碇ケ関駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
碇ヶ関駅から転送)
移動先: 案内検索
碇ケ関駅
駅舎
駅舎
いかりがせき - Ikarigaseki
津軽湯の沢 (4.9km)
(4.8km) 長峰
所在地 青森県平川市碇ヶ関高田[1]13
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 427.2km(福島起点)
電報略号 イセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
113人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1895年明治28年)10月21日[1]
備考 簡易委託駅[1]
テンプレートを表示

碇ケ関駅(いかりがせきえき)は、青森県平川市碇ヶ関高田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

弘前駅管理の簡易委託駅(平川市委託)[1]。駅舎には出札窓口(POS端末設置、指定券取扱)と飲料水の自動販売機がある。

のりば[編集]

1 奥羽本線(上り) 東能代秋田方面
2 奥羽本線 (待避線)
3 奥羽本線(下り) 弘前青森方面

下りの一部列車で当駅始発が設定されている[1]

利用状況[編集]

  • 2015年度の乗車人員は1日平均113人である。
年度 1日平均乗車人員
2000 211
2001 210
2002 185
2003 182
2004 158
2005 137
2006 135
2007 139
2008 148
2009 161
2010 141
2011 122
2012 113
2013 121
2014 112
2015 113

駅周辺[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

※特急「つがる」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道
奥羽本線
快速
大館駅 - 碇ヶ関駅 - 大鰐温泉駅
普通
陣場駅 - 津軽湯の沢駅(※) - 碇ケ関駅 - 長峰駅
(※)一部の列車は停車しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、20頁。
  2. ^ “2016年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本秋田支社, (2015年12月18日), p. 5, https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151218-1.pdf 2016年3月21日閲覧。 
  3. ^ MY FIRST AOMORI(2010年9月25日時点のアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]