ボーイング737MAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボーイング737MAX
Boeing 737 MAX

ロールアウトしたボーイング737MAX(2015年12月8日)

ロールアウトしたボーイング737MAX(2015年12月8日)

ライオン・エア
など(いずれも予定)
  • 初飛行2016年1月29日[1]
  • 生産数:4機(飛行試験機)
  • 運用開始2017年(予定)
  • 運用状況:開発中
  • ユニットコスト:737-7: USD 87.7M[2]
    737-8: USD 106.9M[2]
    737-9: USD 113.3M[2]

ボーイング737MAXBoeing 737 MAX、ボーイング737マックス)は、ボーイング社が現行のボーイング737NGを置き換える目的で737NGをベースに開発中の旅客機。737NGで搭載されているCFM56エンジンを、燃費の良いLEAP-1Bエンジンに換装するほか、機体のデザインにも手を加える。飛行試験機の初号機は、2015年12月8日にロールアウトし[3]2016年1月29日に初飛行した[1]。初号機の納入は2017年となる見込み。737-100の初飛行から実に50年を経ての登場となる。

経緯[編集]

ボーイング社内ではかねて787 ドリームライナーの次に着手する旅客機として、737の後継となる白紙設計の単通路機を開発する計画があった。2006年に持ち上がったイエローストーン計画ではボーイングY1と呼ばれていた[4]。ただし、開発時期は未定とされ、最終決定は2011年に持ち越された[5]

2010年12月、ライバルのエアバス社がA320の機体により燃費の良い新エンジンを搭載したA320neoローンチした。各航空会社からは高評価で迎えられ、特にエアアジアIndiGoから大量の受注があった[6][7][8]。A320neoの好調な滑り出しを受け、2011年8月30日、ボーイング取締役会では対抗馬としてボーイング737 MAX計画の立ち上げを決議した。 対エアバスA320で16%、同A320neoに対しては4%の燃費向上を狙う[9]。航続距離はA320neoと同等かそれを上回る計画[10]。初号機は2017年の予定[9]

ラインナップは737MAX-7, 737MAX-8, 737MAX-9の3型式を予定しており、それぞれ737NGシリーズでも人気の高い-700, -800, -900型をベースとする[11][12]。機体長とドアの配置は現行の737NGシリーズと揃える。

当初、アメリカン航空以外の発注会社は公表されていなかったが、2011年11月17日現在ライオンエアおよびエヴィエイション・キャピトル・グループからも受注中であることが公表され、発表時には既に航空会社9社から計700機の受注があった[13][14]。2011年12月13日にはサウスウェスト航空からの大量発注を受け、737MAXを生産ラインに乗せることが明らかになった。サウスウェスト航空は150機を発注している他、オプション契約でさらに150機の注文がある[15]。2011年12月現在13社から948機の発注がある[16][17]

ノルウェー・エアシャトル社は737MAXを100機、737-800型を22機、A320neoを100機発注している(総額114億ドル)。737MAXシリーズとしては初のヨーロッパ系航空会社からの受注となる[18][19]

日本の航空会社では、スカイマークが2018年以降に737-800の後継機として737MAXを導入する方針を明らかにしている(2014年時点においては、正式な契約には至っていない)[20]。また、日本航空の子会社である日本トランスオーシャン航空が737-400の後継機として737-800を2016年から導入することを決めているが、JTAとボーイングとの契約にはボーイング737-800からボーイング737MAX-8に調達機材を一部変更することが可能な条項が含まれている。JTAがボーイング737MAX-8への調達機材変更を行った場合は、現段階では日本国内の航空会社で初めて737MAXを採用することとなる。なお、調達機材の変更が可能なのは導入予定の12機のうち後半の6機が対象となっており、前半の6機は現行型であるボーイング737-800で引き渡しとなることが確定している[21][22]。一方で、全日空は次期主力小型機種として、エアバス社製A321neoA320neoを相当数発注しているが737-800も追加発注しており、737-500などの経年化した国内線機材の機材更新を進めるとしている。

