あい (女子総合格闘家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あい
基本情報
本名 清水 愛
通称 Princess Bee
KID最後の愛弟子
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-10-24) 1989年10月24日(32歳)
出身地 東京都
所属 KRAZY BEE
→フリー
身長 156cm
体重 49kg
リーチ 161cm
階級 スーパーアトム級
バックボーン レスリング
テーマ曲 風の王国~Kingdom of wind~
(天地雅楽)
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 レスリング・フリースタイル
世界大学選手権
2010 トリノ 51kg級

あい1989年10月24日 - )は、日本女性総合格闘家東京都出身。フリー。

来歴[編集]

幼少期からレスリングに打ち込み、2006年ジュニアオリンピックカデットの部優勝の後アジアカデット選手権優勝、2007年ジュニアオリンピックジュニアの部優勝と実績を重ね、東洋大学進学後も2009年の全日本学生選手権優勝、2010年の世界大学選手権3位などの実績を残した。 大学卒業後は、2016年全日本アマチュア修斗選手権の女子ミニマム級で優勝を果たし、同年11月にはアマチュア修斗トライアウト公式戦に出場しTKO勝利、プロ昇格が認められた。しかし、当時KRAZY BEEでレスリングキッズクラスのコーチをしていたあいは、これらの試合に総合格闘技の練習をせず、直前にレスリングを1週間ほど練習しただけの状態で出場しており、プロ昇格はしたものの総合格闘技に専念することなく、KRAZY BEEからも離れ、就職してヨガの講師をやっていた[1]

格闘代理戦争[編集]

2018年9月、AbemaTVリアリティ番組格闘代理戦争』3rdシーズンにKRAZY BEE代表山本"KID"徳郁たっての希望で出演し、チームKRAZY BEE朴光哲矢地祐介)の推薦選手としてトーナメントに参戦。10月20日、1回戦でV.V Mei推薦の上野みずきと対戦し、1Rに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち[2]。12月1日、準決勝で青木真也推薦の古瀬美月と対戦し、1Rに下からの腕ひしぎ十字固めで見込み一本負け[3]

RIZIN[編集]

2018年12月31日、総合格闘技RIZINに参戦。RIZIN 平成最後のやれんのか!川村虹花を相手にプロデビュー戦を行い、テイクダウンを奪った後パウンドの連打を浴びせてレフェリーストップによる1R3分1秒TKO勝ち[4]

2019年8月18日、RIZIN.18Bellator参戦経験を持つタバサ・ワトキンズと対戦。1Rはテイクダウン後に下からの腕ひしぎ十字固めを極めかけられるなど苦戦するも、その後はトップポジションをキープし続けて3-0の判定勝ちを収めた[5]

2019年12月29日、BELLATOR JAPANアンディ・ウィンと対戦、テイクダウンで試合をリードし2-1の判定勝ちを収めた[6]

2020年12月31日、怪我からの復帰戦となったRIZIN.26浅倉カンナと対戦し、0-3の判定負け。プロ初黒星を喫した[7]

人物・エピソード[編集]

  • レスリング仕込みのテイクダウン能力とフィジカルの強さが武器。愛らしいルックスとは裏腹に、パウンド踏みつけを得意としている[8]
  • 格闘代理戦争』3rdシーズン準決勝でレフェリーに見込み一本を取られ敗退するが、試合後は「全然極まっていない」と訴え、「腕が折れても試合を続けたし、顔をグチャグチャにされても構わなかった」と気持ちの強さと勝負への拘りを見せた。なお、後に相手選手のセコンドをつとめた青木真也も「この1敗はテクニカルサブミッションであって、レフリーの勇み足でストップしてしまった感は相手コーナーにいた僕が感じるくらいなので、この1敗はあってないようなものだと見ていいと思います」とコメントしている[9]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
6 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 2 1 2 0 0 0
1 0 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 浅倉カンナ 5分3R終了 判定0-3 RIZIN.26 2020年12月31日
アンディ・ウィン 5分3R終了 判定2-1 BELLATOR JAPAN 2019年12月29日
タバサ・ワトキンズ 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.18 2019年8月18日
山口さゆり 1R 2:45 チョークスリーパー DEEP JEWELS 24 2019年6月9日
國保小枝 1R 1:08 TKO(パウンド DEEP JEWELS 23 2019年3月9日
川村虹花 1R 3:01 TKO(パウンド RIZIN 平成最後のやれんのか! 2018年12月31日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 古瀬美月 1R 4:49 腕ひしぎ十字固め(見込み一本) 格闘代理戦争 3rdシーズン
【トーナメント 準決勝】
2018年12月1日
上野みずき 1R 4:07 腕ひしぎ十字固め 格闘代理戦争 3rdシーズン
【トーナメント 1回戦】
2018年10月20日
下牧瀬葉月 2R 2:57 TKO(パウンド連打) プロフェッショナル修斗公式戦 香川大会『FORCE 06』
【アマチュア修斗トライアウト】
2016年11月13日
宇田川唯菜 判定3-0 第23回全日本アマチュア修斗選手権大会
【トーナメント 決勝】
2016年10月9日
古澤みゆき 判定3-0 第23回全日本アマチュア修斗選手権大会
【トーナメント 1回戦】
2016年10月9日
千葉 陽子 判定3-0 第15回関東アマチュア修斗選手権大会 2016年8月7日

レスリング成績[編集]

(出典、日本レスリング協会公式サイト大会結果)

獲得タイトル[編集]

  • 第15回関東アマチュア修斗選手権大会 女子フライ級(56.7kg以下)優勝(2016年)[10]
  • 第23回全日本アマチュア修斗選手権大会 女子ミニマム級(47.6kg以下)優勝(2016年)[11]
  • 格闘代理戦争3rdシーズン 3位(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 【RIZIN】あい、当初は燃え切れなかった総合格闘技で戦い続ける理由 eFight 2019年8月7日
  2. ^ 【KDS S03】準決勝進出4名が決定!! そして、噛み合わない青木とルミナ…… MMAPLANET 2018年10月30日
  3. ^ 【KDS S03】格闘代理戦争3rdシーズン決勝進出は、あいを下した古瀬×MIOを落とした平田に MMAPLANET 2018年12月2日
  4. ^ 仮面女子の川村虹花 1回KO負け号泣も逆襲宣言 - 格闘技 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2018年12月31日閲覧。
  5. ^ 【RIZIN】あいが連打の嵐で勝利、”バットガール”を鮮血まみれに eFight 2019年8月18日
  6. ^ 【Bellator237】テイクダウン&トップコントロールで、あいがウィンからスプリット判定勝ち MMAPLANET 2019年12月29日
  7. ^ 【RIZIN】堀口恭司がKOで王座奪還! 那須川勝利で武尊に「一緒に盛り上げよう」、朝倉未来が弥益をKO、五味は皇治と激闘、女王は浜崎に、クレベル鮮烈失神チョーク葬勝利、元谷が井上に一本勝ち、萩原が平本をTKO、所が太田に一本勝ち、シバター「勝利」に変更 ゴング格闘技 2020年12月31日
  8. ^ NUMBERS OF RIZIN.18 〜数字で大会を振り返る〜 RIZIN公式サイト 2019年8月27日
  9. ^ 青木真也 shinya aokiのnote2019年8月7日
  10. ^ 8月7日 アマチュア修斗 関東選手権 試合結果日本修斗協会
  11. ^ 10月9日 全日本アマチュア修斗選手権大会 試合結果日本修斗協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]