格闘代理戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


格闘代理戦争
ジャンル 女子MMA/総合格闘技
配信時間 毎週土曜
22:00 - 23:00(60分)
配信期間 2018年9月29日 - 12月29日
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTV
出演者

キャスト:青木真也秋山成勲石浦将勝宇野薫菊田早苗桜井"マッハ"速人佐藤ルミナV.V Mei山本“KID”徳郁(あいうえお順)

解説:大沢ケンジ
実況:清野茂樹
テンプレートを表示

格闘代理戦争』(かくとうだいりせんそう)は、2017年10月よりAbemaTVの格闘チャンネルで配信されている、格闘界に次世代スターを送り出す格闘ドキュメンタリー番組、格闘技中継番組。推奨ハッシュタグは「格闘代理戦争」。日本初の本格格闘技リアリティーショーを謳う[1]。キャッチコピーは「格闘界に次世代スターを送り込め」。

概要[編集]

名声あるレジェンド格闘家が原石と称される次世代選手を推薦[2]、育成し、次世代選手によるトーナメント戦を選定し、それに伴い、選手のサポート・バックアップを行うことで、選手の強化や育成を図るというのが、主な構成となっている。そのトーナメントの相手によって、選手自身が得意な戦法を生かしたり、苦手な分野を克服したり、レジェンド格闘家による必殺技の伝授などの側面を追う格闘技ドキュメンタリーである。

1stシーズンは立ち技(K-1)、2ndシーズンはMMA、3rdシーズンは女子格闘技(MMA)とシーズンごとに対象となる格闘技種目は異なっている。

初期より山本“KID”徳郁が関わっており、訃報の際には特別追悼企画が配信された[3]

格闘代理戦争1stシーズン[編集]


格闘代理戦争2ndシーズン[編集]

格闘代理戦争3rdシーズン[編集]

8組(当初は4組だった)のレジェンド格闘家が原石を育て、トーナメント形式で戦いを繰り広げていくドキュメント番組で、2018年9月29日より毎週土曜日、22時から放送。試合の回は生中継で配信される[4]

優勝者には賞金300万円と、ONE Fighting Championshipとのプロ契約が約束されている[5]。12月29日、平田樹が古瀬美月を破り優勝した[6]

格闘代理戦争4thシーズン[編集]

テーマは再びK-1。第一線で戦う武尊、久保優太、木村”フィリップ”ミノル、皇治、芦澤竜誠が監督となり、魔裟斗が監修者となる。優勝チームには賞金総額300万円&「K-1 WORLD GP」出場が約束される[7]。ナビゲーターは眞木蔵人。

配信時間[編集]

格闘代理戦争事前特番[編集]

2017年10月29日、日曜:23:00~24:00

格闘代理戦争 RORD TO K-1 &300万[編集]

2017年11月12日[1]~2018年2月4日、毎週日曜:23:00~23:45(全12回) ※番組に関わる「Krush.84 2018.1.27 後楽園ホール」大会は番組外で生中継。また第8回、9回、12回は23:00~24:00 番組ナビゲーター:伊東紗冶子[8]

主題歌:KICK THE CAN CREW「千%」

格闘代理戦争2ndシーズン[編集]

2018年4月29日[9]~7月25日(全13回)、第1回か第4回まで毎週日曜:23:00~24:00、第5回以降は毎週土曜:23:00~24:00 ※第9回、第12回は生中継のため21:30~23:00。第13回は22:00-22:45。

主題歌:GLIM SPANKY「愚か者たち」[10]

格闘代理戦争3rdシーズン[編集]

2018年9月29日~12月29日(全14回)、毎週土曜:23:00~24:00

主題歌(オープニングテーマ):東京事変「閃光少女」

格闘代理戦争4thシーズン[編集]

2019年4月6日~、毎週土曜:22:00 〜 23:00

配信チャンネルはいずれもAbemaSPECIAL 及び 格闘チャンネル

出演者[編集]

レギュラー[編集]

レジェンド&原石(1stシーズン)[編集]

レジェンド&原石(2ndシーズン)[編集]

レジェンド&原石(3rdシーズン)[編集]

対戦カード[編集]

格闘代理戦争1stシーズン[編集]

準決勝[編集]

小倉拓実(小川直也)VS 松村英明(魔裟斗) 中嶋志津麻(武尊)VS スソン(山本“KID”徳郁)

決勝[編集]

松村英明(魔裟斗)VS 中嶋志津麻(武尊)

格闘代理戦争2ndシーズン[編集]

準決勝[編集]

葛西和希(桜井"マッハ"速人)VS 辻本拳也(山本“KID”徳郁) ユン ・ チャンミン(秋山成勲)VS 前田浩平(那須川天心)

決勝[編集]

辻本拳也(山本“KID”徳郁)VS ユン ・ チャンミン(秋山成勲)

格闘代理戦争3rdシーズン[編集]

一回戦[編集]

Garu chan(石浦将勝 ・ 宇野薫)VS 古瀬美月(青木真也) ai(朴光哲 ・ 矢地祐介)VS 上野みずき(V.V Mei) MIO(佐藤ルミナ)VS 梅原拓未(菊田早苗) 平田樹(桜井"マッハ"速人)VS パク ・ ボヒョン(秋山成勲)