設計[編集]

2011年中はCFMインターナショナル社のジェットエンジンLEAP-1Bのファン直径の選定に追われた。検討の対象となったのは66.1 in (168 cm)と68.1 in (173 cm)の2案で、どちらを採用するにせよ地上からエンジンまでの余裕を16.9 in (42.9 cm)以上確保するため降着装置(ランディングギア)を更新する必要がある。同社CEOのジム・オルボーによるとファン直径が大きいほど燃費はよいが空気抵抗や重量も増すため、機体を設計し直す必要があるという[23]

どちらの候補とも現行の737NGシリーズで採用のCFM56-7Bファン径61.8 in (157 cm)より広くなっている。また騒音を抑えるためエンジンナセルの後縁には波型の切込み(シェブロン)を採用する予定。この方式は既に787や747-8で実証済みである。LEAPシリーズの標準モデルLEAP-Xエンジン(78 in (198 cm)ファン)や、A320neoで選択できるプラット・アンド・ホイットニー社のエンジンPW1100G(80.7 in (205 cm)ファン)と比較して、LEAP-1Bエンジンは小型のため、バイパス比は小さく、燃料消費率も悪くなるが、小型な分軽量で空気抵抗も抑えられる。

66.1 in (168 cm)ファンの場合、現行の737NGシリーズに搭載のCFM56-7Bエンジン比で10から12%燃料消費率を向上できるという。業界筋によると機体後部や自然な層流を生み出す外付けパーツの設計、複合型層流垂直尾翼といった新機軸を検討中とのことである[24]

737MAXシリーズの翼端

エンジンのファン径については68.1 in (173 cm)を採用することが2011年11月に発表された。737NGシリーズよりもエンジンが大きくなった分、前輪の高さを6から8in(15cm - 20cm)程度嵩上げして、地上とエンジンとの間隔を保つ必要がある[25][26]。機体設計の最終案は2013年までに仕上がる予定[27]。2012年5月17日、さらにファン径を大きくし69.4 in (176 cm)とすることが発表された。ファンを大きくした分コアを小型化する予定。こういった微調整が2013年中盤の最終設計発表まで続けられる[28]

客室内装は、標準でボーイング・スカイ・インテリアが採用される見込みで、荷棚は天井に設けられ、発光ダイオード(LED)を用いた照明となる。これは現行の787の設計を踏襲したもので、ウィングレットも787をベースに開発する[29]

ウィングレットについては複合型ウィングレット、ウィングティップ・フェンス、レイクド・ウィングレットの3種類を合わせた形(スプリット・シミタール・ウィングレットと呼ばれる)のものを採用し、既に発表した10-12%の燃料消費率の向上にさらに1.5%の燃費向上を上乗せする計画[30][31]

機内についてはこれ以上の設計変更は行わず、イメージの定着を図る。また、フライ・バイ・ワイヤの採用も拡大する予定だが、オルボーによると変更は限定的であるとのこと。今のところスポイラーにフライ・バイ・ワイヤを取り入れる予定[27]

生産[編集]

737MAXの生産は、胴体はカンザス州ウィチタで、最終組立はワシントン州ボーイング・レントン工場英語版で行われる[32]。飛行試験機は4機が製造される。

737MAX-8飛行試験初号機機体記号「N8701Q」、製造番号(MSN)「42554」、ラインナンバー「5602」は、2015年8月21日に最終組立が開始され[32]、12月8日にロールアウト[3]、2016年1月29日に初飛行した。初飛行では、レントン工場に隣接するレントン市営空港英語版を9時46分(東部標準時)に離陸し、シアトル上空を飛行後飛行後、12時33分にキング郡国際空港(ボーイング・フィールド)へ着陸した。飛行時間は2時間47分、最高高度は25,000ft(約7620m)、最大の対気速度は250ノット(約463km/h)だった[1]

