場と引込み線が設けられた。貨物および荷物取り扱い廃止後も、引込み線は待避線として残されている。

利用状況[編集]

  • 2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「1名以下」[6]
  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.4人[7]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は0.4人[8]

駅周辺[編集]

高台に駅があるため周りの風景が眼下に見える。周りは一面の牧草畑である。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
宗谷本線
恩根内駅 (W57) - 豊清水駅 (W58) - (※)天塩川温泉駅 (W59)
(※)一部列車は天塩川温泉駅を通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “全駅DATA 石北本線②(上川~網走) 宗谷本線”. 週刊JR全駅・全車両基地 (朝日新聞出版) (No.60): pp.19-27. (2013-10-03). 
  2. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』20号・宗谷本線/留萌本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年11月2日、14-17頁。
  3. ^ a b 「日本国有鉄道公示第2号」『官報』1950年1月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ a b 鏡味 明克 (2004-09-20). “北海道におけるアイヌ語地名の現代日本語接触変化” (PDF). 人間文化(愛知学院大学人間文化研究所紀要) (愛知学院大学) 19: 294-284. https://ci.nii.ac.jp/els/contents110004634315.pdf?id=ART0007348759 2018年5月20日閲覧。. 
  5. ^ アイヌ語地名リスト ヒラタ~ホロナ P111-120”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2018年5月20日閲覧。
  6. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年9月25日閲覧。
  7. ^ 宗谷線(名寄・稚内間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171230090453/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/04.pdf 2017年12月30日閲覧。 
  8. ^ “宗谷線(名寄・稚内間)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2017年7月2日), オリジナル2017年12月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180703125359/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/04.pdf 2018年7月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]