小谷部全一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小谷部 全一郎(おやべ ぜんいちろう、1868年1月17日慶応3年12月23日) - 1941年昭和16年)3月12日)は、日本の牧師、教師、アイヌ研究家、また義経=ジンギスカン説日猶同祖論の提唱者。北海道アイヌ虻田学園創始者、勲六等旭日章を授与。

義経=ジンギスカン説の戦前の著述家である。それ以前にもそれらしいものは存在したが、民衆に浸透させたのは彼が最初であり、『成吉思汗ハ源義経也』は大正末期のベストセラーである。

経歴[編集]

彼の自伝『ジャパニーズ・ロビンソン・クルーソー』によれば、秋田藩の菓子御用商の子としてうまれる。父は善之輔は秋田市上肴町在住。母イサの実家である秋田市寺町で出生する。兄弟は不明。戦国時代の武将・白鳥家の子孫だとしている。明治13年(1880年)に上京し本郷の原町要義塾で漢学英学数学を学ぶ。

このころ『義経再興記』という末松謙澄の著書を読んで影響を受けている。原題は『偉大ナ征服者成吉思汗ハ日本ノ英雄義経ト同一人物也』。この本の種本は江戸時代末期、オランダ商館医員のドイツ人医学者シーボルトが著した『日本』である。

この『日本』では、6年の滞在中の日本各地の収集と聞き書きで「大陸渡航説」が展開されており、義経は平泉では死なず、蝦夷に渡り、大陸へ行ったとされている。さらに、日本は神武天皇以来日本諸侯の爵位として“”(かみ)といい、義経は“かみ”は即“かん”になり、“汗”は鉄木真(テムジン)より、アジアにおいてそれ以前に存在したことはなく、鉄木真(テムジン)の死後初めて蒙古に系譜(系図)が記されているとある。

明治18年(1885年)北海道にわたり、アイヌと出会う。蝦夷地の土着民族であり、いまだ普通の教育を受けていない彼らを支援するジョン・バチェラーという宣教師に感激し、牧師という仕事を目指そうと思ったとされる。

父の任地である会津から渡米を決意し、北海道、択捉島、シベリアに渡ったがそこで日本に送還される。できるだけ陸路でシベリアから渡米しようという計画であった。

明治21年(1888年)神戸から貨物船のカナダ国籍の帆船でアメリカへ旅立つ。皿洗い、コック、農業労働などを続けて生活費と学費を稼ぎ、1年後ハンプトン実業学校入学(バージニア大学)、翌1890年ハワード大学(ワシントン大学神学部入学。明治27年(1894年)卒業し、イェール大学(コネティカット)神学部へ学士入学。明治28年(1895年)卒業。神学士。後に国際的な共産主義運動指導者となる片山潜と卒業写真に写っている。

ハワイ布教を経て、明治31年(1898年)に横浜へ帰国。横浜の紅葉坂教会で牧師を勤めていたが、在米中に見聞した先住民教育に感銘を受けていた全一郎はワシントンD.C.にいた星亨駐米大使にアイヌの救済・学校教育の請願を行い、坪井正五郎が宣伝していた北海道旧土人教育会の主唱者の一人となった。北海道にて教育者、牧師になる。虻田学園を創立するが、学童減少や、資金難、有珠山爆発などにより休校となる。アイヌ学者の金田一京助は青年時代北海道虻田の小谷部家を訪れている。

大正8年(1919年)、満州シベリア日本陸軍の通訳官として赴任する。チンギス・ハーン=義経の痕跡を調べるべく満州・シベリアを精力的に取材する。大正9年(1920年)帰国。軍功により勲六等旭日章を授与している。陸軍省は小谷部を嘱託として遇したうえに、佐官待遇相当の陸軍大学校教授に招聘しようとした。しかし小谷部はこれを辞退すると、著作活動に専念した。

成吉思汗ハ源義経也』が大正12年(1923年)完成する。元の題名は『満蒙踏査・義経復興記』。大反響をし、再版10回を越える大ヒットであった。翌年2月『中央史壇』から「成吉思汗は源義経にあらず」と臨時増刊号が組まれ、歴史学人類学考古学の各学者反発意見をずらりと並べられ、いっせいに猛反論を受ける。

晩年は日猶同祖論にも傾倒し、『日本及日本国民之起源』という著書を発表する。「日本人はユダヤ人と同じ祖先である」との考えを示し、ユダヤ人に対しては「日本と和親」を保ち、「神の道を天下に弘布し」「世界を真に平和に導くようなユダヤ人国家を建設せよ」と呼びかけている。

昭和16年(1941年)3月12日、心不全のため東京大井町の自宅で亡くなる、73歳。自身が苦学して滞在したアメリカとの開戦の年だった。墓は生前に指定した茨城県古河市光了寺である。

人物像[編集]

一見思いつき論者で近代国家の欺瞞性に憤激した荒唐無稽の人物にみえるが、アイヌを救済することに命を賭け、古来から源頼朝による征伐やヤマトタケルの蝦夷征伐、坂上田村麻呂によるアテルイ謀殺などに対する“東北人”の誇りを持ち、義経満蒙進出論と日猶同祖論への執着などの其の底流にあるものは、慈愛の精神の持ち主であり、気骨の人である。

この明治・大正・昭和に数奇な運命をたどる。アイヌ問題を解決するために、虻田学園を設立し、自ら校長・教師になってアイヌの子供たちに学問を教えるが、あまりの飲み込みのおそさに叱咤したりしている。広く資金を募るなど慈愛・人類愛に満ちた人物であるが、資金の見通しをあやまったり、金銭的にルーズな面もあるようで、アイヌ人たちに逆に飯を恵んでもらおうと頼んでもいる。明らかに自分にも非があるはずなのに「俺は絶対に悪くない」などといっているが、アメリカではっきりと主張し、自分からは減点を認めないというアメリカ人気質に変わったようである。妻からは「顔は日本人でも性格は主人はアメリカ人だから」と言われている。