2機目の機体記号「N8702L」、製造番号(MSN)「36989」、ラインナンバー「5668」は最終組み立ての完了から試験飛行までの期間短縮をはかるため、簡易塗装のデザインで、白を基調にボーイングのコーポレート・カラーのブルーを使った波線が描かれ、薄くシルバーラメで「737 MAX 8」が胴体に塗装され飛行試験を実施する[33]

ラインナップ[編集]

  • 737MAX-7: 737-700、737-700ERの後継機
  • 737MAX-8: 737-800の後継機
  • 737MAX-9: 737-900ERの後継機
  • 737MAX-200: LCC大手ライアンエア提案の737MAX-8の200席仕様高効率型で非常時脱出要件を満たすため従来の主翼上非常口の他に胴体中央後方に非常用ドアを設置した(同じような非常口ドア配置は737-900ERの一部機体で実施されている)機体でLCCの需要を見込む。

受注状況[編集]

2014年5月20日にMAXシリーズの累計獲得受注機数2,000機を達成、2015年12月時点では、62の顧客から3,072機の受注を獲得している[1]

大口受注(おもに100機以上受注エアライン)

そのほかリース会社、LCCを中心に受注している。

航空会社 総数 2012 2011
ライオン・エア 201[34] 201 -
ノルウェー・エアシャトル 100[35] 100 -
サウスウェスト航空 150[36] - 150
総計 451 301 150

