縁起法頌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

縁起法頌(えんぎほうじゅ)とは、仏教において古くから真言(マントラ)として広く用いられる仏典の章句である。 縁起偈(えんぎげ)、法身偈(ほっしんげ)とも呼ばれる。[1][2]

仏弟子舎利弗阿説示からこの偈を聞き、預流果を得たとされる。

テキスト[編集]

デーヴァナーガリー表記[編集]

ये धर्मा हेतुप्रभवा हेतुं तेषां तथागतो ह्यवदत्।

तेषां च यो निरोध एवं वादी महाश्रमण॥

IAST表記[編集]

ye dharmā hetuprabhavā hetuṃ teṣāṃ tathāgato hy avadat, teṣāṃ ca yo nirodha evaṃ vādī mahāśramaṇa.

日本語訳[編集]

諸法[注釈 1]は原因より生ずる。じつに如来はそれらの原因を説く。それらの消滅をも。これが大沙門(ゴータマ・ブッダ)の教えである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 諸々のものごと、現象、あるいは森羅万象を指す。

出典[編集]

  1. ^ Pal, Pratapaditya (1965年10月). “A New Document of Indian Painting”. The Journal of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland (Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland) (No. 3/4): 103–111. JSTOR 25202861. 
  2. ^ 風間, 敏夫 (1985-1986). “縁起法頌の一考察”. 印度學佛教學研究 (法政大学) (No. 34): 177–186. https://doi.org/10.4259/ibk.34.177. 

関連項目[編集]