準決勝[編集]

古瀬美月(青木真也)VS ai(朴光哲 ・ 矢地祐介) MIO(佐藤ルミナ)VS 平田樹(桜井"マッハ"速人)

決勝[編集]

古瀬美月(青木真也)VS 平田樹(桜井"マッハ"速人)

音楽[編集]

  • 2ndシーズン主題歌「愚か者たち」- GLIM SPANKY
  • 3rdシーズン主題歌「閃光少女」- 東京事変
  • 4thシーズン主題歌「neva enuff feat. aktion」- Zeeara

スタッフ[編集]

芸人代理戦争[編集]

芸人代理戦争』(げいにんだいりせんそう)は2019年から配信される格闘代理戦争のスピンオフ番組。格闘代理戦争の企画元にもなった、テレビ朝日放送の2017年度版についても記述する。

概要[編集]

著名格闘家が次世代格闘技選手を推薦、プロデュースする格闘代理戦争の枠組みをそのままお笑い芸人に置き換え、著名芸人が若手芸人を推薦、プロデュースし、4分間のネタを作りトーナメントで争う。2019年4月29日に第一弾を配信した[13]。後述の理由により企画の先祖がえりともいえる。

出演[編集]

レジェンド&原石[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作協力:極東電視台、AbemaProduction
  • 制作著作:AbemaTV

芸人代理戦争(EXD44版)[編集]

テレビ朝日の番組「EXD44」内で2017年7月9日から8月13日まで3週間放送された企画[16]。著名芸人が若手芸人を代理として立て闘わせるという構図は一緒であるが、団体戦であるのが大きな違い。またのちの格闘代理戦争、芸人代理戦争と違い、指導、プロデュースは行わない。勝者賞金は3万円だが、これも相手側チームの著名芸人から支払われる[17]

  • 企画・ディレクター:小鴨翔(テレビ朝日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初湯浅麗歌子を原石に選んでいたが、湯浅は出場を辞退した。

出典[編集]

  1. ^ a b 「AbemaTV」にて初の本格的”格闘リアリティ番組” 『格闘代理戦争』の放送が決定 魔裟斗らレジェンドファイターが選ぶ「原石」が勝ち抜きバトルでガチンコ対決” (日本語). 株式会社サイバーエージェント. 2019年1月22日閲覧。
  2. ^ 直属の門下生である場合や、番組を通じスカウト(トライアウト)し、初めて関わる場合もある。
  3. ^ 山本KIDが語っていた格闘技界の未来への想い「日本強いって思える時代が絶対来る」” (日本語). Abema 格闘TIMES (2018年10月2日). 2019年1月22日閲覧。
  4. ^ 【AbemaTV】MIOが総合格闘技に初挑戦、佐藤ルミナが推薦”. eFight. ヨシクラデザイン (2018年10月2日). 2018年12月6日閲覧。
  5. ^ a b 「二度と関わりたくない」湯浅麗歌子、『格闘代理戦争』出場辞退!”. Abema 格闘TIMES. AbemaTV (2018年10月2日). 2018年12月6日閲覧。
  6. ^ ストーリーは終わらない!「格闘代理戦争」19歳の新鋭がONEとの契約を勝ち取る” (日本語). Abema 格闘TIMES (2018年12月31日). 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ 格闘代理戦争4thシーズン#1 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ 魔裟斗、山本KIDらが格闘技界の次世代スターを発掘!『格闘代理戦争』11・12スタート|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE (2017年11月10日). 2019年1月22日閲覧。
  9. ^ 格闘代理戦争2ndシーズン #1 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV (2018年4月29日). 2019年1月22日閲覧。
  10. ^ GLIM SPANKY、 「愚か者たち」がAbemaTV『格闘代理戦争2ndシーズン』主題歌に決定:GLIM SPANKY【レコチョク】” (日本語). レコチョク (2018年4月12日). 2019年1月22日閲覧。
  11. ^ 優しくて強い、優れた指導者…格闘代理戦争スタッフが明かす“山本KID徳郁という男”” (日本語). AbemaTIMES. 2019年5月1日閲覧。
  12. ^ 山本“KID”徳郁、次世代ファイターへの想い 「日本の格闘技は強い」「格闘技で食っていく素晴らしさを味あわせたい」” (日本語). Abema 格闘TIMES. 2019年5月1日閲覧。
  13. ^ 先輩芸人が後輩芸人のネタをプロデュース!『芸人代理戦争』4・29スタート|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2019年5月2日閲覧。
  14. ^ 若手枠だが芸歴18年目の中堅どころ。ナイツとはほぼ同期である。
  15. ^ 西村が全くネタを作れないため、相方・小峠英二もアドバイス出演。
  16. ^ バックナンバー・2017.07.09 放送”. テレビ朝日 EXD44. テレビ朝日. 2019年5月4日閲覧。
  17. ^ ザテレビジョン (2017年8月13日). “「芸人代理戦争」がついに決着!!自腹を切るのは誰だ…!? | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2019年5月4日閲覧。
  18. ^ ノンスタ石田&サンド伊達、M-1グランプリ王者どうしが激突” (日本語). dogatch.jp. 2019年5月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]