出典:ボーイング[17][19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d YOSHIKAWA, Tadayuki (2016年1月30日). “ボーイング、737 MAXの初飛行成功”. Aviation Wire (旭技研). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160130073705/http://www.aviationwire.jp/archives/80911 2016年1月30日閲覧。 
  2. ^ a b c Boeing:Jet Prices”. Boeing Commercial Airplanes. 2014年12月26日閲覧。
  3. ^ a b YOSHIKAWA, Tadayuki (2015年12月9日). “ボーイング、737 MAX 8ロールアウト 16年初頭に初飛行”. Aviation Wire (旭技研). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160130073805/http://www.aviationwire.jp/archives/76752 2016年1月30日閲覧。 
  4. ^ "Boeing firms up 737 replacement studies by appointing team." Flight International, March 3, 2006. Retrieved: April 13, 2008.
  5. ^ Hamilton, Scott. "737 decision may slip to 2011: Credit Suisse." Flightglobal, 2010. Retrieved: June 26, 2010.
  6. ^ “Airbus launches A320neo”. Australia Aviation. (December 1, 2010). http://australianaviation.com.au/2010/12/airbus-neo-launch-imminent/ 2011年9月5日閲覧。. 
  7. ^ Bryan, Victoria; Jones, Rhys (2011年6月23日). “Airbus wins record $18 billion order from AirAsia”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/06/23/us-airshow-idUSLDE75L0DQ20110623 2011年9月5日閲覧。 
  8. ^ Rothman, Andrea; Wang, Jasmine (2011年6月24日). “AirAsia Tops IndiGo Record Order as Asia Dominates Air Show”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/2011-06-24/airasia-tops-indigo-s-record-order.html 2011年9月5日閲覧。 
  9. ^ a b Boeing Launches 737 New Engine Family with Commitments for 496 Airplanes from Five Airlines”. Boeing (2011年8月30日). 2011年9月5日閲覧。
  10. ^ Ostrower, Jon. “Boeing says 737 Max to meet or exceed A320neo range”. Flightglobal.com. 02-19-2012閲覧。
  11. ^ Ostrower, Jon (2011年8月30日). “Boeing designates 737 MAX family”. Air Transport Intelligence. http://www.flightglobal.com/articles/2011/08/30/361428/boeing-designates-737-max-family.html 2011年9月5日閲覧。 
  12. ^ "737 Model Orders and Deliveries data." Boeing, September 2011. Retrieved: October 11, 2011.
  13. ^ Lion Air commits to up to 380 Boeing 737s” (2011年11月17日). 2011年11月17日閲覧。
  14. ^ ACG Becomes third identified 737 max customer” (2011年11月17日). 2011年11月17日閲覧。
  15. ^ Southwest Airlines' Proud History of the Boeing 737” (2011年12月13日). 2011年12月13日閲覧。
  16. ^ 737 Max commitments top 948”. 2011年12月15日閲覧。
  17. ^ a b Bader, Tim (2011年12月13日). “Boeing 737 MAX Logs First Firm Order from Launch Customer Southwest Airlines”. Boeing. 2011年12月26日閲覧。
  18. ^ “Norwegian buys 222 new aircraft”. E24 (Norwegian). http://e24.no/boers-og-finans/norwegian-kjoeper-222-nye-fly/20145723 2012年1月25日閲覧。 
  19. ^ a b Bader, Tim (2012年1月25日). “Boeing and Norwegian Announce order for 100 737 MAX; 22 Next-Generation 737s”. Boeing. 2012年1月25日閲覧。
  20. ^ http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/130617_press.pdf
  21. ^ JTA、ボーイング737-800型機の導入方針を決定 日本トランスオーシャン航空 2014年3月27日付
  22. ^ ボーイング次世代737型機、日本トランスオーシャン航空が12機を導入へ 〜 737-400型機の後継機として737-800型機を選定 〜 ボーイング・ジャパン 2014年3月27日付
  23. ^ Ostrower, Jon (2011年8月31日). “Boeing narrows 737 Max engine fan size options to two”. Air Transport Intelligence. http://www.flightglobal.com/articles/2011/08/31/361438/boeing-narrows-737-max-engine-fan-size-options-to-two.html 2011年9月5日閲覧。 
  24. ^ Ostrower, Jon (2011年8月30日). “More details emerge on configuration of re-engined 737”. Flight International. http://www.flightglobal.com/articles/2011/08/30/361282/more-details-emerge-on-configuration-of-re-engined-737.html 2011年9月5日閲覧。 
  25. ^ "Boeing reveals 737 Max configuration details". Flight International, November 3, 2011.
  26. ^ Boeing Cites 600 Commitments For 737 MAX”. Reuters. Airwise News. 2011年11月4日閲覧。
  27. ^ a b Ostrower, Jon (2011年11月7日). “Boeing completes initial review of 737 MAX configuration”. Air Transport Intelligence. http://www.flightglobal.com/news/articles/boeing-completes-initial-review-of-737-max-configuration-364297/ 2011年11月7日閲覧。 
  28. ^ Ostrower, Jon (2012年5月17日). “Boeing Tweaks Engine for New 737 Max”. The Wall Street Journal. 2012年5月17日閲覧。
  29. ^ Boeing Introduces 737 MAX With Launch of New Aircraft Family”. Boeing (2011年8月30日). 2011年9月5日閲覧。
  30. ^ Matt Molnar (2012年5月2日). “Boeing Says Radical New Winglets on 737 MAX Will Save More Fuel”. NYCAviation. 2012年5月3日閲覧。
  31. ^ http://flyteam.jp/news/article/32220
  32. ^ a b YOSHIKAWA, Tadayuki (2015年9月16日). “ボーイング、737 MAX 8の最終組立開始 初飛行は16年初頭”. Aviation Wire (旭技研). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160130080902/http://www.aviationwire.jp/archives/70168 2016年1月30日閲覧。 
  33. ^ ボーイング、737 MAX 8の飛行試験2号機は簡易塗装に 期間短縮が狙い
  34. ^ Boeing, Lion Air Finalize Historic Order”. 2012年7月閲覧。
  35. ^ Boeing and Norwegian Announce Order for 100 737 MAX”. 2012年7月閲覧。
  36. ^ 737 MAX Logs First Firm Order from Launch Customer Southwest Airlines”. 2012年7月閲覧。

関連項目[編集]

  • ボーイング737-世界各国で活躍している代表的な単通路機材であり、B737MAXシリーズは「B737第4世代」に該当。
  • A320neo-欧州エアバス社製の単通路機であり、事実上の競合機。
  • CFMインターナショナル LEAP-日本企業も国際共同開発に参加した「B737MAX及びA320neo」共に搭載する新型エンジン。

外部リンク[編集]