アメリカ時代は比較的順調のようで肖像画を描き(絵もうまかったようだ)、講演をして金を貯め、イギリススペインポルトガルフランス周遊四ヶ月の旅に出たりしている。

関東大震災の後に自宅を修理しているが、職人たちにあれこれ口うるさくいい、職人たちから顰蹙(ひんしゅく)を買っている。

太平洋戦争後まもなく、ユダヤ系アメリカ人が尋ねてきているが、戦前小谷部全一郎がヒトラーのドイツ内外のユダヤ人弾圧に憂慮し、各地のユダヤ系新聞社に「意見書」を投稿し、彼らを激励していたからだった。イスラエル・メッセンジャー誌には昭和8年(1933年)12月27日の記事には「ナチスの虐待に対し無法をなさず、神の裁きを待つべき」との彼の記事が寄せられている。

雑誌『中央史檀』で酷評した中島利一郎に対し、「神経病的」、「鎖国時代の田舎侍が西洋人の肉を食わんとするが如き態度」と猛烈に批判し、最後には「痴漢」とも記した。(『成吉思汗ハ源義経也・著述の動機と再論』)

反論と応酬[編集]

歴史学者のお歴々の一斉攻撃は、従来学説とはまったく相反する説を放っておけないという、正統派学者として無視しておけないというものだった。金田一京助言語学)、鳥居龍蔵高桑駒吉歴史学東洋史)、三宅雪嶺評論家哲学者)、大森金五郎(日本古代中世史)、中村久四郎(言語学)、中島利一郎東洋史、言語学)らが小谷部の説を批判し、その中でも特に言語学の金田一京助、漢学者で歴史学者の中島利一郎らの批判は激した。金田一京助は小谷部説を「小谷部説は主観的であり、歴史論文は客観的に論述されるべきものであるとし、この種の論文は「信仰」である」と全面否定した。また中島利一郎の場合も反論はさらに激しく、小谷部論をひとつずつ考証して反論し、最後には、「粗忽屋」「珍説」「滑稽」「児戯に等しい」という言葉を用いて痛罵している。

  • 小谷部古文書のみを信ずるのは針なき糸をたらして魚をつるようなもんだ」
  • 学者A「確証が何も無いだろう」
  • 小谷部「義経は騎馬の名手であり、遠方へ逃げるのは容易かったはず。後世の学者が如何に古書を捜索しても本人が証拠を隠滅して国外に逃亡すれば証拠など残るわけは無し。」「偽の死まで装って逃亡を謀る者が、自分は死なずして大陸にわたったとの言葉をわざわざ残すわけはないし、記録に留めて後に発覚の証拠を残すわけが無い」「伝説伝承を否定するというならば、さしずめ古事記も否定されるという矛盾に陥る」
  • 学者B「君は門外漢だ。専門でないことは軽々しくいうな」
  • 小谷部「史家と称する中央史壇の方々が私を門外漢だというなら、むしろそれは光栄だ。史家のみが義経研究に従事し得られることのみがいつも正しく、門外漢である国民は何も疑うことなく黙って信じろということになる。無理、非合理甚だしい。」「国民の共有たるべき日本国の歴史を学閥、もしくは特権階級が独占するのはどうかとおもうね」「お偉い歴史家の方々が私に向かってくるさまは、さしずめ小結になったばかりの関取に、そうそうたる横綱たちが次々投げ飛ばされているような、痛快な気分だね」
  • 金田一史論としては、まず結論から入っていて、自分だけの都合のいい情報だけを抜き出して採用し、都合のよくないものは初めから棄てている。『史論』は吟味を加え客観性をもって調べなければいけない。『伝説』は人々がそのまま事実と信じるから伝わるのであって、それが正しいかどうかは分からない。この説は小谷部氏の『義経信仰』ですよ」
  • 小谷部「学者というものは現地に出て慎重に踏査、深く研究をしなければならない。現地にも出ていないのになにをいうか。『成吉思汗は源義経にあらず』とあとから出してくるのは売名行為に近い。学徒としても薄弱な精神の持ち主だ」[1]

著作[編集]

  • 『成吉思汗ハ源義経也』(富山房、1924年)
  • 『成吉思汗ハ源義経也・著述の動機と再論』(富山房、1924年)
  • 生田俊彦 訳『ジャパニーズ・ロビンソン・クルーソー』(皆美社、1991年)
  • 『日本人のルーツはユダヤ人だ 古代日本建国の真相』(たま出版、1991年) ISBN 4-88481-261-1
  • 『日本及日本國民之起原』(八幡書店、1999年) ISBN 4-89350-253-0

家族[編集]

  • 妻は菊代(1938年死去、享年62、旧仙台藩士・石川家の出)。長男正義(1989年死去)フロリダに移住。次男茂久(病没)。三男全助(病没)。長女伊佐子(1978年病没)。孫娘生田正子、東京に健在。
  • 正義の息子パトリック・オヤベは米陸軍少佐時代、東京駐日アメリカ大使館に勤務した。大佐で退役。
  • 同じく孫娘のテレサ・オヤベはロサンゼルス・タイムス元東京支局長。

参考文献[編集]

第一章 どうして義経はジンギスカンになったのか? p37~p44

脚注[編集]

  1. ^ 『成吉思汗ハ源義経也・著述の動機と再論』(富山房、1924年)のなか記述、土井全二郎『義経伝説をつくった男 義経ジンギスカン説を唱えた奇骨の人・小谷部全一郎伝』

関連項目[編集]